PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

iPhoneの「機能制限」を通じてはユーザーの設定で自由にiPhoneの機能を制限して端末を管理できます。しかし、iPhone・iPadの機能を制限するために、「機能制限」を利用するためには4桁のパスコードを設定する必要があります。

もしその4桁のパスコードを忘れてしまうと、「機能制限」を解除することができなくなります。ここではiPhoneの機能制限・年齢制限を解除するためのパスコードを忘れた時の対処法について紹介しますので、パスコードがわからなくて設けた機能制限・年齢制限を解除できない時、是非参考にしてください。


一、iPhone・iPadの「機能制限」は「スクリーンタイム」になった

iOS 12から「機能制限」がなくなったようですが、実はiOS 12から「機能制限」は新機能「スクリーンタイム」に統合されて、「設定」>「スクリーンタイム」の順にそれを設定するようになります。名称が変わりましたが前より細かくiOS端末の機能を制限できるだけで、「機能制限」そのものとしては大きく変更されませんので、同一の機能としても大丈夫です。

二、iPhone・iPadの機能制限・年齢制限を解除する方法

iPhoneの機能制限を設定したけど機能制限のパスコードを忘れた時、専門的なiOSロック解除ソフト「FonePaw iPhoneロック解除」を利用すれば機能制限と年齢制限を解除することができます。ここではその操作手順について説明します。

「FonePaw iPhoneロック解除」の機能を使用するためには事前にPCに最新版のiTunesをインストールしておく必要があります。

Windows Version DownloadWindows Version Download

ステップ1、インストール済みの「FonePaw iPhoneロック解除」を実行して、メイン画面での三つの機能から「スクリーンタイム」を押してください。

ソフトを起動

ステップ2、次には機能制限を設定したがパスコードがわからないiPhoneやiPadをPCに接続してください。ソフトに検出されると次のステップに進みます。

デバイスを接続

ステップ3、では、機能制限のパスコードを解除しようと決めると「スタート」を押してください。

制限パスコードを取得する

ステップ4、「FonePaw iOSロック解除」で機能制限を解除するためには「iPhoneを探す」機能をオフにするのが必要です。オフにしていないと、ソフト画面ではオフにする操作ガイドが表示されますので、それに従って「iPhoneを探す」をオフにしてください。

iPhoneを探す オフ

「iPhoneを探す」がオフになっている場合、数秒後に機能制限が解除されて、iPhoneの設定がリセット(初期化)されて初期設定画面に入ります。その場合には次の指示に従って設定してください。

このソフトでiPhoneの機能制限・年齢制限を解除した後の注意事項

1、データ消失を防ぐために、初期設定画面での「Appとデータ」画面では「Appとデータを転送しない」を選択してください。

2、機能制限のパスコードが完全に消されることを確保するために、初期設定画面での「スクリーンタイム」画面を設定する時には「あとで“設定”でセットアップ」を選択してください。

iPhone 機能制限 解除

この「機能制限解除」機能を活かせば、パスコードを忘れた場合にも簡単にiPhone・iPadの機能制限・年齢制限を管理・解除できます。機能制限(スクリーンタイム)だけではなく、iPhone・iPadのパスコードやApple IDのパスワードを忘れた時にも、「FonePaw iPhoneロック解除」の「パスコード解除」や「Apple ID消去」機能を試してiPhoneのロックを解除できます。

Windows Version DownloadWindows Version Download

評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾