X
年始年末セール

久しぶりにiPhoneをPCと繋いで、音楽を同期したいと思ったら、同期する時iTunesにこんなメッセージが出てきました。「既存の音楽、ムービー、テレビ番組、ブック、および着信音をこのiPhoneから削除し、このiTunesライブラリと同期してもよろしいですか?」

要するに、同期したら、iPhoneの音楽などのデータは消えるけど、いいの?という意味です。当然、よく思ってない人はたくさんいるでしょう。どうしてこのようなメッセージが現れるというと、原因は、iTunesとiPhoneのデータが合致しないからです。iPhoneのデータは、iTunesが基準になっています。iTunesにないものは、iPhoneからも消されます。

そのため、iPhoneからそのデータをiTunesに戻せたら、同期しても音楽は消えないようにできます。しかし、iTunesの同期は一方通行で、iPhoneから音楽をiTunesに同期するのはできません。こういう時こそ、転送ソフト「FonePaw iOS転送」の出番!「FonePaw iOS転送」を使えば、iPhoneから音楽をiTunesに同期することができ、同期したら消える問題を解決できます。


Windows Version DownloadMac Version Download

iPhoneの音楽が消えないようにするには


ステップ1:iPhoneとiTunesの自動同期をオフにする
まずは、iPhoneが自動的にiTunesと同期して、データが消されることを防止するために、設定から自動同期をオフにします。iTunesの左上のメニューから、「設定」をクリックして、「デバイス」のタブから「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れて、「OK」で設定します。


ステップ2:「FonePaw iOS転送」を起動
パソコンに「FonePaw iOS転送」をインストールして、起動させます。そして、iPhoneをパソコンと接続します。

iPhoneの接続

ステップ3:音楽をiTunesに
「メデイア」→「音楽」の順でクリックし、iTunesにデータがない音楽を選択します。そして、「エクスポート」から、「iTunesにエクスポート」を選択します。そしたら、曲はiTunesに戻されます。

音楽をiTunesに

曲数が多い場合は注意を払って戻す必要があります。
また、音楽以外のもの(ムービーなど)も消される時がありますので、「FonePaw iOS転送」が対応しているデータならiTunesに戻しましょう。

最後に、iTunesで、カテゴリ別でデータを同期します。カテゴリ内で戻してないデータがあったら消されますので、状況を見て対処する必要もあります。


データが消えないようにバックアップする
万が一な時もありますので、大事なデータはいつもバックアップを取りましょう。例えば同期で消される音楽は、「FonePaw iOS転送」でiPhoneの音楽をバックアップを取る事が可能。日頃の注意こそ、命綱です。


Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   715   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾