PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

スマホを長く使うとだんだんスマホの動作が重くなる感じがすることもあるのでしょうか。パソコンを利用する時、動作が遅くなるとデブラグでPCを最適化して高速化することができますが、スマホでもデフラグをするのが可能なのでしょうか?ここではそれについて説明します。


スマホはデブラグできるか?

スマホはパソコンと違って、デフラグに関わるアプリやツールなどはありません。そのため、スマホの動作が重くなっても、パソコンのようにデフラグすることができません。

何故かというと、スマホのデータはハードディスクではなくフラッシュメモリというものに保存されています。スマホのフラッシュメモリはデータの書き込み回数に制限があり、その書き込み回数が限界になるとフラッシュメモリが利用できません。書き込み回数が限界になる時、スマホにデータを書き込むとデータを保存できなくなる不具合が発生してしまいます。スマホのデフラグをすれば、大量のデータの書き込みが発生しますので、スマホの寿命を縮めるリスクがあります。

そのほか、スマホのフラッシュメモリはパソコンのハードディスク(HDD)と異なります。パソコンのハードディスクでデータを読み取る時には断片化が発生すると動作が重くなりますが、フラッシュメモリでデータを読み込む時には断片化が発生しても読み込む時間にはあまり影響がありませんので、スマホの動作が遅くなっても、パソコンのようにデフラグをする必要がありません。

では、スマホを軽くするためには、一体何をすればいいのでしょうか。次にはスマホを最適化するコツをまとめて紹介しますので。スマホではデブラグをすることができない、そしてデブラグをする必要もないけど、下記の対処法でスマホの動作の重さを改善できます。

「iPhone/Android向け」スマホはデブラグができない時の代替案

スマホというとパソコンのようにデブラグを通じて最適化するのができませんが、ほかの方法を通じてはスマホを高速化して動作が重くなった問題を簡単に解消できます。例えば、スマホに保存した不要なファイルを削除したりパソコンなどの場所に移動したりすることでは、スマホの空き領域を増やして容量不足を解消できます。

スマホのデータをほかのデバイスに移行するのが複雑だと考えている方もいるかもしれませんが、実はスマホとパソコン、そしてスマホとスマホのファイル転送は考えるよりも簡単です。

ここでは専門的なスマホ管理ソフトFonePaw DoTransで手軽にスマホのファイルをPCに移動するやり方を例にして、スマホで大量の写真、音楽、動画がどんどん溜まってしまうとスマホのデータ容量が圧迫されてしまいますので、スマホの動作が重くなってきたと感じる場合、できるだけ早めに「FonePaw DoTrans」でスマホの大容量ファイルを整理しましょう。

「FonePaw Dotrans」無料ダウンロード
Windows Version DownloadMac Version Download

*Mac版はFonePaw iOS転送のダウンロードになります。この製品はMac用iOSデバイスのデータ転送ソフトで、操作方法は「FonePaw DoTrans」とほぼ同じでご安心して利用できます。

ステップ1、「FonePaw DoTrans」をパソコンにインストールした後、それを起動すればメイン画面が表示されます。次にはUSBケーブルなどでスマホをパソコンに接続してください。接続が成功するとPC側のソフト画面ではスマホの情報が表示されます。

端末接続

ステップ2、次にはこのソフトでiPhoneやAndroidスマホの中身をプレビューしてみてください。左側の「写真」、「音楽」、「ビデオ」などでは、データ種類ごとにスマホのファイルをチェックできます。移行したいデータにチェックを入れた後、頂部の「PCへエクスポート」をクリックして保存先を選択すれば、自由にファイルをスマホからPCに移行できます。

データ転送

PCではなくほかのスマホにファイルを移行するのも「FonePaw DoTrans」で簡単に実現できます。複数のスマホをPCに繋ぎ、そしてソフトの「デバイスへエクスポート」を押して、移行先のスマホを選定すれば楽に転送できます。

デバイスへエクスポート

ステップ3、ちなみに、頂部の「+」ボタンを押せば、逆にPCからスマホにデータを移行するのも可能です。それから、ファイルを選択した後、「ゴミ箱」(削除)ボタンを押せば、ファイル転送ではなく、不要なスマホデータを直接消すのも可能です。

写真削除

スマホ管理ソフトで定期的にスマホのファイルを整理して余計なファイルをスマホ以外の場所に移せば、デブラグがなくても簡単にスマホの動作を軽くできますので、スマホが重いことに悩む時には、とりあえず「FonePaw DoTrans」でのスマホファイル転送を試してください。もちろん、スマホを快適化するコツは、これだけではありません。ほかの最適化方法も参考にしてください。

「FonePaw Dotrans」無料ダウンロード
Windows Version DownloadMac Version Download

スマホをデブラグしなくても最適化できる方法まとめ

1、スマホの不要なアプリを削除する

スマホにインストールしたアプリが多すぎて空き容量を占めるとスマホの動作を遅くさせますので、スマホを軽くしたいなら、もう使わない余計なアプリを削除して、スマホの空き容量を増やすほうがいいです。

2、スマホのアプリを定期的に整理する

スマホで使っているアプリを非表示にしても、アプリが終了したわけではなく、バックグラウンド状態になるだけです。多くのアプリがバックグラウンドで待機していると、スマホのメモリを圧迫しますので、バックグラウンド状態の使わないアプリを終了させて、そしてアプリのキャッシュデータも定期的に削除することで、スマホの内部ストレージの空き容量を確保するほうが賢明です。

3、スマホやバッテリーを買い替えるのも選択肢!

スマホとバッテリーの劣化は避けることではありませんので、どんなに手元のスマホを長持ちさせたくても、経年劣化でスマホの動作が徐々に不安定になり、エラーが発生する頻度も多くなります。劣化したスマホやバッテリーが徹底的に破損してしまうと、スマホの中のデータは紛失されてしまう恐れもありますので、できるだけその前に新しいスマホやバッテリーに乗り換えてください。


評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾