PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

Windows 10の標準機能「Windows Defender」を活用すれば悪意のあるソフトを検出して削除することができて、ウイルスやスパイウェアの検出と消去には大きな役割を果たします。しかし、一部の大切なデータは「Windows Defender」に疑われて削除されてしまうこともあるでしょう。その時、紛失したファイルを取り戻すためには一体どうすればいいのでしょうか。


Windows Defenderに削除されたデータを復元する方法

Windows パソコンでのファイルを復元したいなら、専門的なPCファイル復元ツール「FonePaw データ復元」をお勧めします。本ソフトはWindows・Macのファイルの復旧に対応し、パソコンのファイルがWindows Defenderに削除された時、まずは本ソフトでパソコンをスキャンしてみてください。

Windows Version DownloadMac Version Download

ステップ1、利用するために、本ソフトをパソコンにダウンロードしてインストールしてください。インストールされたソフトを起動して、そしてメイン画面で紛失したファイルの位置をスキャン範囲にして、削除されたファイルのファイル種類を選んだ後、「スキャン」をクリックします。

起動画面

ステップ2、最初にはクイックスキャンでパソコンのデータを探してみますが、これでだけでは失くなったファイルを見つけていないなら、右上のディープスキャンを押して、モードを切り替えてみてください。

保存先

ステップ3、もし削除されたファイルが検出されると、ファイル名は赤い文字で表示されます。復元したいファイルにチェックを入れて「リカバリー」を選び、そして保存先を選択すれば、ファイルは指定した位置に復元されます。

復元完了

注意:データの上書きを回避するために、出力ファイルの保存先を元の保存場所にしないでください。

Windows Defenderに削除されたファイルではなくても、不明なエラーや誤操作などでPCの何か大切なデータが失くなった場合にも、本ソフトでパソコンをスキャンしてみてください。検出すれば復元可能です。

Windows Version DownloadMac Version Download

Windows Defenderの脅威履歴をチェックして、検疫済みの脅威を復旧

ステップ1、Windowsスタートメニューを押して、歯車アイコンの「設定」を押して、Windowsの設定画面に入り、そして「更新とセキュリティ」を選びます。

更新とセキュリティ

ステップ2、左側の「Windows セキュリティ」をクリックして、そして右側の 「Windows Defender セキュリティセンターを開く」を選択します。表示された画面で「ウイルスと脅威の防止」を押します。

補足:「お使いのデバイスが保護されています」画面で左下の設定アイコンを押して、そして「ウイルスと脅威の防止の設定」をクリックして、「リアルタイム保護」と「クラウドベースの保護」をオフにしてWindows Defenderを無効に設定することもできます。

お使いのデバイスが保護されています

ステップ3、「ウイルスと脅威の防止」画面での「脅威履歴」では「現在の脅威」と「検疫済みの脅威」を確認できます。もし復元したいファイルがここで表示されると、それを選び、「詳細の表示」を押して影響されるファイルをチェックしましょう。そのデータを取り戻したいなら「復元」をクリックします。

検疫済みの脅威

Windows Defenderの脅威履歴をチェックして、検疫済みの脅威を復旧

上記の「FonePaw データ復元」で今までWindows Defenderに削除されたファイルを取り戻し、或いは検疫済みの脅威を復元したとしても、Windows Defenderでのこれからのデータ削除を避けることができません。

最後には特定のファイルやフォルダをWindows Defenderの除外に追加してWindows Defenderに疑われないようにする方法を紹介します。まずはその前に紹介した通りに、「ウイルスと脅威の防止」画面に入ってください。そして、「ウイルスと脅威の防止の設定」の「設定の管理」を押します。

ウイルスと脅威の防止の設定 設定の管理

次の画面での「除外の追加または削除」をクリックして、「除外の追加」の「+」を押して、ファイルやフォルダなどを選択します。これで指定されたデータを「除外」リストに追加してWindows Defenderのスキャン範囲から除外することができます。

除外の追加

パソコンの中のファイルやフォルダがWindows Defenderに脅威と疑われたらまもなく脅威履歴に追加します。検疫されると定期的に削除されますので、Windows Defenderからのお知らせが出るとできるだけ早めに復元作業をしてください。


評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾