インターネットの発達につれて、動画コンテンツのアップロードやダウンロードもますます増えてきたでしょう。毎日、ニコニコ動画やYouTubeなどの人気な動画サイドには数えきれないほどたくさんの動画がアップロードされています。動画の加工・編集方法を身に付ければ、自作の面白い動画を他人に送って感謝の気持ちを伝えることもできます。

関連記事:
【簡単】動画の音声を消す方法
動画圧縮ソフトベスト5
MP3音楽ファイルを圧縮する方法

しかし、動画をアップロードしたり、保存したりする時、一つの問題があります。それは、動画のサイズが大きすぎで、サイドのアップロードの制限に超えてしまい、アップロードできなくなることです。また、動画のサイズが大きすぎると、保存するためにも多くの容量を占めてなかなか大変です。ゆえに、場合によっては、専門的な動画圧縮ツールを通じて動画のサイズを小さくする必要があります。

そのため、これからは動画のサイズを縮小する方法について紹介します。まずは、動画を小さくしたい皆様に、動画変換・編集用のソフトFonePaw スーパーメディア変換をお勧めします。

「FonePaw スーパーメディア変換」は実用性が高くて使いやすいツールとして、豊富かつ便利な動画編集機能を持ちます。パソコンや動画編集の初心者でも本ソフトを活用すれば、動画のサイズを簡単に縮小できます。ここでは本ソフトで動画のサイズを小さくするやり方を紹介しますので、まずは下のダウンロードボタンを押して、本ソフトをPCにダウンロードして、インストールしてください。

Windows Version DownloadMac Version Download

ソフトをPCにインストールしたら、次は下記の操作方法を参考にして、動画のサイズを小さくしましょう。

動画サイズを小さくするやり方・目次:
方法その1.動画のフォーマットを変換する
方法その2.動画の解像度を変換する
方法その3.ビットレートやフレームレートを変換する
方法その4.動画の中の不要な部分をカットする

動画 容量 小さくする

方法その1.動画のフォーマットを変換する


数多くのデータを保存できて、大抵なメディアプレイヤーにも対応できるので、今よく使われている圧縮の形式はMP4だそうです。でも、実際のところ、他のフォーマットもあります。例えば、AVI、WMV 、FLV、MKVなどの形式もよく使われています。

・AVIというフォーマットは、ほとんどの動画編集、加工をするにはとても易しく、大抵なメディアプレイヤーにも対応できます。しかし、動画を圧縮しないので、動画の画質が劣化はしないが、動画のサイズが非常に大きいです。

・WMVは動画をできるだけ圧縮してくれて、サイズも小さいフォーマットです。でも、対応しているのはWindowsのみ、最新のMacでは再生できません。

・FLVはWindowsやMacに対応していて、ほとんどの動画サイトで採用されているフォーマットです。

・MKVはAVIと同じ、画質も音質も優れているけど、サイズが大きく、ポータブルデバイスだけに対応します。

そういうわけで、動画のサイズを小さくすれば、動画のフォーマットをWMVやFLVに変換してください。

ステップ1.ソフトを起動して、「ファイルを追加」ボタンをクリックして、変換したい動画をプログラムに追加します。

ステップ2.「プロフィール」というドロップダウンボタンをクリックし、「普通のビデオ」という項目で「FLV-Flash Videoフォーマット(*.flv)」または「WMV-Windows Media Video(*.wmv)」を選択してください。

ステップ3.右下側の「変換」ボタンをクリックしてください。変換が完了したあと動画のサイズは縮小されました。

フォーマット 変換

方法その2.動画の解像度を変換する


皆の知った通り、動画の解像度は動画の画質と非常に関係があります。解像度が高ければ高いほど、画質が高くなりますが、同時にファイルのサイズも大きいです。だから、動画ファイルの解像度を小さい解像度に変換することで、動画のサイズを縮小することもできます。例えば、普通の場合、高画質動画の解像度は1920×1080で、それを他の解像度(1280×720、640×480、640×360)に変換して、サイズを小さくします。

ステップ1.ソフトを起動し、変換したいファイルを追加してください。

ステップ2.「プロフィール」右側にある「設定」ボタンをクリックします。

「設定」クリック

ステップ3.「ビデオ設定」という項目で「解像度」というドロップダウンボタンをクリックし、元の解像度より小さい解像度を選択してください。そして、「確認」ボタンをクリックしてください。

ステップ4.「変換」ボタンをクリックします。

小さい 解像度 選択

方法その3.ビットレートやフレームレートを変換する


ビットレート(Bit Rate)は主に音声と動画の品質に関しています。つまり、解像度のように、ビットレートの数値が高ければ高いほど、品質も高くなり、対してファイルのサイズも大きいということです。そして、ビットレートを小さくすれば、ファイルのサイズも縮小します。でも、注意しなければならないことは、ビットレートの変換範囲は1400-2000kbpsに限定した方がお勧めです。そうすると、動画の画質も著しく劣化しません。

フレームレートはファイルのサイズにも関係があります。フレームレートが高ければ、動画のサイズも大きくなります。つまり、フレームレートの数値を小さくすれば、ファイルのサイズを小さくすることもできます。そして、一般的には24-30fpsの間には変換の範囲です。

ステップ1.ソフトを起動し、ファイルを追加します。

ステップ2.「プロフィール」右側にある「設定」ボタンをクリックします。

ステップ3.「ビデオ設定」という項目で、「フレームレート」または「ビデオビットレート」をクリックして、より小さい数値を選択してください。そして、「確認」ボタンをクリックします。

ステップ4.「変換」ボタンをクリックします。変換が終わったら、完了します。

フレームレート ビデオビットレート クリック

方法その4.動画の中の不要な部分をカットする


動画の再生時間も容量を決める要素の一つです。再生時間が長ければ、ファイルの容量はどうしても大きくなります。ですから、必要な部分だけを残して、不要な部分をカットして、動画の再生時間を短くなります。すると、ファイルのサイズも小さくなります。

ステップ1.ソフトを起動して、ファイルを追加してください。

ステップ2.「カット」という機能ボタンをクリックします。

不要な部分をカット

ステップ3.必要な部分の開始時間と終了時間を確認しておいて、時間軸の下には左括弧と右括弧で起点と終点を設定してください。そして、「確認」ボタンをクリックします。

開始時間 終了時間 確認

ステップ4.カットされたファイルだけを選択して、保存先を指定したあと、「変換」ボタンをクリックすると、カットされた動画がエクスポートします。もちろん、上記の方法で更に小さくするのもできます。

「変換」ボタンをクリック

動画の容量(サイズ)を縮小する方法の紹介は以上です。好きな方法を選んで変換してください。ちなみに、「FonePaw スーパーメディア変換」は専門のメディアを編集、加工するソフトで、強力な機能が搭載された上、簡単な操作で編集できますから、初心者でもうまく使えます。MP4、WMV、MOV、AVIなど、様々な形式の間に変換することができます。動画をよりよく楽しむことも可能になりますから、ぜひ試してください。

その他、編集した動画をDVDに焼いてプレイヤーで楽しみたいなら、「VideoSolo DVD 作成」というソフトは役に立てると思います。名前の通りこれはDVD作成専用のソフトで、入力対応の形式が300種類以上あります。分かりやすいインタフェースを搭載してるので、パソコンの素人にとって使い勝手がいいです。最大30日間無料試用が提供してるから、皆さんは気軽にご利用ください。

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   23   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾