PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

iPhoneのズームは画面上の文字を読みやすくするため、iOSユーザーにとって非常に便利な機能です。しかし最近、iPhoneユーザーはズーム機能の問題に困られています。

例えば、iPhone画面を拡大しようとするが、すると拡大せずに他のアプリを開いてしまったことがあります。または、ズーム機能の使用中にiPhone画面がランダムにズームオンしたりフリーズしたりします。では、どうやってズームにそういう問題を解決したらいいですか。この記事では、五つの解決方法を紹介します。iPhoneだけではなく、iPadにも応用できますよ。

•解決策1 3本の指でズームモードを解除します

冗談だと思われますが、多くの場合、iPhone画面を通常の状態に戻すには、この方法は一番有効です。3本の指でiPhone画面をダブルタップすればいいです。

iPhone画面を通常の状態に戻す

画面に問題がなければ、通常の表示モードに戻ることができます。戻らなくても、続いていろいろな解決方法があるので、心配する必要がありません。

•解決策2 ホームボタンを3回押します

iPadのズーム機能に問題がある場合は、ホームボタンを3回押せば解決できます。それが機能しない場合は、ズーム機能が正しく設定されているかを確認してください。以下の流れに従って設定してください。

ホームボタンを3回押す

ステップ1 iPadの「設定」を開きます。

ステップ2 次に、「アクセシビリティ」メニューを開き、「AssistiveTouch」をオンにします。

ステップ3 ユーザビリティキーをタップして、ホームボタンのトリプルキリックをズームアクションに設定します。そうすると、ホームボタンを3回押して画面を拡大したり、縮小したりことができます。もし、機能しないなら、他にもいくつかの解決策があります。

•解決策3 iPhone/iPadを出荷状態にリセットします

これはおそらく、iPhoneを修復しようとするときに使用する最後の方法です。まず、ファイルをバックアップしてから、iPhoneの設定を初期化することをお勧めします。そのあと、以下の手順に従ってください。

ステップ1 iPhoneの「設定」を開き、「一般」メニューに入ります。

ステップ2 「リセット」ボタンを押します。

ステップ3 最後、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。その後、デバイスが出荷時の状態に戻るまで数分待ちます。

すべてのコンテンツと設定を消去

•解決策4 iPhone/iPadを強制的に再起動します

すばやくて、そして操作も簡単な方法はもう1つあります。それは、iPhoneを再起動することです。トップボタンとホームボタンを同時に約10秒間押して、強制的にデバイスの電源を切ります(押すボタンは機種によって違うので、前もって確認してください)。

強制的に再起動

また、トップボタンを数秒間押すと、アップル会社の白いリンゴロゴが画面に表示されます。これで、問題が修正されるはずです。

•解決策5 ワンクリックでズーム画面のフリーズを解除します

前の方法よりずっと素晴らしくて、切り札だといえる解決策を紹介します。それは、FonePaw iOSシステム修復です。FonePaw iOSシステム修復は、iPhone 11/X/8/8Plusの問題のほとんどを修正できるツールです。このツールは、iPhoneをリカバリモードから解除したり、フリーズされたiPhoneを修復したりするなど、iOSの問題を解決できます。

Windows Version DownloadMac Version Download

iPhone画面が動かなくなっても、心配する必要はありません。ソフトの指示に従えば、問題を順調に解決できます。

ステップ1  FonePaw iOSシステム修復を起動して、「スタート」をクリックします。

FonePaw iOSシステム修復

ステップ2 デバイスをコンピューターに接続します。

「標準モード」を選択して、「確認」をクリックします。

標準モード

注:「標準モード」ならばiPhoneのデータは削除されませんが、「高級モード」ならばすべてのデータは消去されます。

ステップ3 デバイスをリカバリ/DFUモードに設定します。

ソフトウェアがiPhoneの問題を解決し終わるまで、画面の指示に従ってiPhoneをリカバリモードにしてください。iPhoneがリカバリモードに入ることができない場合は、DFUモードに入る方法も示されます。

リカバリモード

ステップ4 ファームウェアをダウンロードします。

次に、デバイスに関する情報が詳しく表示されます。情報が正しいかどうかを確認してください。何か違いがある場合は、正しいものを選択してください。次に、「修復」を押して、デバイス対応のファームウェアをダウンロードします。

ステップ5 デバイスを修正します。

ファームウェアのダウンロードを開始し、コンピューターを修復します。すべての操作を監督する必要があります。ネットワークへの接続を切らないように、十分ご注意ください。プロセスが完了すると、iPhoneは再起動して、通常の状態に戻ります。そして、すべてのデータが安全に保存されます。

評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾