x
X

PART1.MP3形式の豆知識


MP3というものはいつも聞いているのですが、いったいどんな形式でしょうか。 MP3(MPEG-1 Audio Layer-3)はデジタル技術によって音声データを扱うための圧縮技術の一つで、それから作られる音声ファイル形式です。極端な声質の劣化を伴わずに音声ファイルのサイズを大幅に圧縮できます。ビットレートを128Kbit/sに指定されたMP3ファイルは元ソースを11倍小さくすることができます。サイズが小さく軽便なため、MP3は音声形式とプレイヤーとの両方としてますます人気になっています。ダウンロードやメールで転送することも軽々で、シェアにも極便利です。


PART2.MP3形式を選ぶ理由


コンピュータのスペースが問題でしたら、フラッシュドライブ、モバイルデバイスまたはポータブルオーディオプレイヤーでデータを格納したいならMP3を選ぶのがいいです。動画を見る暇がなくMP3動画変換ソフトを使い動画ファイルを音声トラックにするのがいいです。そして音声トラックをMP3プレイヤーやスマホに転送したら音楽やチューンをどこでも聞けるようになります。


PART3.一押しのMP3変換ソフト


動画をMP3に変換するにはMP3変換ソフトが必要です。「FonePaw スーパーメディア変換」はビデオクリップから音声トラックを抽出し着信音、ノーティフィケーション、曲としてAAC、WAV、FLAC、MP3などに変換することができます。できた音声ファイルはアップル製品からAndroidデバイスまでほぼすべてのメディアプレイヤーでサポートされます。もちろん、容量の大きい無圧縮音声ファイル、例えばAIFF、FLAC、WAVからもっと軽いMP3ファイルに高速変換してもいいです。最後になりますが、「FonePaw スーパーメディア変換」はYouTube、Facebook、Google、Dailymotion、Howcast、Yahooから動画をMP3でダウンロードすることが可能です。


「FonePaw スーパーメディア変換」無料試用版をパソコンにダウンロードして変換をスタートしましょう。

Windows Version DownloadMac Version Download

PART4.動画/音声をMP3に変換する方法


ノート:FLVまたはMP4をMP3に変換したい場合、「FLVをMP3に変換する方法」、「MP4をMP3に変換する方法」をもご覧ください。

ステップ1.ソフトを実行し動画/音声ファイルを追加
ソフトをパソコンにインストールしてから実行。「ファイルを追加」をクリックしメディアをインポート。インポート完了後、右サイドのモニターでメディアをプレビュー可能。

動画/音声ファイルを追加

ステップ2.動画/音声セグメントをクリップ(オプションナル)
ソースビデオやオーディファイルをクリップすることで必要な部分のみをMP3に変換可能。そうすればあなたに専属する着信音や音楽クリップを作れるようになります。トリミングしたいメディアを選びトップにあるツールバー「クリップ」をクリックするだけでOK。

動画/音声セグメントをクリップ

ステップ3.プロフィール変更、出力形式を3GPに
プロフィールのドロップダウンボタンをクリックし、「プロフィール」>「普通のオーディオ」からMP3-MPEG Layer-3(*.mp3)を指定。

プロフィール変更、出力形式を3GPに

コツ:「プロフィール」の隣にある「設定」をクリックしたらオーディオのコーデック、ビットレート、サンプルレート、チャンネルなどをカスタマイズ可能。


ステップ4.出力先を選択
「参照」をクリックしてローカルフォルダからMP3の保存場所を選択。


ステップ5.変換を開始
「変換」をクリックしてMP3への変換を開始させます。進捗バーで変換の残り時間と進捗が見えます。

変換を開始

「FonePaw スーパーメディア変換」を使用し、ビデオクリップやオーディオファイルをMP3へ手軽に変換できます。実際に、MP3からほかの音声形式、例えばM4A、AIFF(アップルデバイス用)、WMA、AIFF、FLAC、AU、ALAC、WAVを含むロスレスフォーマット、AAC、AC3、OGG、M4B、さらに多くの音声ファイルに変換することまで可能です。


Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   2263   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ