X
年始年末セール

パソコンを使う時、ZIP(ジップ)とRAR(アールエーアール)この二つの圧縮ファイルがよく見られます。名前通りで、この二つのソフトはファイルを圧縮するために生まれたのです。複数のファイルを一つフォルダに入れて、更に圧縮技術でファイルサイズを小さくさせられます。それで、ネットで配信、共有する時ユーザのダウンロード、コピーする通信時間が節約できます。

ところで、頻繁にUSBなどの記憶装置を取り出すことや、何か故障で「ソースファイルが紛失/破損された」と表示され、ZIPファイルを開けなくなったことがあります。また、ZIPファイルは中身をプレービューできないため、特別な名前をつけないと、誤操作でZIPファイルを削除する時もあります。

今回はパソコンで破損・削除されたZIPファイルと修復する方法と復元ソフト「FonePaw データ復元」でZIPとRARファイルを復元する方法です。ここで紹介した方法はZIPとRARも復元することが可能ですので、気軽くこの記事を読みましょう。

目録:

一、ZIPとRARの違い?
二、RARでZIPをァイルを修復する方法
三、ソフトでZIP・RARファイルを復元する方法

一、ZIPとRARの違い?


ZIPとRAR両方ども複数のファイルを一つのファイルにまとめて、更に圧縮処理を通じてファイルのサイズを減らせるソフトです。

ZIPは1989年に開発された以来広く利用されています。WindowsとMacに標準搭載されている圧縮ファイルはZIPファイルです。

一方で、有料のRARはZIPよりも圧縮率が高い、圧縮も速く、ZIPのない動画圧縮機能もありますので、使う人も少なくないようです。

zip ロゴ

二、RARでZIPをァイルを修復する方法


ZIPファイルを起動しようと、ソフトは「ソースファイルが紛失/破損された」というエラーを表示する原因と言えば、いくつかあります。

ウイルスの感染とか、転送エラーとか、前文に言った頻繁にUSBを直接パソコンから取り出すことなどもZIPファイルを破損させる可能性があります。

幸いなことに、破損したZIPファイルに対して、RARで簡単に破損のZIPファイルを修復する方法があります。

1、破損したZIPファイルをRARで開きます。中のデータは破損していませんね。

zipファイル 開く

2、ZIPファイルの全体データを修復する場合画面の空いているところで右クリックします。ポップアップから「書庫を修復」をクリックします。

書庫 修復

3、ポップアップで「破損した書庫をZIPとして扱う」にチェックを入れて、参照から保存先を設定した後、「OK」を押します。

破損書庫 設定

4、新しく作成されたZIPファイルの前に「rebuilt」って書いてあります。

新しい ファイル

三、ソフトでZIP・RARファイルを復元する方法


頻繁にSDカード、USBカードなどをパソコンから取り出すことで、中に保存されたZIP、RARファイルを破損させる可能性もあります。この場合、「FonePaw データ復元」を利用すれば、簡単にZIP・RARファイルを復元できます。

また、ZIPファイルは中が見えないので、特別な名前を付けて注意しないと、不要なデータと間違えて削除してしまいますね。もちろん、ZIP・RARを削除する場合、このソフトでも対応できますので、誤ってZIP・RARを削除する時も是非このソフトを使ってください。

1、「FonePaw データ復元」をダウンロード・インストールします。

Windows Version DownloadMac Version Download

2、ファイルの種類で「その他」にチェックを入れます。それで、ZIP・RARが保存したディスクを選択します。そして「スキャン」を押します。

メイン画面 データ選択

3、ソフトが該当ディスクをスキャンした後、ソフトの画面は下のようになりました。左側の「その他」をクリックして、右側から破損したZIP・RARを探しましょう。復元したいZIP・RARファイルにチェックを入れて、「リカバリー」で元の保存場所に復元しましょう。

復元 プレビュー

4、そして、ZIP・RARファイルが復元されました。

復元 完成

以上は破損・削除されたZIP(圧縮)ファイルを復元する方法でした。もし役に立てれば良いと思います。ソフトの使用上何か分からないところがあればどうぞコメントで教えてください。

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾