ビデオ会議とメッセージング用ツール「Zoom」のビデオ会議・通話を録画して保存したい場合には、Zoomの搭載した録画機能や外部の画面録画レコーダーを利用することがお勧めです。本記事では二つのZoom録画方法を紹介します、Zoomのリアルタイムオンライン通話・セミナー・ビデオ会議を録画したい方はぜひ参考にしてください。

関連記事:
Skype(スカイプ)通話音声録音完全攻略!
WindowsパソコンとMacでウェビナー(webinar)を録画する方法

Zoom

「FonePaw PC画面録画」でZoomの通話・セミナーを録画する


パソコン動画レコーダー「FonePaw PC画面録画」はPCのスクリーンをキャプチャーして、ビデオを録画して保存するためのキャプチャーソフトです。Zoomのビデオ会議画面を録画、或いは仕事同士との通話を録音する場合には、本ツールを試してみるのはどうですか?

Windows Version DownloadMac Version Download

「FonePaw PC画面録画」をPCにインストールした後、アイコンをダブルクリックしてソフトを起動します。するとソフトのメインパネルが表示されます。Zoomを録画する時には「動画レコーダー」を選択してください。

メインパネル

次にはPC画面録画の基本設定画面に入ります。録画範囲や録音音量、ウェブカメラとマイクなどが調整可能です。ちなみに、右上の歯車アイコンを押すと詳細な環境設定画面になります。

Zoom録画設定

録画設定が完了したら「REC」ボタンを押して、Zoomの録画を始めましょう。ホットキーの確認と3秒のカウントダウンの後、ツールパネルが録画モードに変更され、Zoomの録画が正式に開始します。録画中の経過時間やビデオファイルのサイズなども確認できます。

録画開始

Zoomのビデオ会議の録画を終了したい場合、赤い「停止」ボタンを押してください。これでプレビュー画面に入り、録画されたZoomビデオを確認できます。余計なパートがある場合、再生バー上のクリップを移動して録画ビデオをトリミングしましょう。

Zoom録画プレビュー

録画したZoomのミーティング動画を確認した後、「ビデオを保存」をクリックすれば保存先の選択画面になります。保存先を決めて「次へ」を押せば動画が出力されて、「FonePaw PC画面録画」の録画履歴を確認できます。

Zoom録画出力

Zoomのほかに、「FonePaw PC画面録画」の音声レコーダーはSkypeなどの遠隔通話ソフトでのチャットを録音する場合に役に立ちます。興味があれば今すぐソフトの無料体験版を試用しましょう。

Windows Version DownloadMac Version Download

Zoomのレコーティング機能で動画をミーティングして録画する


Zoomの搭載した「レコーティング」録画機能を利用すれば、ビデオ会議・通話・セミナーなどをキャプチャーできます。

Zoomで会議・通話中にミーティング画面の下部の「レコーディング」を押せば「ローカルレコーディング」と「クラウドレコーディング」の選択画面になります。その中の「クラウドレコーディング」は有料会員限定で、「ローカルレコーディング」は無料プランでも利用可能です。

Zoomレコーディング

「ローカルレコーディング」は録画したデータをMP4形式の動画ファイルとしてパソコンのローカルに保存します。Zoom画面の「設定」では録画ファイルの保存場所を変更できます。それから、「クラウドレコーディング」は録画したコンテンツを容量1GBのクラウドに保存します。

動画の保存方法を選択した後、録画が開始します。録画を終わらせたい場合には「停止」ボタンを押してください。

レコーディング終了

ご注意:一部のミーティング録画はミーティングの開催者である「ホスト」の許可が必要です。そして、インターネット状況が悪い場合、ミーティングの録画が自動的に切れてしまう可能性があります。

Zoom有料版のクラウドレコーディング機能について

Zoomの有料会員になると、「クラウドレコーディング」が利用可能になります。1GBのクラウドは大きいとは言えませんが、クラウドに保存した録画ファイルはサーバーから手元の端末にダウンロードすることができます。違う端末での視聴と録画したデータの共有には大きな役割を果たし、スマホ側でのミーティング録画にも対応します。

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾