PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

iPhoneやiPadなどのiOS端末を利用しているうちに、「Apple IDがロックされています」というエラーメッセージが表示されてしまう場合もあるでしょうか。なぜこのエラーが発生しますか。そして、このエラーメッセージを解決するためには、いったいどうすればいいのでしょうか。ここではApple IDロックの原因と解除方法について紹介します。


Apple IDがロックされている原因

Appleアカウントのパスワードを入力する時には間違えて入力する回数が多すぎる場合、或いはApple StoreやiTunes StoreでApple IDが不正に利用される場合、Apple IDがロックされて、「セキュリティ上の理由により、Apple IDがロックされています。」というエラーメッセージが表示される可能性が高いです。

Apple IDロックを解除する方法

Appleアカウントのパスワードをリセットすると、Apple IDのロックも解除されますので、ここではAppleアカウントのパスワードをリセットするやり方について紹介します。

1、「設定」アプリを起動し、「ユーザ名」>「パスワードとセキュリティ」>「パスワードの変更」の順にタップします。
2、iCloudにサインインして、そしてパスコードがオンになっているなら、端末のパスコードを入力する必要があります。
3、端末画面上の手順に従ってパスワードをリセットします。

パスワードの変更

そのほか、Apple公式サイトの「iForgot」で、Apple IDとAppleアカウントに関連する電話番号を入力してから、iPhone・iPadに表示される操作手順でパスワードをリセットすることで、ロックされているApple IDを解除するのも可能です。

Apple IDでサインインしたiPhoneやiPadを利用できない場合、新しいiOS端末や他人のiOS端末を通じてパスワードをリセットするのも可能です。

アクセスできません

もしこの方法でもパスワードをリセットできないなら、専門的なiOSロック解除を通じて、直接Apple IDをデバイスから消去してから、新たなApple IDで端末にサインインすることで問題を解決できます。次にはそのやり方について説明します。

Apple ID消去でApple IDロックを解除する

Apple ID消去機能が搭載しているソフト「FonePaw iPhoneロック解除」を通じては、ロックされているApple IDをiPhoneやiPadから消去することができます。もし興味があれば今すぐソフトをダウンロードして、試用してみてください。

Windows Version DownloadWindows Version Download

ステップ1、インストール済みの「FonePaw iPhoneロック解除」を起動し、メイン画面の三つの機能から「Apple ID消去」を選択します。次にはApple IDがロックされているiPhoneやiPadをパソコンと繋ぎます。

iPhoneロック解除

ステップ2、iOS端末が「FonePaw iPhoneロック解除」に検出されたら、デバイスで「信頼」を押して、ソフト画面での「完了」を押します。

完了

ステップ3、ソフトのApple ID消去機能を利用する前の注意事項を読んでください。「Apple ID消去」機能を利用すればiPhoneに関連したApple IDを直接消去し、iPhoneでのすべてのデータも消去されます。そして、Apple ID消去機能を実行するためには最後までiPhoneとパソコンを接続し続けます。では、「スタート」を押してください。

スタート

ステップ4、Apple ID消去の結果は端末のiOSバージョンと設定によって違います。

「iPhoneを探す」がオフになっている場合、Apple ID消去が成功し、デバイスでのデータもすべて削除されます。iPhoneやiPadはリセット(初期化)されて、デバイスが再起動され、初期設定画面になります。

初期化成功

「iPhoneを探す」がオンになっているなら、iOS 11.4以前のバージョンはApple IDを削除できますが、iOS 11.4以降のバージョンの場合には「デバイスをサポートしません!」表示されます。

「FonePaw iPhoneロック解除」でApple IDを消去した後の注意事項

このソフトでApple IDを消去した後、次のことを注意してください。

1、これからはiTunesでiPhoneを復元・更新しないでください。
2、これからはiPhoneでの「すべてのコンテンツと設定を消去」機能を利用しないでください。

二つの操作はどちらでも元のApple IDをiOSデバイスに永続的に関連させます。iPhoneやiPadを起動する時にはまだ元のApple IDやパスワードを入力するステップに入ります。そうしたら、何度もApple IDやパスワードを間違えて入力して、再びApple IDがロックされてしまうリスクがあります。

Windows Version DownloadWindows Version Download

評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾