X
年始年末セール

このような状況にあったことはありますか:フラッシュドライバ、外付けドライバまたはSDカードをパソコンに挿入する時、Windowでポップアップが出てきて、「ドライバF:を使うにはフォーマットする必要があります、フォーマットしますか」を表示します。

Windows 10 ドライブ

もし「キャンセル」をクリックすると、「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません。必要なファイルシステムドライバーがすべて読み込まれているか、ボリュームが壊れていないか確認してください。」というメッセージが表示されます。ストレージはなぜ壊れてしまいましたか?対処法はこちら!

Windows ボリューム アクセス

一、「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」の原因
二、Chkdskユーティリティを実行してドライバを確認する
三、USBドライバをアップデート
四、RAWドライバーからデータを復元
五、ファイルシステムをリセット

パソコンで「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」が表示されたのはなぜ?


下記は可能な原因をいくつか紹介します。

1. ウイルス感染、PC或いはストレージデバイスにあるマルウェア:ストレージを他の電子デバイスに接続する際、ウイルスファイルが影響を受けるかもしれません。ウイルスのせいで、ファイルが隠され、破損され、または無効化される可能性があります。アンチウィルスソフトを利用して問題デバイスをスキャンしてウイルスやマルウェアを削除することがお勧めです。

2.ストレージデバイスが物理的なダメージを受けた:傷、摩耗、または衝突などの物理的なダメージが元凶かもしれません。こういう場合は物理的なメソッドを利用する必要があります。

3. ファイルシステムが破損され、またはドライバがロードされていない:システム転換失敗或いはドライバを適切にプラグしていません。その結果、ファイルシステムが破損され、システムファイルが間違って削除されたり、ドライバも正常に起動できなくなったりするかもしれません。

4.ファイルシステムはPCシステムとの間に互換性がない:互換性問題の発見はほとんどの場所でも可能です。

パーティションテーブルのデータが無くなったまたは不完全:パーティションテーブルデータのおかげで、システムがどうのパーティションから起動するのか認識できます。それがないと、ドライバを正常に読み込むことができません。

Chkdskユーティリティを実行してドライバを確認する


ディスクチェックを開始するために、先ずはPCのスタートメニューで右クリックしてコマンドプロンプト(管理者)を開きましょう。下記の二つのコマンドを参考してください。

chkdsk C: [Cはチェックしたいドライバのレターです。]

このコマンドを利用してドライバの完全性を確認できます。

chkdsk /f C:  [Cはチェックしたいドライバのレターです。]

このコマンドを通じて問題を検出して修復することができます。

上記の二つのコマンドから一つを入力し、「エンター」キーを押しします。

Windows ボリューム CMD

もし「ファイルシステムの種類はRAWです。RAWドライバにCHKDSKは使用できません。」というメッセージが表示された場合、このドライバがRAWで、フォーマットされていないということを意味します。フォーマットする前にドライバにあるデータを復元してください。

Windows ボリューム RAW

USBドライバをアップデート


もしUSBフラッシュドライバで「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません。」が表示された場合、この問題を修復するもう一つの方法はそのドライバをアップデートすることです。

PC画面の左下のスタートアイコンをクリックし、表示されたリストにある「コンピュータ」を右クリックして「プロパティ」を選択します。Windowsシステム画面で左バーから「デバイスマネージャー」を選択します。

Windows ボリューム マネジャー

「デバイスマネージャー」画面で「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」をクリックします。認識されたUSBドライバで右クリックした後、表示された「ドライバーソフトウェアの更新」という項目を選択して指示に従ってUSBドライバをアップデートしましょう。

Windows ボリューム ドライバー

RAWドライバーからデータを復元


「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」エラーに対して、上記のすべての方法が効かない場合は、大切なデータをRAWドライバから復元することがお勧めです。「FonePawデータ復元」はハードウェア、USBドライバ、SDカードからデータを簡単に復元できる専門アプリです。しかも、RAW、アクセスできない、または破損したドライバにも対応できます。このデータ復元ソフトを通じて失った写真、書類、ビデオもRAWドライバから復元可能です。

ステップ1.「FonePaw データ復元をPCにダウンロードしてインストールします。

Windows Version DownloadMac Version Download

ステップ2. 「FonePawデータ復元」を起動します。

ステップ3.このアプリを起動した後、復元したいファイルの種類にチェックを入れて選択することで検索範囲を絞り込むことができます。もちろん、念のためにすべての種類をチェックすることもできます。

データ復元 メイン画面

ステップ4.スキャンしたいドライバを選択します。

ステップ5.右下にある「スキャン」ボタンをクリックします。

ステップ6.スキャンが完了したら、削除されたファイルがすべてその種類やパスによって画面に表示されます。「タイプリスト」或いは「パスリスト」を選択することでファイルのプレビュー方法を決めます。

タイプリスト パスリスト

ステップ7.一覧から復元したいファイルにチェックを入れた後、右下にある「リカバリー」をクリックし、保存先を選択します。復元したファイルを二度と失わないように、安全性の高いドライバに保存してください。

Windows Version DownloadMac Version Download

ファイルシステムをリセット


「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」という問題を解決する最終手段はフォーマットでファイルシステムをリセットすることです。

PCのホーム画面で、マイコンピュータのアイコンを右クリックし、「プロパティ」を選択した後、左バーから「ディスクの管理」をクリックします。(Windows 7の場合)

Windows 7 プロパティWindows 7 ディスク 管理

または、スタートメニューを右クリックし、「ディスクの管理」をクリックします。(Windows 10の場合)

ディスク 管理

フォーマットしたいドライバのところで右クリックし、「ディスクの初期化」を選択します。

ディスク 初期化

表示されたポップアップウインドウで、名前、ファイルシステムタイプまたは割り当て単位のサイズなどのドライバ設定をリセットできます。設定する具体的な方法はこちら!

ディスク ウィザード

「次へ」>「完了」の順にをクリックします。

もちろん、コマンドプロンプト(管理者)を利用してドライバをフォーマットすることも可能です。

最後に、「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」エラーが表示された場合、それを修復する前にデータを復元やバックアップすべきことにご注意くださいね。なぜなら、この時代の最優先事項はデータだからです。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾