X
年始年末セール

Macを使う時、重く感じる場合はありますか?それはメモリ消費量が多くなっているからかもしれません。メモリ消費量が多くなると、Macの処理速度が遅くなってしまい、重く感じるのも仕方ありません。ですから、メモリを管理し、解放する必要があります。メモリが解放されると、処理速度もサクサクなります。

しかし最近MacOSのメモリ管理機能を活用すれば、メモリ解放操作の必要がないかもしれません。場合によって判断しましょう。

一、Macの新しいメモリ管理方法
二、ターミナルを使ってメモリ解放
三、OS Xの「アクティビティモニタ」機能でメモリをチェックする方法
四、Macのメモリをメンテナンスする方法

一、Macの新しいメモリ管理方法


Marvericks(OS X 10.9.x)以降、新しいメモリ管理方式、「圧縮メモリ」がMac OS Xによって導入されました。

アプリを実行すると、メモリを利用しますが、そのアプリが終わってもメモリが解放されませんでした。新しい管理方式が導入してから、アプリが終了するとメモリが解放され、ほかのアプリが利用できるようになります。

アプリが終了した場合、このアプリが利用したメモリが圧縮され保存されます。そしてもう一度このアプリを起動する場合、圧縮したメモリが展開され、元のように利用できるようになります。これで、アプリの再起動も速くなりますし、メモリ消費量も減ります。

もし圧縮メモリの数が多くて、メモリ空間がいっぱいになると、古い順で圧縮メモリを解放します。

もしメモリの使用量がずっと99%のままになっている場合、OS Xの圧縮メモリ機能が働いている証明です。

二、ターミナルを使ってメモリ解放


上記で、「圧縮メモリ」を紹介しました。圧縮されたメモリはそのまま保存されても影響はありませんが、もし強制的に圧縮メモリを削除したい場合、ターミナルの命令でメモリを解放できます。その方法は以下です。

1.アプリ一覧やSpotlightでターミナルを起動します。

2.ターミナルで、「sudo purge」を入力し、「Enter」キーを押します。

3.Mac起動する時で入力するパスワードを入力し、確認します。

4.メモリが解放されます。

三、OS Xの「アクティビティモニタ」機能でメモリをチェックする方法


OS Xには、メモリ圧縮をチェックできるツールが付いています。

Finderメニューから「移動]>「ユーティリティ]>「アクティビティモニタ」の順にクリックすれば、「アクティビティモニタ」を起動できます。

Mac メモリ アクティビティモニタ

「メモリ」パネルで、メモリの使用状況をチェックできます。画面左下で表示されている「メモリプレッシャー」は圧縮メモリの状況を表示しています。

Mac 圧縮 メモリ

緑色:利用可能な状態のメモリ

黄色:利用可能ですが、メモリ管理プロセスの負担になる可能性があるメモリ

赤色:メモリリソースが不足している状態

Mac メモリ 使用状況

こんな状態が続く表示される場合、物理的にメモリが不足している可能性があります。メモリの増設、メンテナンスや設定の変更などを考えましょう。

四、Macのメモリをメンテナンスする方法


1.使わないアプリを終了

上記の「アクティビティモニタ」で、メモリやCPUの利用量が多いアプリが表示されています。もし使っていないアプリがあれば、終了してください。

長い間使われないアプリがありましたら、Macからアプリを完全にアンインストールすることをおすすめします。

2.自動起動を管理

Appleメニューで、「システム環境設定」>「ユーザートグループ」の順にクリックすれば、ログイン時に自動で起動されるアプリが表示されます。

もし使わないアプリが自動起動されてしまう場合、そのアプリを選択し、下の「―」ボタンをクリックすれば、そのアプリの自動起動が無効化されます。

Mac ログイン 削除

関連記事:Macのログイン項目を快適に削除する手順

3.再起動

Windowsでドラブルが発生する場合、「再起動」すればほとんどの問題を解決できます。

それと同じく、もしMacの動作が重くなる場合、まず再起動を試しましょう。

Macを利用する場合、スリープする場合が多いですが、もし再起動しずに長く続くと、Macの動作が遅くなる場合が多いです。やはり一週間一回で再起動して、Macの状態を復元しましょう。

4.クリーンソフトを使って一気にメモリを解放

ブラウザに大量のクッキー、閲覧履歴が溜まるほど、ブラウザが動作する時はより多くのメモリの専用します。また、悪意なアプリはMacを起動する度に自動に起動することもMacのメモリを消費します。

そのため、ブラウザから必要のないジャンクファイル、または不要のアプリを一気に削除することもMacのメモリを解放できると思います。

上に紹介したMacのメモリを管理する方法は上級者に向いている方法です。でも「FonePaw MacMaster」なら、Macの初心者の方でも分かりやすく操作できます。では、記事が用意した「FonePaw MacMaster」で一気にMacの容量を管理・解放する方法を見てみましょう。

1、FonePaw MacMasterをMacにダウンロード・インストール

2、ソフトの画面でMacのCPU、メモリ、ディスクの情况は簡単に見られます。もしメモリが不足になったら、左側から「システムジャンク」などを選んでから「スキャン」を押すことで不要なジャンクファイルをMacから削除し、メモリを解放しましょう。

Mac ステータス

3、スキャンした後、Macにあるジャンクファイル、不要ファイルなどがスキャンされます。表示された「クリーン」をクリックすれば選定されたデータが削除されます。

Mac クリーンアップ プレビュー

3、ブラウザの閲覧履歴、クッキーなどを削除したい場合には「プライバシー」を選択してください。消したいデータにチェックを入れて、そして「クリーン」でMacから消去します。

Mac ジャンクファイル 削除 クリーンアップ

4、Macを起動する時、沢山のアプリが自動に開くと、Macの動作を重くさせるだけでなく、メモリも占めます。そのため、使わないアプリの起動を禁止することで、Macのメモリを管理できます。

拡張機能」>「ログイン」で必要のないアプリのボタンをオフにしましょう。

Mac 機能拡張

5、そして、「FonePaw MacMaster」はソフトを徹底にMacから削除できます。なので、もしログイン項目から削除しても、その起動を禁止できないなら、アンインストーラしてみましょう。これでMacのメモリが解放されて、Macの動作がより軽くなります。

Mac 動作 ログイン

以上で、Macの動作が重くなる場合、メモリの解放や管理する方法について紹介しました。以上の方法が参考になることを心から願っています。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾