「こんにちは。Photoshop CC 2018でファイルを保存するときに、うっかりファイルを閉じました。どうやってPSDファイルを復元できますか?数週間の成果なので大事なものです。お助けください!」というメッセージをいただきました。

Photoshopのユーザーとして、こういう場合に合ったことはきっとあるでしょう?Photoshop CC/CSが故障して、うっかりファイルを閉じてしまった場合、保存していないPSDファイルを見つけられない可能性があります。こういう場合、どうやってPSDファイルを復旧できますか?まず、Adobe Photoshop CS4/CS5/CS6・CC 2015/2017/2018の自動保存設定をチェックする必要があります。もし自動保存でデータを取り戻せない場合、データが削除された場合、Photoshopのファイルを復元するソフトウェア「FonePaw データ復元」をおすすめします。

おすすめ記事:
破損したJPEG(JPG)画像を復元する対策
【編集可】Photoshopを使わずにPSDファイルを開く・閲覧する方法

復元ソフトウェアの無料試用版はこちら:

Windows Version DownloadMac Version Download

目次:
一、Adobe Photoshop自動保存を使ってPSDファイルを取り戻す方法
二、削除されたPSDファイルを復元する方法

PSD Photoshop ファイル

一、Adobe Photoshop自動保存を使ってPSDファイルを取り戻す方法



Adobe Photoshop CS6 からその以降のバージョンでは(Photoshop CC 2014/2015/2017/2018)、自動保存機能が使えるようになりました。これを使えば、PSDファイルのバックアップコピーを一定の間隔で保存することができますので、故障によって保存しそびれたデータを復元できます。しかし、Adobe Photoshop CS5/CS4/CS3とその以前のバージョンでは使えません。

もしPhotoshopが突然故障したら、まずは慌てないで、Photoshopを再起動してください。そうしたら自動的に保存されたPSDファイルは出てきます。もしそのPSDファイルが出なかったら、まずPhotoshop CS6・ CCで自動保存が設定しているかどうかを確認してください。

「ファイル」>「環境設定」>「ファイル管理」>「ファイルの保存オプション」の順で進んで、「復元情報を次の間隔で自動保存」にチェックが入っていれば、機能がオンにしているということです。

PSD Photoshop 設定

もしオートセーブに関するオプションをオンにした後も、そのPSDファイルを見かけなかったら、autorecoverというキーワードでファイルを検索してみてください。

WindowsのPhotoshopの自動保存のデータの保存先:C:\Users\YourUserName\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop CC 2017\AutoRecover
MacのPhotoshopの自動保存のデータの保存先:~/Library/Application Support/Adobe/Adobe Photoshop CC 2017/AutoRecover

Photoshopのバージョンが違うと保存先も少し違うかもしれません。そして、ファイルが「隠しファイル」として隠される恐れもありますので、その時はローカルディスク(C:)を開いてから、「表示」をクリックして、「隠しファイル」にチェックを入れて「OK」を押して隠しファイルを表示させる必要があります。

Adobe Photoshop 復元 ファイル

しかし、自動保存が機能しない時もあります。そうでしたら、復元ソフトを使って、PSDファイルの復元を試みましょう。

二、削除されたPSDファイルを復元する方法


PSDファイル自体を削除した場合、データ復元プログラムを使うのは一番です。FonePaw データ復元というWindows 10/8/7/Vista/XP対応のデスクトップデータを復元するためのソフトウェアを使えば、簡単に削除されたPSDデータを取り戻せます。それに、USBドライブ、メモリーカード、SDカードなどの外部ドライブからもPSDファイルを取り戻せます。

幸いなことに、PSDファイルが削除された後、ファイルシステムに隠されているだけかもしれませんなので、まだ取り戻せる可能性があります。新しいデータに上書きされてない以上、もう一度取り戻すことができます。しかし、取り戻す前に、新しいデータに上書きされないよう、パソコンをできるだけ使わないでください。

注意書き:

1.「FonePawデータ復元」をPSDファイルの保存先と違うところにダウンロードしてください。例えば、もしPSDファイルはDドライブから削除されたら、データ復元ソフトウェアを違ドライブ(Eドライブなど)にダウンロードしてください。こうすることで、データをなくすことを防ぐことができます。

もしPSDファイルは外部ドライブからのものだった場合、ソフトウェアが探知できるようにUSBで外部ドライブをパソコンに繋げてください。

ステップ1. FonePawデータ復元を起動してください。「イメージ」を選んで、PSDファイルをなくしたところを選んでください。つづいて、「スキャン」をクリックしてください。

データ 復元 開始

ステップ2.「クイックスキャン」と「デイープスキャン」の二種類があります。もしスキャンが終わったらイメージフォルダでPSDファイルをプレビューすることができます。もしファイルを見つけなかったら、「デイープスキャン」を試してみてください。

復元 プレビュー

ステップ3.スキャンが終わったら、画像>PSDに移動して、削除されたPSDデータを確認してください。もし復元したいPSDファイルがありましたら、チェックボックスにチェックマークをつけてください。続いて、「リカバリー」をクリックしてください。

*目当てのPSDを確認できない場合は、該当のPSDが既に上書きされ、復元不可能ということになります。

「FonePawデータ復元」を使えば簡単に削除したPSDファイルを復元できますね。もし故障でデータをなくした場合、無料バージョンをダウンロードして問題を解決してみてくださいね。

Windows Version DownloadMac Version Download

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾