X

x-アプリは、ソニーが開発された、音楽のソフトウェアです。x-アプリを使って、パソコンで写真や音楽などの管理ができ、ウォークマンやXperiaなどのソニー製品を使っている人ならとてもお馴染みのソフトです。しかし、例えば長年ウォークマンを使って音楽を聞きますが、最近はiPhoneに変更した場合は、どうやってx-アプリから、予め取り込んでだ音楽を入れられるのでしょうか。もう一度CDから取り込むには、時間やお金が掛かりますし、不便です。


    今回紹介するのは、x-アプリから、「FonePaw iOS転送」を使って、便利にx-アプリからiPhoneに音楽を転送する方法です。x-アプリの中の音楽はパソコンに保存されているため、「FonePaw iOS転送」を使えば、簡単な手順で音楽ファイルを入れられます。iTunesに音楽を移し直しや、CDからもう一度コピーする手順なども特に要りません。早速その方法を見てみましょう。


Windows Version DownloadMac Version Download

x-アプリの音楽をiPhoneに転送する


ステップ1:x-アプリの音楽の保存先を確認
まずは、x-アプリの音楽ファイルがどこにあるのかを確認しないといけません。x-アプリを起動し、ライブラリーから転送したい音楽を選択してください。そしてメニューの「編集」から「プロパティ」をクリックし、「ファイル情報」の「場所」から、ファイルの保存先を確認できます。


ステップ2:「FonePaw iOS転送」を起動
ファイルの確認ができたら、「FonePaw iOS転送」をパソコンにインストールし、起動させます。そして、iPhoneをパソコンと接続します。

「FonePaw iOS転送」を起動

ステップ3:x-アプリから音楽をiPhoneに入れる
「メディア」→「音楽」の順でクリックすれば、iPhoneの中の音楽の一覧が見えます。「追加」ボタンをクリックして、先ほど確認してあった音楽の保存先から転送したい音楽を選択して、追加しましょう!

x-アプリから音楽をiPhoneに入れる

「プレイリスト」の方でiPhoneのプレイリストを作成して、プレイリストから入れるのもできます!

プレイリストから入れる

ご注意:一部、著作権によって保護されたファイルが追加不可な場合があります。


「FonePaw iOS転送」について
FonePaw iOS転送」は、iOS専門の管理ソフトであり、iPhone・iPad・iPodを自由に管理することができ、音楽や写真などのデータを追加することができます。x-アプリからiPhoneはもちろん、iPod・iPadなどもできますので、ウォークマンからiPodへ変更する場合もお役に立てるかもしれません!


Windows Version DownloadMac Version Download


ATRAC(.oma)ファイルをMP3に変換する方法


Xアプリで取り込んだCDの音楽は、自動的にATRAC(拡張子.oma)のファイルとして取り込まれます。この形式の音楽はiPhoneに認識されませんので、移動する時、MP3に変換するほうが便利です。ソニー公式からも変換ツール「MP3 Conversion Tool」が提供されていますので、そのやり方を見てみましょう。


1.「MP3 Conversion Tool」をダウンロードします。(英語ページですが一番下にダウンロードボタンがあります)
2.「MP3 Conversion Tool」を起動して、「次へ」をタップして「フォルダを指定して変換する」を選択します。
3.変換したいファイルが保存されたフォルダにチェックを入れて次へ。
4.「ファイルの保存先」を指定し、「ビットレート」を選択します。(数値が高い方が音質がいいです)
5.「開始」をクリックすれば変換が開始されます。


ファイル名に注意

ご注意:ファイル名にドイツ語文字など「アルファベットの上に点点」がある文字がある時、変換が失敗する報告があります。変換が上手く行かない時は、ファイル名をチェックしましょう。


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   3034   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ