X
年始年末セール

最近、動画ブログ(Vlog)が流行っています。旅行とか、お祭りとか、日常の面白いことをビデオカメラで記録した後、YouTubeなどのサイトに投稿するも増えてきました。確かにビデオカメラで記録したありがたいビデオデータやMP4動画を編集して、アップロードすることで他人と楽しい思い出をシェアできますね。

ところで、ビデオカメラで撮影したいくつかのビデオデータの中で、不要の映像データもあります。でも録画したファイルはデフォルトで数字で名前を付けられているので、映像データを開かないと、中のデータは必要かどうか、確認しにくいです。その時、必要のデータを不要のデータと間違えて、削除した場合も時々あります。

でも、消えたデータはまだ見えない形式でビデオカメラにあるかもしれません。ですから壊れたビデオカメラに保存してあるはずのデータを見つからなくても、諦めるというならまだ早いです。その場合すべきなのは一刻も速くビデオカメラのデータを復元してみることです。この記事に従って、「FonePaw データ復元」でビデオカメラから消えたデータを復元してみましょう。

ソフトで気軽くビデオカメラのデータを復元する方法


「FonePaw データ復元」はデータを復元するのに作られたソフトです。画面は簡潔にデザインされ、誰でも簡単に操作できます。専門の復元ソフトとして、パソコンへの対応はもちろん、USBカード、SDカード、ビデオカメラなどのリムーバブルハードディスクから様々な形式のデータも気軽く復元できます。

 1、パソコンが対応のバージョンの「FonePaw データ復元」をダウンロードし、インストールします。

Windows Version DownloadMac Version Download

2、ビデオカメラをパソコンに接続します。パソコンに認識された後、ソフトを起動します。

3、ビデオカメラの消えたデータを復元しますので、ファイルのカテゴリで「ビデオ」に、デバイスで「リムーバブルハードディスク」にチェックを入れます。そして、「スキャン」でビデオカメラをスキャンします。

メイン 画面

4、スキャンが完成した後、ソフトはビデオカメラでから消えたデータを表示します。ここで消えたデータを見つかったら、該当データのアイコンにチェックを入れて、「リカバリー」を押します。

復元ファイル レビュー

5、しばらく待つと、リカバリー完了の画面が表示されます。ビデオカメラを開いて消えたデータが復元されたかどうか確認しましょう。

復元 完了

また、皆さんはこういうケースを目にあったことがありますか。録画した後、ビデオカメラを開いて見ると、保存されたはずの映像データを見つかりません。そしてビデオカメラが故障で録画できなくなったと思って、再びビデオカメラを起動して、試しに録画しました。

でも実は、このやり方はあまり良いとは言えません。なぜならば、本記事が最初にも言ったように、消えたデータはまだ見えない形でビデオカメラに存在します。でも新しいデータを保存すると、元のデータに上書きする可能性があります。

もしビデオカメラは録画できないのではなく、不意の削除でデーてが消えた場合、新しいデータを保存すると、元の映像データの復元は難しくなりますので、注意してください。

たとえやむを得ずデータが消えたビデオカメラを続けて使用しなければならなくても、他のSDカードを付けて録画しましょう。

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   1   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾