PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

Steam(スチーム)のゲームを遊ぶ場合、ゲームのセーブデータを引き継げばどこでもPCでゲームを同じようにプレイできますが、たまにも故障に遭遇してセーブデータが消えた時もあります。Steamクラウドでセーブデータを随時保存できるゲームも多いが、できない時もあります。本記事ではSteamのゲームのセーブデータの復元方法について解説し、セーブデータの保存場所も紹介します。セーブデータのバックアップを取ってない場合、PC向けの復元ソフトFonePaw データ復元でセーブデータを復旧するやり方も説明しますので、ぜひ参考にしてください。

「FonePaw データ復元」無料体験版ダウンロード:

Windows Version DownloadMac Version Download

関連記事:
Steamゲームを録画する方法

一、Steamクラウドに非対応するゲームのセーブデータ復元方法


Steamクラウドに対応していないゲームのセーブデータを復元したいなら、セーブデータのバックアップを作成しておく必要があります。バックアップを作ろうといっても、実は操作手順が簡単で、ゲームのセーブデータの保存場所を開き、その中のファイルをGoogleドライブなどの場所に移動して保存するぐらいです。このようにバックアップをとっておけば、セーブデータが消えても簡単に取り戻せます。

しかし、セーブデータの保存場所はゲームによって異なります。ここではゲームのセーブデータの保存先を調べる色々な方法を説明します。

方法1、公式サイトで調べる


まずはゲームの公式サイトでよくある質問のQ&Aをチェックして、「本ゲームのSteamのセーブデータの保存場所が知りたい」のような質問を探し出せば、簡単に保存場所を把握できます。

方法2、保存場所になる可能性が高いフォルダを確認


Steamがインストールされているフォルダを開けば、その中には各ゲームがインストールされるフォルダもあります。一部のゲームのセーブデータはここで保存されています。

(Steamフォルダ)\SteamApps\common

そのほか、Steamのユーザーフォルダに保存している可能性もあります。ユーザーフォルダに自分のユーザーIDであるフォルダを探してみてください。

(Steamフォルダ)\userdata\(自分のID)

一部のゲームのセーブデータはWindowsのユーザーフォルダに保存している場合もあります。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming
C:\Users\(ユーザー名)\Documents\my games\
C:\Users\(ユーザー名)\Documents\Games\


隠しフォルダ・隠しファイルになる可能性もありますので、その場合にはフォルダ設定を変更して、隠されたものを表示させてみるほうがいいです。

二、削除したSteamゲームのセーブデータを復元する方法


クラウドにバックアップを取っていない、ローカルのSteamセーブデータも消えた、何か復旧方法がありますか。その時には専門的なパソコン復元ソフト「FonePaw データ復元」で、セーブデータの保存場所から、Steamのセーブデータを復元してみてください。

Windows Version DownloadMac Version Download

ステップ1、「FonePaw データ復元」をパソコンにインストールした後、ソフトを起動して、SteamフォルダやWindowsユーザーフォルダなど、ゲームのセーブデータの保存場所を選び、「スキャン」をクリックします。

steam セーブデータ 復元

ステップ2、検出されたファイルにはセーブデータがある場合、「リカバリー」を押して復元します。セーブデータが検出されていない場合、「ディープスキャン」で徹底的にスキャンしてみます。

復元先 選択

ステップ3、「リカバリー」を押して保存先を決めたら、セーブデータが指定した場所に復旧されます。「フォルダを開ける」を押して確認してください。

復元 終了

Steamのセーブデータは普通のPCゲームともほとんど同じで、ほかのPCゲームのデータが紛失してしまう場合にも、本ソフトを通じて復元してみてはどうでしょうか?

三、Steamクラウドに対応するゲームのセーブデータ復元方法


Steamでは「Steamクラウド」という便利なサービスがあり、Steamクラウドを通じては、ゲームのセーブデータを共有できて、プレイする環境(パソコン)が変わってもセーブデータを手間いらずに利用できます。もちろん、セーブデータが消えても、Steamクラウドのセーブデータ同期・共有機能を通じては簡単に取り戻せますので、複数の場所でSteamゲームをプレイする方には推奨します。

Steamでゲームの紹介ページにアクセスして、右側のウィジェット欄を確認してください。Steamクラウドに対応するゲームである場合、ここでは「Steamクラウド」が表示されます。購入する前にはぜひチェックしてください。ちなみに、購入していたゲームはライブラリのゲームリストでクラウドアイコンがあればSteamクラウド対応です。

Steamクラウド

Steamクラウドを利用する前には初期設定する必要があります。SteamworksのSteamクラウド設定ページを開き、そしてユーザーごとのバイトクォータとユーザーが持てるファイル数を設定してください。特にゲームごとに設定することをお勧めします。

Steamクラウドを設定していた後、Steamクラウドに対応するゲームはプレイする途中でセーブされて、ゲームが終了しても、ほかのパソコンで起動すればセーブデータが共有されて、直接続きからゲームを遊び続けることができるようになります。

Steamのセーブデータの同期だけではなく、「Steamクラウド」はオフラインでのプレイにも対応するし、複数のPC(Windows/Mac)で同じゲームを同じセーブデータでプレイできることもメリットです。セーブデータの同期はインターネット環境によって時間がかかる場合もありますが、Streamでのゲームプレイをもっと自由にしたい方には推奨します。

評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾