X
年始年末セール

Macの不具合やバグを修復、新しい機能を楽しむ、またはMacを売却・譲渡する

前に個人情報を消去するために、macOSを再インストールする必要があります。本記事はmacOSを再インストール(リカバリ)する方法を解説します。

先ずは、macOSを再インストールする前に、以下の準備を行ってください。


一、macOSを再インストールする際の事前準備
1. 様々な認証を解除する
2.バックアップを作成する
二、macOSを再インストールする手順
三、上書き前のMacデータに復元する方法
まとめ

macOSを再インストールする際の事前準備


1. 様々な認証を解除する


iTunesアカウントの認証を解除する
iTunes画面上部のメニューバーにある「アカウント」をクリックし、「認証」から「このコンピューターの認証を解除」項目を選択します。もし、新しいMacにmacOSを再インストールしたい場合は、「認証」>「このコンピューターを認証」を選択します。

Mac iTunes 認証

iCloudアカウントの認証を解除する
もし「Macを探す」機能がオンになっている場合は、macOSを再インストールする前に、この項目をオフにしてください。

Mac iCloud クラウド

Adobe製品アカウントの認証を解除する
Adobe製品を利用しているユーザーはAdobeアカウントの認証を解除してください。一般的に、Adobe製品は1台のMacにしかインストールでないので、もしこの認証を解除せずにmacOSを再インストールすると、古いMacの認証を外すことができなくなります。

Apple IDでSMSを利用しているユーザーはサインアウトすることを忘れないでください。

Mac Adobe ライセンス

2.バックアップを作成する


場合によって、Time MachineやiCloudなどのソフトを利用してデータを事前にバックアップする必要があるかどうかを確認しよう。もちろん、定期にバックアップを作成することもオケです。

Mac OS バックアップ

以上の準備が終わったら、Macをネットワークに接続して下記の手順に従ってmacOSを再インストールしましょう。

macOSを再インストールする手順


ステップ1.Macの電源ボタンを押しし、Macを起動します。または、アップルアイコンをクリックし、「再起動」を選択することでMacを再起動します。

ステップ2.起動途中に、場合によって下の手順で行います。

インターネットから最新バージョンのmacOSをインストールする場合は、「Option」 +「 Command 」+ 「R」キーを同時に長押しします。回転する地球儀のアイコンが表示されたら、キーから指を離してMacをリカバリモードで起動します。

macOSを元のバージョンに再インストールする場合は、「Option」+「 Command 」+「R」キーを押しながら「Shift」キーを押しします。ただし、macOS Sierra 10.12.4 以降をMacにインストールしたことがない場合はこの方法を利用できません。

Macに内蔵されている復元用ディスクからmacOS を再インストールする場合は、「 Command 」+「R」キーだけを押しします。

Mac OS コマンド

ステップ3.リカバリモードで起動済みのMacで、「ユーティリティ」ウインドウが表示されます。

状況によって、ディスクをフォーマットするかどうかを決めましょう。Macを売却または譲渡したい場合は、個人情報やプライバシーを守るためにディスクをフォーマットしてください。「ディスクユーティリティ」を選択し、メニューバーから「表示」>「すべてのデバイスを表示」の順にクリックします。サイドバーから消去したいディスクやボリュームを選択します。「消去」をクリックし、ディスク或いはボリュームの名前、フォーマットと方式を入力した後、「消去」をクリックして消去を開始します。

ステップ4.もしディスクをフォーマットせずに、macOS を再インストールしたい場合は、「ユーティリティ」ウインドウにある「macOSを再インストール」(または「OS X を再インストール」)項目を選択し、右下の「続ける」ボタンをクリックします。

Mac OS 再インストール

現在のmacOSディスクを選択してmacOS を再インストールします。一般的に、このディスクのみ表示されるはずです。画面の案内に従い、「同意する」>「同意する」>「インストール」の順にクリックします。

Mac を売却や譲渡したい場合、再インストール途中に設定アシスタントが表示されたら、「command」と「Q」キーを同時に押しし、「システム終了」をクリックしてください。こうすると、次の購入者がMacを起動する時に、個人情報を設定できます。

個人情報を設定したい場合は、「パスワード」をテキストボックスに入力した後、下の「続ける」をクリックしてApple IDでサインインします。こうすると、macOSの再インストールが完了です。

上書き前のMacデータに復元する方法


もしデータを保留せず、macOSを再インストールしたら、Time Machineを利用してデータをバックアップから復元することができます。Time Machineの画面で「Time Machineバックアップから復元」を選択すればいいので、とても便利です。

Mac OS Time Machine

そのほか、データ復元ソフトを利用することもMacデータを復元可能です。FonePaw データ復元は画面が簡潔でパソコンの初心者でも簡単に操作できますので、ここで推奨したいです。いまから、その復元方法を説明します。

1.Mac版の「FonePaw データ復元」をダンロードして、インストールします。ソフトをダブルクリックすれば、「FonePaw データ復元」の画面に入ります。Macデータを復元する場合は、画面左側の「Macデータ 復元」の下にある「開始」ボタンをタップします。

Windows Version DownloadMac Version Download

Mac データ 復元 メイン 画面

2.それから、復元したいファイルに応じて、データのフォーマットとハードディスクドライブを選び、「スキャン」アイコンをクリックします。

Mac データ 復元 種類

3.画面の上部にはスキャンの進捗状況が表示されます。スキャンを暫く停止あるいは強制終了したい時、「一時停止」または「停止」ボタンをクリックすればいいです。

Mac データ 復元 スキャン

4.スキャンが完成した後、削除して復元可能であるデータが一覧になります。復元したいMacデータを選択し、「リカバリー」アイコンを押します。これで、再インストールしたMacのデータが復旧されます。

Mac データ 復元 プレビュー

Windows Version DownloadMac Version Download

まとめ


様々な原因でmacOSを再インストールしたい場合は、Macで各種アカウントの認証を解除した後、バックアップを作成し(もし必要な場合)、上記の案内に従ってmacOSをリカバリモードで再インストールしてください。その後は、Time Machineやデータ復元ソフトを利用して上書き前のMacデータに復元できます。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾