X
年始年末セール

Apple Music(アップルミュージック)とは、Appleが開発した定額制音楽配信サービスです。iPhoneだけではなく 、AndroidやPCにも対応しています。月額980円を支払えば、個人で契約してApple Musicを利用できます。または、1,480円を払うと、最大6人のファミリー共有機能を利用可能です。Apple Musicで数百万曲を楽しんで、ダウンロードすることができますが、もし解約したら、ダウンロードした曲が再生できなくなります。

Apple Music 登録


一、iPhone、iPad、iPod touchで曲やプレイリストをダウンロードする手順
(1)オフライン再生可能な曲だけ聴くには
(2)ダウンロードした曲を削除する
二、Windows PCやMacでApple Musicの音楽をオフライン再生する
三、録音ソフトを使ってApple Musicの楽曲を録音して保存する
(1)録音デバイスの設定手順
(2)Apple Musicの楽曲を録音する手順
まとめ

一、iPhone、iPad、iPod touchで曲やプレイリストをダウンロードする手順


iPhone、iPad或いはiPod touchで「ミュージック」アプリを起動し、「For You」、「見つける」、または「検索」タブでオフライン再生したい曲を探します。(Android スマホの場合はApple Music Appを開きます。)その曲名の横にある「…」アイコンをタップし、表示されたメニューから「ダウンロード」項目を選択することで曲を端末にダウンロードします。ダウンロードが完了したら、曲名の右上に端末マークが付いています。

Apple Music 音楽 保存

ダウンロードした曲が「ライブラリ」に保存され、ここから楽しめます。

Apple Music 音楽 ライブラリ

実は、曲だけではなく、アルバムやプレイリストもスマホにダウンロードしてオフライン再生できます。その手順は音楽をダウンロードする時と大体同じです。ジャケットの横にある「…」アイコンをタップして「ダウンロード」を選択します。

Apple Music アルバム ダウンロード

ダウンロードしたアルバムはそのジャケット写真の右上にデバイスのアイコンが付いています。

Apple Music アルバム ダウンロード済

ちなみに、iPhoneのWatch Appを使ってApple Watch に曲を追加できます。

オフライン再生可能な曲だけ聴くには


オフライン再生可能な曲がライブラリに保存されますが、ストリーミングの楽曲も同じように「My Music」に追加されます。その結果、二種類の曲が混ざってしまいます。こういう場合は、オフライン再生可能な曲だけ表示する機能を利用してください。

「ライブラリ」タブで、右上の「編集」を通じては画面中央にあるカテゴリを設定できます。その中から「ダウンロード済み」のスイッチをオンにすれば、オフライン再生可能な曲のみを表示することができます。

Apple Music 音楽 ダウンロード済み

ダウンロードした曲を削除する


もしオフライン再生するために曲をダウンロードし過ぎて、容量が足りない場合はどうしましょう。定期に不要な曲を端末から削除することがおすすめです。操作はダウンロードする時とほとんど同じです。削除したい曲の横にある「…」アイコンをタップしてください。表示されたメニューから「削除」>「ダウンロードを削除」項目を選択します。

Apple Music 音楽 削除

なお、「設定」アプリを使ってダウンロードした音楽ファイルを削除することも可能です。端末で「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」>「ミュージック」の順に、あるいは直接「設定」>「ミュージック」の順で「ミュージック」のストレージをチェックしましょう。この画面で音楽はアーティスト>アルバム>ダウンロードした曲という順で表示され、それらのサイズも確認できます。

Apple Music ダウンロード 削除

右上の「編集」ボタンをタップすればアーティスト/アルバム/曲の左側には削除ボタンが表示されます。削除ボタンをタップすれば、アーティスト/アルバム/曲ごとに音楽を端末から削除できて、「すべての曲」のそばの削除ボタンを選んで全ての曲を消去することも可能です。

二、Windows PCやMacでApple Musicの音楽をオフライン再生する


Windows PCやMacでiTunesを使ってApple Musicで曲をオフライン再生することができます。先ずは、Apple Musicを使用するために、iTunesを設定しよう。

iTunesを起動し、画面上部のメニューから「編集」>「環境設定」の順にクリックします。「一般」タブで「Apple Musicを表示」「iCloudミュージックライブラリ」にチェックを入れてください。

Apple Music iTunes 設定

「再生」タブで「サウンドチェック」にチェックを入れると、再生時の音量が統一されます。個人の好みによって、下部のオプション部分を設定することができます。「ストア」タブにある「デバイス間で再生情報を同期」と「アルバムアートワークを自動的にダウンロード」をオンにすることがおすすめです。

Apple Music iTunes ストア

「詳細」タブで音楽の保存先を変更することができます。iTunes Mediaフォルダーの場所をCドライブ以外の大容量ドライブに変更してください。

Apple Music iTunes 詳細

iTunesのホーム画面に戻り、上部のメニューバーにある「表示」をクリックしてプルダウンメニューから「すべてのミュージック」にチェックを入れます。ちなみに、オフラインで再生可能な曲だけを表示したい場合は、「ダウンロード済みのミュージックのみ」項目を選択しましょう。

Apple Music iTunes すべてのミュージック

なお、上部のメニューにある「コントロール」>「シャッフル」と「リピートする」で細かな設定を変更できます。

Apple Music iTunes シャッフル リピート

ここまで準備ができました。下記の手順に従い、音楽をオフライン再生しよう。 Apple Musicで「For You」または「New」を選択してから、右上の検索バーで「すべてのApple Music」を指定して検索したいコンテンツを入力してください。

Apple Music 検索

曲、アルバム、プレイリストなどの検索結果が表示されます。マウスをアルバムカバーの右下に移動して「…」が表示されるまで待ってください。出てきたメニューから「プレイリストに表示」や「曲を共有」などの項目を選択可能です。

Apple Music メニュー

「マイミュージック」でオフライン再生したい曲やアルバムを探してから、タイトルの横にある雲のアイコンをクリックすると、ダウンロードが始まります。ダウンロードが完了したら、「ダウンロード済み」が表示されます。ダウンロード済みの曲やアルバム上でマウスを右クリックしたり、右側の「…」をクリックしたりして「ダウンロードしたものを削除」を選択すると、その曲またはアルバムが簡単に削除されます。

Apple Music 音楽 削除

三、録音ソフトを使ってApple Musicの楽曲を録音して保存する


Apple Musicで音楽をダウンロードすることでオフライン再生することが可能になります。ただし、Apple Musicから退会すると、「Connect」と「Beats 1」以外の機能はほとんど利用できなくなります。パソコンに保存した楽曲も再生されなくなってしまいます。

上記で述べたように、パソコンでApple Musicの楽曲を聴くにはiTunesを使う必要があります。iTunesの設定によって、Apple Musicの楽曲を再生できますが、音声ファイルとして使うことができません。下記の手順に従って録音ソフトを使ってみてApple Musicの楽曲を録音で保存しましょう。

ご注意:録音は自己責任でお願いします。あくまで個人の範囲内で利用してください。他人にファイルを渡すと犯罪行為になりかねませんのでご注意ください。

録音デバイスの設定手順


1.ここではWindows 10を例として説明します。まずはパソコンのコントロールパネルを開きます。「ハードウェアとサウンド」を選択してから、「サウンド」から「オーディオデバイスの管理」をクリックしてください。

Apple Music 音楽 サウンド

2.「サウンド」画面で「録音」タブを選択すると、利用できるオーディオ録音デバイスが一覧になります。次のように空白部分で右クリックして「無効なデバイスの表示」の前にチェックを入れましょう。

Apple Music 音楽 無効なデバイスの表示

3.すると、「ステレオミキサー」が表示されます。マウスを「ステレオミキサー」の表示に移動した後、右クリックしてメニューから「有効」を選ぶと、デバイスの状態は「無効」から「準備完了」に変更します。もう一度右クリックで「規定のデバイスとして設定」を選ぶと、「規定のデバイス」に変更します。最後は「OK」ボタンで「サウンド」設定画面を閉じます。

Apple Music 音楽 ステレオミキサー

Apple Musicの楽曲を録音する手順


デバイスの設定が完成したら、FonePaw PC画面録画をパソコンにダウンロードしてください。

Windows Version DownloadMac Version Download

1.iTunesを起動してから、「FonePaw PC画面録画」を実行します。ソフトのメイン画面には四つの機能アイコンがあります。左から右へは録画に用いる「動画レコーダー」、録音に用いる「音声レコーダー」、スクリーンの画像保存に用いる「スナップショット」とプリセット機能の「もっと」です。Apple Musicの楽曲を録音する場合、「音声レコーダー」を選択します。

PC 画面 録画 ツールパネル

2.内部音声を録音する場合、システム音を「オン」にしてから音量を調整します。マイク音を録音する場合、マイク音を「オン」にしてから音量を調整します。状況によって設定してから、iTunesで保存したいApple Musicの楽曲を再生し、オレンジ色の「REC」を押します。

音声 録音 レコーダー

3.録音中にクロックボタンで録画の長さを自由に設定したり、歯車ボタンでシステム音とマイク音のボリュームを調整したりすることができます。録音したいApple Musicの楽曲が終わったら、左側の四角「停止」ボタンを押せばいいです。

音声 ボリューム 調整

4.プレビュー画面で録音ファイルを再生し、音声が収録されないなどの問題があるかどうか確認します。気に入れば「ビデオを保存」ボタンで保存先を指定し、録音ファイルをエクスポートします。

録音 ビデオ 保存

Windows Version DownloadMac Version Download

まとめ


月額980円を支払えば、Apple Musicで様々な曲を楽しめます。通信速度制限を防ぐため、または好きな曲をデバイスに保存したい場合は、曲をダウンロードしてオフラインで再生してください。しかし、Apple Musicを解約すると、ダウンロードした曲が再生できなくなりますので、ご注意ください。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾