PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

うっかり重要なファイルを上書きしてしまったことはありますか?その状況下では、すべての可能な解決策を試して、削除されたファイルを復元しようとするはずです。その場合、まっすぐに浮かんでくる解決策の一つは、「以前のバージョンの復元」機能を使って、ファイルの以前のバージョンを復元することなのかもしれません。しかし、フォルダまたはファイルを右クリックして「以前のバージョンの復元」を選択すると、「以前のバージョン」タブの下に「利用可能な以前のバージョンはありません」と表示される場合もあります。

以前のバージョンの復元 表示されない

Windows 10では、「以前のバージョン」の機能を利用するには、ファイル履歴を有効にするか、Windowsバックアップを作成した場合にのみ利用可能になります。お使いのパソコンでファイル履歴またはWindowsバックアップがオフになっている場合でも、以下の方法で削除されたファイルまたは以前のバージョンのファイルを復元することができます。Windows 10/8/7で利用可能な以前のバージョンが表示されない場合は、以下の方法をご参考ください。

おすすめ記事

間違ってファイルを上書き保存した時の復元方法
Time MachineでMacを復元できない?原因と対策はこちら!

利用可能な以前のバージョンがない場合、ファイルを復元する方法


誤ってフォルダを空にしたり、必要なファイルを削除したりしてしまい、かつそのファイル/フォルダは利用可能な以前のバージョンがない場合、ファイル復元ツールを使ってファイルやフォルダを復元することをオススメします。

削除されたファイルとフォルダを復元する


・Windows 10/8/7 PC用のソフト「FonePawデータ復元」をダウンロードして使用すれば、利用可能なWindowsバックアップ、システム復元ポイント、または以前のバージョンなしでも、ドキュメント、フォルダ、写真、ビデオなどを復元することができます。

Windows Version DownloadMac Version Download

・ソフトを起動して、復元したいファイルやフォルダが保存されていたドライブを選択して、「スキャン」をクリックします。

以前のバージョンを復元 WINDOWS

・スキャンが完了したら、画面上に目標ドライブに保存されていたが今では削除されたファイルが表示されます。
・必要なファイルまたはフォルダを見つけ、「リカバリー」をクリックして、ファイルやフォルダを復元し、保存します。

以前のバージョンを復元 ワード

お使いのパソコンで以前のバージョンを有効にしたい場合は、そのためにもう1つの手順を実行する必要があります。

Windowsで「以前のバージョンの復元」機能をオンにする


ファイルまたはフォルダを「以前のバージョン」としてバックアップデータを作成するには、「ファイル履歴」または「Windowsバックアップ」のいずれかを有効にする必要があります。次回に「以前のバージョンの復元」を利用できるようになるために、有効にする手順を紹介します。

「ファイル履歴」をオンにする


「コントロールパネル」>「[システムとセキュリティ]>「ファイル履歴」に移動します。
「オンにする」をクリックして、ファイルやフォルダのバックアップとしての以前のバージョンを保存しているドライブを選択します。

ファイル履歴 オンにする

Windowsバックアップを有効にする


「設定」>「更新とセキュリティ」>「バックアップ」に移動します。
「ファイルのバックアップを自動的に実行」ボタンをオンにします。

ファイルのバックアップを自動的に実行

以上の手順を踏まえて、これからは復元するための利用可能な以前のバージョンは表示されるようになります。

Windows Version DownloadMac Version Download


評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾