X
年始年末セール

Macでのアプリのアンインストールはすごく簡単で出来そうに見えるが、ホントのところ、アプリをゴミ箱へドラッグ&ドロップすることで削除されるのはアプリ自体だけで、アプリに関連するファイルがいっぱい残されています。ここからMacからアプリをアンインストールする方法とその過程でMacのアプリ管理ソフトを使う必要性を詳しく紹介します。



    Macでアプリをアンインストールする方法




Windowsシステムのパソコンを使ったことのある方なら分かる、MacのパソコンではWindowsのような「プログラムのアンインストール」パネルみたいなものがありません。Mac OS X/macOS Sierra のパソコンでアプリをアンインストールするには:



1.Finderに入り、アプリケーションフォルダを選択します;
2.削除したいアプリを検索します;
3.そのアプリのアイコンをゴミ箱までドラッグ&ドロップします。或いはそのアイコンに右クリックして、「ゴミ箱へ入れる」を選択します。



アプリをアンインストール



この「ドラッグ&ドロップ」方式で削除されるのはあくまでアプリの本体だけです。Macにはまだそのアプリに関連する環境設定ファイルやサポートファイルなどがたくさん残っています。そんないらなくなったファイルでMacの空間が少なくなったのは誰でも嫌がるでしょう。



アプリの環境設定ファイルとサポートファイルはuser's/Library/Preferences/ と/Library/Application Support/の二つのフォルダで保存することが多いので、自力でFinderからそれらのファイルを見つけ出し、削除することもできます。



でも数多くのファイルの中から削除したいアプリのファイルを特定することは、一般なユーザーにとって極めて困難なことだと思います。ちょっとでもミスしたら、アプリのファイルの代わりに大事なMacのシステムファイルが削除されることも可能です。そこでアプリ管理ソフトの出番です。アプリ管理ソフトを使えば、アプリ本体はもちろん、Macに残るアプリファイルも一斉に削除できます。



    アプリ管理ソフトを使って、Macからアプリを完璧にアンインストールする




Macからアプリを完璧削除するには、FonePaw MacMaster「アンインストーラ」機能が必要です。このソフトは:



・Macにある全てのアプリケーションとそのファイルを探し出せます;
・そのアプリを日時とサイズの順で並び替えられます;
・ワンクリックでアプリと対応のファイルを削除できます。



アプリのアンインストールしかできない他のアプリ管理ソフトと違って、「FonePaw MacMaster」はシステムファイル、複数あるファイルや大きすぎるファイルの削除にも役立つ素晴らしいソフトです。



Mac OS 10.10とその後のバージョン (macOS Sierra/OS X Yosemite/El Capitanなど)に対応できるこの「FonePaw MacMaster」は無料でダウンロードできます。下のボタンをクリックしてダウンロードしましょう!

Mac Version Download



ステップ1.Macで「FonePaw MacMaster」を起動します。「アンインストーラ」を選択します。そして、「スキャン」を選んでMacのアプリをチェックしましょう。
 
マイン画面
 



ステップ2.インストールされた全てのアプリ、対応する情報とファイルが見えます。クリックすれば、アプリケーションを日時とサイズ順で並び替えられます。その他、「検索」バーを使って特定のアプリを探し出すこともできます。ここでアンインストールしたいアプリと対応するファイルにチェックを入れて、「クリーン」と進みます。



アプリを探し出す



ステップ3.完成したらこのような画面になります。



完了


この極めて簡単な手順でアンインストールができるソフトを今すぐ試してみましょう!ソフトに関して聞きたいことや感想があれば、下の方でコメントを書いてください。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾