PCからiBooksにPDFを転送する方法と言えば、最初に頭に浮かぶ対処法がiTunesのことでしょう。確かに、iTunesは転送方法の一種です。12.6以前のバージョンのiTunesでパソコンからiPhone/iPadのiBooksにPDFを転送することができます。iTunesを起動してから、画面の左上の「ファイルをライブラリに追加」を選択し、ライブラリに追加したいPDFファイルを選択します。そして、iPhoneとPCを接続し、「iPhone」→「ブック」→「ブックを同期」を選択すれば、PDFを転送できます。

iTunes iBooks 転送

しかし、iTunesを12.6から12.7にアップデートしたら、この機能は一覧から消えてしまいました。つまり、この機能が新しいバージョンから削除され、iTunesからiPhone/iPadのiBooksにPDFを転送することが無理になりました。iTunesを使わないでパソコンからiPhone/iPadのiBooksにPDFを転送するには別のサードパーティアプリを利用しなければなりません。

これから、有線と無線の二つの方法で、PCからiPhone/iPadのiBooksにPDFの転送、iPhone/iPadからPCにPDFの転送方法を分かりやすく紹介します。

関連記事:
EPUBをPDFまたはPDFをEPUBに変換する方法
削除したPDFを復元する手順
iPadで電子書籍を読むなら?オススメアプリと読む方法を一挙紹介!

iTunes使わないで有線でiPhone/iPadのiBooksにPDFを転送する


FonePaw iOS転送」を使えば、PCからiBooksにPDFを転送でき、iBooksアプリからPCにPDF/ePubの転送もできます。更に、iOSデバイス同士の転送にも対応しています。


Windows Version DownloadMac Version Download

ステップ1.iPhoneをPCに接続する。
まず「ダウンロード」ボタンをクリックして、「FonePaw iOS転送」をパソコンにダウンロードします。そして、iPhoneをケーブル経由でPCに接続し、「FonePaw iOS転送」を起動します。
PCからiBooksにPDFを転送する方法はステップ2を参照してください。iPhoneからPC/iTunesにPDFを転送する方法はステップ3をご覧になってください。iPhoneからiPod touch、iPadにPDFを転送する方法はステップ4をご覧ください。

iPhoneをPCに接続

ステップ2.PCからiBooksにPDFを転送
「ブック」→「追加」→「ファイルを追加」の順にクリックすれば、PCからiBooksにPDFファイルを転送することができます。フォルダー単位で特定のブック(電子書籍/PDF)をiPhoneに転送したい場合は、「フォルダを追加」をワンクリックして、フォルダーを選択してください。

PCからiBooksにPDFを転送

ステップ3.iPhoneからPC/iTunesにPDFを転送
左側の「ブック」を選択します。「エクスポート」→「PCにエクスポート」/「iTunesにエクスポート」をクリックすれば、iPhoneからPC/iTunesにPDFファイルを転送し始めます。

iPhoneからPC/iTunesにPDFを転送

ステップ4.iPhoneからiPadにiBooksのPDFを転送
左側の「ブック」を選択します。「エクスポート」→「iPad Air」をクリックすれば、手取り早くて複数のPDFファイルをiPadに転送することができます。

iPhoneからiPadにiBooksのPDFを転送

今すぐダウンロードして体験してみませんか。Windows/Mac両方で使えます。PDF以外、EPUBファイル、音楽・写真・連絡先などの転送も可能。


Windows Version DownloadMac Version Download

iTunes使わないで無線でiPhone/iPadのiBooksにPDFを転送する


アプリ「Documents by Readdle」ならば、Wi-Fi経由、つまり無線でiTunesを使わないでiPhone/iPadとPC間でPDFを転送できます。V6.5の「Documents by Readdle」に「Wi-Fi 転送」機能が搭載されています。iTunesを使わないで一つ或いは複数のPDFファイルをiPhone/iPadのiBooksからWi-Fiに接続しているMacやPCに一括で転送したり、または逆にPDFを転送したりすることが可能になります。また、PDF以外のほとんどのファイル形式の転送にも対応しています。

「Documents by Readdle」の具体的な使い方はこちら:
1.先ずは、iPhone/iPadで「Documents by Readdle」アプリを開きます。
2.次に、MacやPCのブラウザで「Documents by Readdle」の公式サイトDocstransfer.comにアクセスします。

3.iPhone/iPadで「Documents by Readdle」の画面底部の「サービス」タブをタップします。
4.サービス一覧から「Wi-Fi転送」という項目を選択してください。こうすると、「“Documents“がカメラへのアクセスを求めています」のポップアップが出てきます。「OK」をタップして許可します。
5.PCでのQRコードをiPhone/iPadのカメラ枠に入れてスキャンを行います。

Wi-Fi転送 QRコード

6.「接続中」状態になり、接続が完了するまで少々お待ちください。このステップでiPhone/iPad画面底部の「キャンセル」ボタンをタップすることで接続を中止できます。

Wi-Fi転送 接続

7.「接続済」が表示されると、iPhone/iPadとPC間が接続成功です。PDFをPCからiPhone/iPadに転送したい場合は、ブラウザでPDFファイルを直接にドラッグ&ドロップか、「ファイルをアップロード」をクリックすればよいです。

Wi-Fi転送 ブラウザ

8.そしてブラウザからiPhone/iPadのファイルの一覧が見れるので、ファイルを右クリックして「ダウンロード」ボタンをクリックすれば、iPhone/iPadらPDFをPCに転送することができます。

接続を解除したあと、iPhone/iPad側の「Documents by Readdle」で、「書類」タブ→PDFファイル詳細画面→右上の三点リーダー→「共有」→「ブックにコピー」でiBooksにPDFファイルを移動できます。

Wi-Fi転送 共有

二つの方法のいいところと悪いところ


「FonePaw iOS転送」なら、ケーブルですぐに接続でき、転送速度と安定性が良く、複数のPDFファイルでも一気に転送することができます。iPhoneからPCへPDFを転送するのも、PCからiPhoneへ転送するのも、操作上大差ありませんのでわかりやすい。更に、iOSデバイス同士の間でファイルの転送も可能。また、ファイルは直接iBooksに移動されるので、iBooksで読みたい方には手間が省けられます。

「Documents by Readdle」は無線で転送でき、有線で繋ぐ手間が省けられますが、ネット環境がない時には利用できません。また、アプリ側からPC、別のアプリへ転送する際、手動でファイルを一つずつ選択する必要がある不便さもあります。iBooks以外のアプリにもファイルをコピーできますので、iBooks以外の読書アプリを利用してPDFを読む場合はとてもおすすめです。

手元にUSBケーブルを持っているかどうか、Wi-Fi環境が備えて要るかどうかを見て、方法を選択してください。

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾