X
年始年末セール

    iPhoneをiTunesと同期すると、場合によってデータが上書きされることがあります。iTunesの仕組みをまだ良く理解できていない初心者なら、このような問題に遭遇することも多くあります。このような状況を回避するためには、同期する前にiPhoneのバックアップを取ることが大切です。

バックアップがあれば、iPhoneのデータが上書きされても、取り戻すことができます。でも、iTunes・iCloudのバックアップをそのまま復元すると、別のバックアップを取っていないデータが失われるかもしれません。そこで、「FonePaw iPhoneデータ復元」をおすすめします。このソフトなら、一部のデータのみバックアップから復元することが可能です。それでは、下記の手順によって、iTunesやiCloudから復元したいデータだけを復元しましょう。


モード1:iTunesから上書きされたデータだけを復元するには
モード2:iCloudから上書きされたデータだけを復元するには
おまけ:やむを得なくiPhoneを初期化する時にデータをバックアップするには?

Windows Version DownloadMac Version Download

モード1:iTunesから上書きされたデータだけを復元するには


ステップ1.「FonePaw iPhoneデータ復元」をインストールして、起動させます。「iPhoneデータ復元」をクリックして、「iTunesバックアップファイルから復元」を選択します。中から復元したいバックアップを選んで「スキャン開始」をクリックして進みましょう。

iTunesバックアップファイル

ステップ2.スキャンさせれば、バックアップの中身をプレビューできます。復元したいデータを選択して、「復元」をクリックすればデータはパソコンに復元されます。

iTunesから上書きされたデータを復元

モード2:iCloudから上書きされたデータだけを復元するには


ステップ1.iCloudの場合、「iCloudバックアップファイルから復元」をクリックします。そして、iCloudアカウントでサインインします。

iCloudのアカウントをログイン

ステップ2.同じくiCloudのバックアップから、復元したいものを選択して、ダウンロードします。

iCloudからバックアップをダウンロード

ステップ3.ダウンロード完了後、ダウンロードしたバックアップファイルをスキャンします。スキャン結果からデータを選択して、「復元」をクリックします。そうすればデータはパソコンに復元されます。

iCloudから上書きされたデータだけを復元

    これで、iPhoneの間違って上書きされたデータだけをiTunesやiCloudから復元できました。「FonePaw iPhoneデータ復元」がiTunesやiCloudバックアップにアクセスできる機能は、データをすべてバックアップされているか心配する時に、iPhoneバックアップ確認ソフトとして使えます。


Windows Version DownloadMac Version Download


おまけ:やむを得なくiPhoneを初期化する時にデータをバックアップするには?


回復不可能な問題が発生し、iPhoneを完全に初期化(リセット)する必要がある時、iTunes・iCloudでデータのバックアップを取るのが常識です。しかし、iTunes・iCloudの復元はiPhoneのデータをすべて上書きします。そのままiTunes・iCloudバックアップデータで上書きすると、また同じ設定を復元してしまってしまう可能性があります。そういう時は、必要なデータだけバックアップして、復元するほうがいいかもしれません。「FonePaw iPhoneデータ復元」の別機能「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」なら、一部のデータのみバックアップ・復元することができます。iPhoneを初期化する前に、まずは万全な対策を取って、データのバックアップ作成に工夫しましょう。

合わせて読む:どうやってバックアップファイルをiPhone Xに復元しますか?

FonePaw メイン画面

初期化する前のバックアップに困っている方、ぜひこちらの機能をお試しください。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   1428   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾