撮影・録画した動画の不要なパートをカットするためには、「トリミング」機能がよく利用されます。動画の一部だけ切り取って保存したいなら、ここから紹介するFonePaw社の開発した「PawEditor」のトリミング機能を利用して手元の動画を無劣化かつ簡単に編集する方法をお試しください。

トリミング関連記事:
iPhoneで写真を加工する方法
【2019最新】動画音声編集ソフトオススメ・この一本で決める!
Windowsで画像をトリミング(切り抜き)する方法

「PawEditor」は強力動画作成ソフトとして、様々の動画編集機能を搭載しています。動画の不要なシーンを消して、必要な部分だけを保留することは言うまでもなく簡単に実現できます。まずはPawEditorをパソコンにインストールしてから、動画素材のトリミング・カットを始めましょう。

「PawEditor」の無料試用版ダウンロード:

Windows Version Download

「PawEditor」で動画をトリミングする方法


PCにインストールしたソフトを実行した後、まずは「新規プロジェクト」を作成してください。

その後、頂部の「インポート」をクリックすれば、トリミングしたい素材を「ライブラリ」に追加することができます。

動画 インポート

「ライブラリ」に追加した素材は右クリックして「ソースをラフカット」で編集できます。

ビデオ ラフカット

「ラフカット」画面に再生バー上のクリップを移動することで素材をトリミングすることが可能です。

動画 ラフカット

これだけではトリミングした動画を出力できませんので、素材をタイムラインにドラッグしてください。

動画 タイムライン ドラッグ

トラックに追加した素材を選択し、カーソルを分割する位置に移し、そして左側の編集欄上の「カット」ボタンを押せば、素材が分割されます。

トラック カット

分割された余計なパートは「削除」ボタンを押して消すことができます。「カット」と「削除」機能を活用すれば動画の保存したいパートだけトリミングすることができます。

素材 削除

動画のトリミングが完成して、不要な部分を全部切り取ったら、頂部の「エクスポート」ボタンを押して、トリミングした動画を出力します。

エクスポート

カット・トリミング機能のほかに、「PawEditor」には様々な動画編集もありますので、それらを活用して素敵な動画を作成してみましょう。

「PawEditor」チュートリアル:

「PawEditor」紹介記事

「PawEditor」の無料試用版ダウンロード:

Windows Version Download

iPhoneで動画をトリミングする方法


iPhoneで動画の不要なシーンを切り抜きたい場合には、直接「カメラロール」アプリの「編集」を押して動画をトリミングでき、開始・終了の位置を設定することができます。

iPhone トリミング

もしカメラロールのトリミング機能だけでは満足できないなら、専門的な動画編集ツールの機能で動画をカットすることをお勧めします。プロ級の動画編集アプリは初期搭載した「カメラロール」と比べてより本格的な動画編集機能と特殊効果が搭載しています。

(1)万能な動画加工アプリ「VivaVideo」


多機能な動画作成・編集アプリとして、「VivaVideo」は便利な動画編集機能だけではなく、たくさんの動画編集チュートリアルも用意しています。トリミング機能のほかに、BGM素材と特殊効果もいっぱいあり、使いやすいので動画編集初心者でも楽にiPhoneビデオを加工できます。

VivaVideo トリミング

(2)簡単なビデオ編集アプリ「InShot」


動画と写真に対応する加工アプリとして有名な「InShot」は豊富なスタンプ・BGM・効果音・エフェクトを収録しています。トリミング・カット機能で動画の不要なシーンを切り抜くほかに、可愛いデコ素材を利用すれば手軽にiPhoneビデオをよりオシャレにすることができます。

InShot トリミング

トリミングとクロップの違い


一般的に、トリミング(trimming)は動画の長さを調整するとのことで、クロップ(crop)は動画・画像の画面の不要なパートをカットして削除することです。「動画画面の切り取り」の操作手順については動画をクロップする方法を参考にしてください。

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾