X
年始年末セール

USBを使う時に、エラーが発生することもありますね。例えば、USBをパソコンに挿入してみると、「スキャンして修復しますか」と表示されます。もっとも考えられる原因は、USBをパソコンに外す時、タスクトレイで「取り外す」命令を実行せずに抜き差すことです。

実際のところ、不正な操作以外にも、このエラーを引き起こす原因がいくつかあります。

自分のUSBがエラーが出る原因を分かれば、もっとも適切な対処が取られますね。そのため、この記事はこのエラーが出る具体的な原因を分析しました。

また、「スキャンして修復しますか」と表示する時、USBの中身のデータは破損したのではないかと考えたら、パソコンでUSBを修復する方法と専門の修復ツール「FonePaw データ復元」で紛失したUSBのデータを復元する方法を用意しました。お持ちのUSBが「スキャンして修復しますか」っと表示され、またUSBを開いて、中のデータが消えたユーザなら、是非この記事を見逃しないでください。

ディスク スキャン 修復

一、「スキャンして修復しますか」が表示される原因
二、「スキャンして修復しますか」と表示され、USBが開けない時の修復方法
三、「スキャンして修復しますか」と表示され、消えたUSBのデータの修復方法

一、「スキャンして修復しますか」が表示される原因


前文で言ったタスクトレイで「取り外す」を実行せず頻繁にUSBを取り出すことでこのエラーを引き起こす以外に、不正のフォーマット、データの破壊、電源の切れなどもエラーの原因と考えられます。

(1)「スキャンして修復しますか」ポップアップで「スキャン及び修復」を押すと?

「スキャン及び修復」をクリックすれば、時間かかりすぎて面倒とかいろいろ心配があって、いつもポップアップを無視していました。でも、修復を押したら、どうなるのでしょう。

実際に「スキャン及び修復」を押すと、「エラーチェック」と言うポップアップが表示されます。「開始」をクリックすることで、USBをスキャンさせます。

ディスク スキャン 時間

すると、パソコンはUSBをスキャンし始めます。修復が完了したら、下の画面が表示されます。

ディスク スキャン ドライブ

もしお持ちのUSBのエラーは「スキャンおよび修復」で修復されたら、このメッセージは今後表示しないようです。

でも「スキャンおよび修復」で修復しても、USBを挿入する度に「スキャンして修復しますか」が表示したら、該当USBが修復しにくい問題が存在しかねません。従って、USBが突然開けなかったり、データが消えたり状況も出るかもしれません。

USBはそれほど値段の高いものではないので、その場合はUSBのデータをバックアップして、新しいUSBを買いた方がいいと思います。

二、「スキャンして修復しますか」と表示され、USBが開けない時の修復方法


もしUSBが「スキャンして修復しますか」と表示され、しかもデータのコピー、移動はできないなら、何らかのエラーでUSBの機能は故障になったかもしれません。まだこのUSBを使いたいなら、USBをフォーマットしてみましょう。

1、USBをパソコンに差し込んで、エクスプローラーを開きます。

2、USBを右クリックします。ポップアップから「フォーマット」をクリックします。

ディスク スキャン USB

3、すると、フォーマットの画面が表示されます。下部の「クイックフォーマット」にチェックを外す場合、パソコンはUSBのエラーまでチェックしてくれます。そのため、何か故障でUSBが開けない場合、少し時間をかかっても、「クイックフォーマット」にチェックを外すことが推奨です。

ディスク スキャン フォーマット

注意:USBをフォーマットすると、中身のデータは全部消えますので、十分に考えてからフォーマットしてください。

三、「スキャンして修復しますか」と表示され、消えたUSBのデータの修復方法


「スキャンして修復しますか」と表示された時、いろいろチェックした後、問題ないなら幸いなことです。が、USBを開いて見ると、USBのデータが消えたこともあります。

この場合、記事は簡単に消えたUSBのデータを復元する方法を用意しました。「FonePaw データ復元」はパソコン、USB、スマホのSDカードの復元にも得意です。しかも画面は簡潔にデザインされ、パソコンの苦手な方でも気軽く操作できます。ですので、以上が述べた状況ができて、USBに保存したデータを復元したいなら、専門の復元ソフトFonePaw データ復元を使ってみましょう。

1、「FonePaw データ復元」を下のアイコンでダウンロードして、インストールします。

Windows Version DownloadMac Version Download

2、ホーム画面で復元したいデータの種類とドライブ(USB)にチェックを入れます。「スキャン」でUSBをスキャンしましょう。

データ復元 メイン画面

3、その後、USBに復元可能のデータはソフトに表示されます。復元したいデータにチェックを入れて、「リカバリー」をクリックします。

データ復元 USB リカバリー

4、しばらく経つと、選んだデータは復元されました。

データ復元 完成 終了

本記事が最初に言ったように、頻繁に接続中のUSBを取り出すことは「スキャンして修復しますか」というエラーを引き起こしがちです。

そのため、データを失わないように、USBを取り出す時は少し面倒でもタスクトレイで「取り外す」命令を実行する習慣を身につけましょう。

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   1   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾