X
年始年末セール

夜にiPhone、iPadでWEBを見る時や歌を聞く時、きっと画面を明るいすぎるにしたくないでしょう、その時直接明るさ調整でスクリーンを暗くにできますが、画面の明るさを一番暗くにするでも、まだ明るいすぎると感じるなら、どう解決すればいいか?実はiOS10にスクリーンを更に暗くできる新機能が追加された、しかし多くのユーザーはこの機能が知らない、この機能はどうやって使うかを知りたい方は、早速この記事でiOS10のこの隠し技について勉強しましょう。


iOS対応説明:
本記事の適用範囲はiOS10以降のデバイスです


iOS10の明るさを更に暗くする設定


Step1▼「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ディスプレイ調整」の内で、「ホワイトポイントを下げる」をオンして、更に下の数値を100%までに引きます。

ディスプレイ調整


Step2▼設定完成後、次のショートカットキー機能を起動し、「設定」>「普通」>「補助使用」>「ショートカット」まで、「ホワイトポイントを下げる」を選びます。

ホワイトポイントを下げる


iOS10明るさは更に暗くする技使い方


Step1▼まずは画面の底から上へスライドしコントロールセンターを開き、スクリーンの明るさを暗くします。

スクリーンの明るさを暗く


Step2▼HOMEボタンを3回連続押します。


Step3▼左のはシステム設定で明るさを最低にした画面で、右のは更にホワイトポイントを下げた画面です、明らかに更に暗くになったでしょう。

更に暗くになった


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾