X
年始年末セール

写真をiPhoneの中に保存して、持ち歩くのは便利ですが、もし他人に写真のデータを渡すなら、iPhoneだけでは不便な場合もあります。Wi-Fiで飛ばすのにも、写真の数が多くなると、時間も長く掛かりますし、操作も面倒になります。他人のパソコンにiPhoneを接続するのも、デバイスが混乱して同期されてしまうのが怖いですよね。そういう時は、写真をPCに取り出して、USBに転送して持ち出す方が、便利ですよね。USBなら、写真ファイルだけ扱えますし、iPhoneがどうのこうの心配が入りません。また、バックアップとして、USBに取っておくのも、場合によって悪くないやり方です。


USBメモリとは、USBフラッシュドライブのことです。フラッシュメモリの一種であり、SDカードなどと同じ種類の記憶装置です。サイズが小さいため、まさにデータを持ち歩くにはピッタリ。USBを使うには、パソコンを経由しなければなりません。USBをパソコンに接続すれば、ハードディスクのようにデータをUSBに保存できます。「FonePaw iOS転送」を使えば、簡単にiPhoneから写真をUSBに保存できますので、早速手順を見てみましょう。


Windows Version DownloadMac Version Download

iPhoneの写真をUSBメモリに移すには


ステップ1、インストール
「FonePaw iOS転送」を正しくインストールしましょう。手順は簡単なので、メッセージの指示通りにクリックすればインストールできます。無事インストールできましたら、ソフトを起動して、iPhoneをパソコンと接続します。

「FonePaw iOS転送」をインストール

ステップ2、写真をパソコンへ一時的に保存
「写真」の項目から、iPhoneの中の全ての写真を閲覧できます。中に、USBに保存したい写真だけチェックを入れ、「エクスポート」→「PCへエクスポート」をクリックします。そうすれば、選択された写真は一時的にパソコンの指定場所に保存されます。

写真をパソコンへ一時的に保存

ステップ3、パソコンから写真をUSBに転送
最後はパソコンのエクスプローラーから、指定した写真の一時の保存先を開きます。USBに保存したい写真を選択し、右クリックで「送る」→「USBドライブの名前」の順で写真をUSBに転送できます。また、直接写真をコピペでUSBにコピーするやり方もOKです。


これで、iPhoneの写真はUSBに保存完了!とても簡単でできますので、おすすめのやり方です。


Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   2895   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾