X
年始年末セール

ハードドライブとは、コンピュータ内のデータストレージデバイスで、データを保存することができます。例えばオペレーティングシステム、ソフトウェアプログラム、パソコン内で作成されたファイルなど、あらゆるデータを格納することができます。ただし、正常に動いているハードディスクには、不良セクタが現れた場合、このハードディスクが壊れてしまいます。不良セクタが現れると、そこで保存されているデータが失われるためです。幸い、残りの空間で保存されているデータはまだ失っていません。

ハードドライブには不良セクタが現れる兆候がある場合、この記事の方法に従って、それを確かめることができます。本当に不良セクタがある場合、Windows 10/8/7でハードドライブ上の不良セクタを修復する方法も紹介しています。

パート1.不良セクタとは?
補足:物理的不良セクタと論理的不良セクタ
パート2.不良セクタをチェックする:症状の確認
パート3.不良セクタの修復方法
(1)Windows 10/8で不良セクタを修復する方法
(2)Windows 7で不良セクタを修正する方法
(3)Window XPで不良セクタを修復する方法
パート4.不良セクターからデータを復元する方法

パート1.不良セクタとは?


まず、不良セクタとは何かを理解する必要があります。不良セクタとは、ハードドライブディスク上で壊れて使用できない部分です。不良セクタが発生すると、このセクタのデータがアクセス不能になり、書き換え不可能になります。ここまで来ると、セクタが不良になる原因が知りたいでしょう。以下でいくつかの原因を紹介します。

データ 復元 不良 セクタ

・コンピュータの突然のシャットダウン

・システムのクラッシュ

・マルウェアによる攻撃

・汚れや塵の影響

・ハードドライブの過熱

・ハードウェアが寿命になる

・静電気の影響


以上が、不良セクタが現れる考え得る原因です。もちろん、それ以外の原因もありますが、不良セクタが現れることはハードドライブが壊れる兆候ですので、急いで対処した方がいいですね。

物理的不良セクタと論理的不良セクタ


ちなみに、不良セクタを、ハード不良セクタとソフト不良セクタの2種類に分けることができます。

ハード不良セクタは物理的不良セクタとも呼ばれています。つまり、物理的に損傷されて、修復不可能ということです。ハードドライブが過熱しており、あるいは塵がハードディスクに入ってしまうと、ハード不良セクタが発生する可能性があります。修復こそできないが、幸いにも、注意すればハード不良セクタを防ぐことができます。

ソフト不良セクタは、論理的不良セクタとも呼ばれています。主にハードドライブが正常に動作していない場合に発生します。たとえば、コンピュータは不正にシャットダウンされ、あるいはエラー訂正コード(ECC)がセクタの内容と一致しない場合、ソフト不良セクタが発生してしまいます。ハード不良セクタと違って、ソフト不良セクタは修復できます。

パート2.不良セクタをチェックする:症状の確認


Window 10/8/7で不良セクタをチェックする方法とはなんですか?実は、次のいずれかの現象が発生すると、ハードドライブには不良セクタが存在する可能性があります。

・ハードドライブから奇妙な音が聞こえます。 システムが起動せず、「セクタが見つかりません」または「ドライブCの読み込みに一般的なエラーが発生しました」という警告メッセージが表示されます。

・ブルースクリーンが頻発・ハードドライブのフォーマットを完了できません。

・ファイルを読み取っているときに 「ファイルが壊れています」というエラーが発生します。

・ファイルの読み込みやプログラムの起動に時間がかかりすぎます。

・ディスクスキャンは、システムが起動していたびに自動的に実行され、ハードドライブのエラーをスキャンします。

上記のいずれかの症状が発生した場合、不良セクタを修復する必要があります。でないと、システムが正常に動作してくれません。

データ 復元 ブルー スクリーン

パート3.不良セクタの修復方法


幸いなことに、Windows 10/8/7の不良ディスクセクタは、システム内蔵のディスクチェックツールを使えば、簡単な手順で修復できます。

Windows 10/8で不良セクタを修復する方法:


ステップ1.「マイコンピュータ」で、変な動作をしているドライブを右クリックします。

ステップ2. 「プロパティ」を選択します。

ステップ3.「ツール」タブを選択し、「確認」ボタンをクリックします。

ステップ4.スキャン結果を確認します。

ステップ5.「ドライブのスキャンと修復」>「ファイルシステムを修正する時間」の順に選択します。

ステップ6.スキャンと修復が終了したら、パソコンを再起動します。

データ 復元 スキャン ドライブ

Windows 7で不良セクタを修正する方法:


ステップ1.「マイコンピュータ」を開けて、修復したいハードドライブを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

ステップ2.「ツール」タブで、「今すぐ確認」>「スキャン」>「開始」の順にクリックします。

ステップ3.ディスクチェックのレポートを確認します。

Window XPで不良セクタを修復する方法:


ステップ1.「マイコンピュータ」>修復したいハードドライブを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

ステップ2.「ツール」タブで、「今すぐ確認」をクリックします。

ステップ3.「ディスクのチェック」オプションを選択します。

ステップ4.コンピュータの再起動を求めるメッセージが表示される場合、「はい」をクリックします。

ステップ5.ディスクチェックのレポートを確認します。

ヒント:ディスクチェックのレポートでは、0はエラーが検出されなかったという意味で、1はエラーが検出されたけど修正済みということの意味です。

パート4.不良セクターからデータを復元する方法


Windows 10/8/7でハードドライブ上の不良セクタを修復するときに、データが失われている場合、強力なサードパーティソフトウェアでデータを修復することが必要になるでしょう。FonePaw  データ復元が最適な選択であることは間違いありません。Windows 10/8/7のハードディスクドライブやリムーバブルドライブからデータを復元したい場合、このソフトはプロの解決案を提供しています。以下で、簡単なチュートリアルを提供します。

Windows Version DownloadMac Version Download

ステップ1.ファイルタイプを選択します。

「FonePaw データ復元」は、画像、動画、音楽、メール、ドキュメントなどの復元をサポートしています。ソフトウェアを起動した後、画面上でファイルタイプを選択します。

データ復元 メイン画面

ステップ2.ドライブを選択します

ここで、データを復元したいドライブを選択してください。その後、「スキャン」ボタンをクリックすれば、ドライブのスキャンが始まります。

ステップ3.復元したいファイルを選択します

スキャンが完了した後、復元したいファイルを選択します。例えば:データベース、ドキュメント、画像、音声、アーカイブ、動画、電子メールなど。

データ スキャン中

ステップ4.データを復元します この手順で、「復元」ボタンをクリックするだけで、復元したいファイルをパソコンに復元することができます。これで、ハードドライブの不良セクタが修復されました。不良セクタの発生を防ぐために、常にPCを涼しい場所に置いて、清潔に保ちながら、常に信頼なハードドライブのブランドを選択することをお勧めします。

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾