オンラインツール

大容量HDDの普及とともに、HDD故障によってデータ損害の状況も増えてきました。パソコンのHDDが万が一故障が遭ったら、パソコンから取り出すのが面倒だし、通常のHDDデータ復元ソフトなら操作も難しいです。間違えれば復元可能のデータが更に壊れて、戻せなくなるの恐れもあります。専門の修理店などにデータを復元させるため修理に出すのは高いし、時間もかかります。

そこで、自宅で自らHDDのデータを復旧したい時の対処法として、FonePaw データ復元というデータ復元ツールでを皆さんに紹介します。「FonePaw データ復元」は簡単な操作でHDDをスキャンし、紛失したデータを復旧することが可能です。もしあなたは手軽くてデータを復元できるソフトを探しているならぜひご覧下さい。

合わせて読みたい:
USB/外付けハードディスクが表示・認識されないエラーを修正
Windows10/8/7:「パラメータが間違っています」エラーの修復方法
Windowsでの「フォーマットする必要があります」への対処法
MacのHDD(ハードディスク)を修復する方法はここに!

Windows Version DownloadMac Version Download

どんな時なら自力でパソコンのHDDからデータを復旧できる?


HDDの障害には物理と論理的な障害の二種類があります。物理的な損傷には、自力での復旧は難しいです。論理的な障害であれば、自力で復元ソフトを復元が可能になります。簡単にまとめますと、以下の状況であれば、復元ソフトを使って自宅でHDDの復旧が可能です。

1.誤った操作でファイルをゴミ箱から消した・ファイルを削除した
2.HDDをフォーマットした
3.パーティションを削除した
4.PCをリカバリー・再インストールした


上記の4つの状況でも、100%復元できるわけではありませんが、削除されたデータが上書きされない限り、自力でも復旧する可能性は十分あります。データが上書きされないよう、次のことを注意してください。

1.できるだけ通電・急に電気を切断しないでください。
2.復元の際、ファイルを元の保存場所に復元しないでください。
3.フォーマット・リカバリーは中断してください。
4.復元できるまで、該当HDDの使用を控えてください。


次は、おすすめの復元ソフトでHDDからデータを復元する手順を見てみましょう。

「FonePaw データ復元」でHDD(ハードディスク)データを復旧する方法



ご注意:復元したいデータが上書きされなく順調に復旧できますよう、復元する前にはできる限り復元したいデータのいるドライブを使わないでください。復元の成功率を上がるには、「FonePaw データ復元」のダウンロード・インストールも別のドライブでするのがおすすめです。インストール完了後、次の手順でデータ復旧に試してください。

1、ソフトを起動して、メイン画面に入ります。そこで復旧したいデータの種類と元の保存先を選ぶことができますので、必要なデータ類別とルートの前にチェックを入れます。選択が済んだら、「スキャン」をクリックしてください。

データ復元 メイン画面

2、そして以下の画面になります。スキャン途中にはパソコンの動きが遅くなるかもしれないから、できるだけ操作しないでください。

データ スキャン中

3、暫く待てばスキャンが終わります。そして画像のように復元できるデータをリストにして表示します。復旧したいデータを選んで、保存先を設定済んだら「リカバリー」と進めば、選ばれたデータはパソコンに復旧されます。

復元 保存先

以上は「FonePaw データ復元」によってHDDのデータを復元する方法です。このソフトさえあれば、HDDの故障などでデータが紛失しても、データを復元できる可能性があります。万が一HDDが故障に遭った、中からデータを復元したい時、「FonePaw データ復元」はお役に立てるかもしれません。

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾