AndroidスマホのデータをWindowsパソコン、あるいはほかのスマホ(iPhone・Android)に転送するには、大まかまとめて三種類の方法があります。

1、USB:一番に思い付く伝統法。USBケーブルが必要だが安定性が高い。
2、Bluetooth:ケーブルもネット環境がない時でも利用できる
3、Wi-Fi:便利だが少数の転送向け

この記事は、この三種類の方法で、AndroidからWindowsPC、あるいは他のスマホにファイルを転送する手順を紹介します。

おすすめ記事:
iPhoneの写真をPCと他の端末の間で転送・移行する方法まとめ
スマホのSDカードのデータ交換を行う方法
スマホ本体の内部ストレージからデータをSDカードに移動する方法

目次:
方法1:USBでAndroidファイルを他のスマホやPCに転送
方法2:BluetoothでAndroidファイルを他のスマホやPCに転送
方法3:WiFiでAndroidファイルを他のスマホやWindows PCに転送

方法1:USBでAndroidファイルを他のスマホやPCに転送


一般的に、USBケーブルを介してファイルをAndroidスマホからパソコンに転送することができます。AndroidとWindows PCをUSBケーブルで繋ぎましょう。Android側で出てきた「USB接続の用途」のポップアップで「ファイル転送モード(MTP)」を選択すると、AndroidスマホがWindows PCに認識されます。Windows PC側でAndroidのアイコンをダブルクリックし、展開されたAndroidストレージ内のファイルを直接にPCにドラッグで転送することができます。

Android エクスプローラー

そのほか、USBケーブルでAndroidファイルをスマホ間で転送することができます。なお、ほかのソフトを利用すると、AndroidのファイルをiPhoneに簡単に転送することも可能です。

AndroidのファイルをiPhone・Androidに転送するツール


FonePaw DoTrans」を利用すれば、2台のスマホ(AndroidかiPhone)をUSBケーブルでPCと接続することで、簡単にファイルを2機の間に転送することができます。AndroidからAndroidでも、AndroidからiPhoneにも対応しています。もちろん、iPhoneからAndroid、iPhone同士の転送も可能なので、複数機種を利用する方には最適です。また、PCへの転送も可能なので、1台スマホとの活用でもおすすめできます。

Windows Version Download

1.Androidスマホを接続
PCで「FonePaw DoTrans」を立ち上げ、USBケーブルでAndroidスマホを接続します。Androidスマホは検出され、中身のデータを一覧できるようになります。

android 接続

2.転送したいファイルを選択
写真ファイルを例とします。「写真」タブをクリックして、転送したい写真にチェックを入れます。もしPCに転送するのであれば、「PCへエクスポート」をクリックしてください。

Android 写真 PC 転送

もしほかのスマホへ転送するのであれば、転送元のAndroidを繋いたまま、もう一本のUSBケーブルで、転送先のAndroid・iPhoneも接続してください。そうすればメニューにある「デバイスへエクスポート」のボタンがクリックできるようになり、転送先のスマホに転送できます。

ツールなしの場合、ファイルをPCに転送して、またPCからファイルをもう1台のAndroidにコピー、あるいはiTunesに通じてiPhoneへ同期しなければならないので、不便です。「FonePaw DoTrans」ならば、このように簡単にファイルの転送が可能になります。

Windows Version Download

方法2:BluetoothでAndroidファイルを他のスマホやPCに転送


インターネットに接続できない場合は、BluetoothでAndroidファイルをスマホの間でまたはPCに転送することができます。

ブルートゥースでデータをAndroidスマホ間で転送する手順


先ずは、両方のAndroidスマホでネットワーク設定画面にあるBluetoothスイッチをオンにしましょう。または、2本指でスマホ画面の頂部から下にスワイプし、ステータスバーに表示された「Bluetooth」のアイコンをタップして点灯することもオケです。

Android メニュー bluetooth

こうすると、周辺の使用可能なデバイスが表示されます。その中から接続したいスマホを選択し、出てきたポップアップにある「ペア設定する」>「OK」ボタンをタップします。

Android bluetooth ペアリング

発信側のAndroidスマホで転送したいファイルを選択してから画面底部の左から一番目の「共有」ボタンをタップし、アプリケーションの一覧から「Bluetooth」を選択してください。

Android bluetooth 共有

受信側のAndroidスマホで受信通知がステータスバーに表示されます。「承諾」をタップして転送を許可すれば、Androidスマホ間のファイル転送が始まります。

Android bluetooth 受信

ブルートゥースでAndroidファイルをWindows PCに転送する手順


上記の通り、Android側でBluetoothのスイッチをオンにしておきましょう。
PC側では「PC 設定」 >「PC とデバイス」>「Bluetooth」>「デバイス選択」>「ペアリング」の順に選択してください。パスコードを確認してから「はい」をクリックします。
Windows PC側でカスタマイズアイコン>Bluetoothマーク>「Bluetoothデバイスの追加」をクリックしてAndroidのファイルを転送します。

Bluetoothデバイスの追加

ファイルの保存先も設定できます。

Bluetoothデバイスの追加

BluetoothでファイルをAndroidスマホ同士の間、またはWindows PCに転送することができますが、AndroidスマホとiPhone間のファイル転送は無理です。また、ペアリングがうまく行かない時もあり、場合によっては使いにくいです。

方法3:WiFiでAndroidファイルを他のスマホやWindows PCに転送


USB とBluetoothの以外、WiFiを介してAndroidのデータを他のスマホやWindows PCに無線転送することもできます。「Xender」や「Send Anywhere」のようなアプリケーションを利用すると、WiFiでAndroidファイルを転送できます。

「Xender」
「Xender」とは、Androidスマホ・iOS・Windows PCの間にファイルを転送できる無料アプリです。Playストアから「Xender」をインストールした後、起動します。
画面の右上にあるスイッチを右にスライドすることで「PCと接続します」をタップしましょう。Windows PCのブラウザに指定のアドレスへアクセスします。QRコードがWindows PC側に表示されます。スマホ側でスキャンして接続が成功したら、ポップアップにある「スタート」をクリックしてください。続けて、転送したいファイルにチェックを入れて転送ボタンをクリックします。

Xender

転送を中止したいまたは転送が完了した後、Androidスマホ側で画面底部の「接続切れ」ボタンをタップすればいいです。

「Send Anywhere」
こちらは韓国製のアプリです。使い方も「Xender」と似ていますが、QRコードいではなく6桁のキーでの接続が特徴的です。「Send Anywhere」アプリをAndroidスマホにインストールしておきましょう。Windows PC側で指定のサイトにアクセスします。準備ができたら、Androidスマホ側で「Send Anywhere」アプリを開き、転送したいファイルを一つまたは複数を選択し、「送信」をタップします。生成された6桁のキーを暗記し、Windows PC側の「Send Anywhere」サイトの受信欄に入力します。キーの有効期限が10分しかないことに注意してください。Windows PCで受信ファイルが自動的にダウンロードされます。転送が完了したら、Androidスマホで送信履歴を確認することができます。

Send Anywhere 転送

結局USB/Wi-Fi/bluetoothのどっちがいい?


簡単にまとめると、ファイルの数が多く、長時間の転送であれば、やはりUSBケーブルの転送がおすすめです。特にAndroidとPCの転送は、USBケーブルが手っ取り早い。しかし、一個や2個のファイルの場合、USBケーブルを引っ張り出すのにも面倒な時もあるでしょう。そういう時は、Wi-Fiかbluetoothを使えば、すぐに済んで便利です。また、bluetoothは転送速度が遅いので、ネット環境がない時の応急処置と見てもいいでしょう。


評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾