X
年始年末セール

Macのディスク容量を軽くしたいときに、まずは不要なファイルを削除することですね。でも、時々間違えて必要なデータを削除してしまったこともあります。旅行の記念写真、せっかく書き出した資料や重要通知に関するメールなどをうっかり削除した後、痛い目に合うでしょう。このような誤操作をしてから、解決対策に悩んでいる人は結構いると思います。

ファイルの復元に関しては、ファイルがまだゴミ箱に残る場合、削除の取り消すをすればいいのですが、ゴミ箱を空にしてしまったら、データ復元ソフトを利用することになります。今回はこの二つの状況において、実用的なデータ復元ソフト「FonePaw データ復元」を使って、Macのゴミ箱から消去されたデータを復元する手順も含めて、復元方法を説明します。

一、Macのゴミ箱からファイルを復元する
二、Macで空にしたゴミ箱のデータを復元する
補足:MacのTime Machine機能について

一、Macのゴミ箱からファイルを復元する


ファイル処理の場合、誤って必要なファイルをゴミ箱に移動したら、どうやって復元しますか?Macで誤削除したファイルを元に戻すやり方はいくつもあります。いまから紹介します。

●直前に削除されたファイルを復元する方法

Macでファイルを選択してから、CommandキーとDeleteキーを同時に押す、もしくはコンテキストメニューから「ゴミ箱に入れる」を押すことで、ファイルを削除できます。もしすぐに重要なデータを誤削除することに気付いた場合、ショートカットキーでそのデータを復元することが可能です。Commandキーを押しながら、Zキーを押すことによって、一段階前の動作を取り消し、ファイルを元に戻します。

●ゴミ箱からファイルを復元する方法

ゴミ箱を開いた後、復元させたいファイルを選び、右クリックで「戻す」をタップするか、直接元のフォルダへドラッグして、ファイルを復元できます。または、上部にある歯車アイコンをクリックしてから、「戻す」を押すと、ゴミ箱からファイルを取り出すことができます。

ゴミ箱から復元

二、Macで空にしたゴミ箱のデータを復元する


ゴミ箱のファイルを完全削除した場合、データ復元ソフトを使わなければなりません。FonePaw データ復元ソフトを使えば、三ステップで特定の種類のデータだけを復元できます。

Windows Version DownloadMac Version Download

ステップ1.「FonePaw データ復元」をMacにダウンロード、そしてインストールしてください。ソフトを起動すると、メイン画面が次のように表示されます。選択できるデータの類別は画像、オーディオ、ビデオ、メール、ドキュメントなどがあります。必要によって選び、ファイルの保存先を決めてから、右下の「スキャン」ボタンをクリックします。

復元データ 選択

ステップ2.これで、「FonePaw データ復元」を通じて、Macのデータに対するスキャンが始まります。終わるまで少々お待ちください。途中でスキャンを停止したいなら、右上の「一時停止」或いは「停止」ボタンを押してください。

データスキャン

ステップ3.スキャンが完了したら、データのプレビュー画面が見えます。復元したいファイルを選択して、「リカバリー」ボタンをタップすれば、データが指定した保存先に復元されます。

データ チェック

MacのTime Machine機能について


Time MachineはMac OS以降に標準で付いているバックアップ機能で、ユーザーのファイルとフォルダだけでなく、システムファイルやアプリケーションなど、パソコン全体を日時別に自動的にバックアップして、保存できます。このため、データを復元する時に役に立ちます。MacのTime Machineでデータを復元する方法を知りたい方は、関連記事を参考してください。

これまではMacでゴミ箱のデータを復元させる方法についての紹介でした。「FonePaw データ復元」ソフトで手軽に削除したデータを元に戻れるので、もしよければ是非試してダウンロードしてください。

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾