X
年始年末セール

macジャンク削除


Macでハードウェアのスペースを釈放する一つの方法は、ジャンクファイルを削除します。ジャンクファイルというのは、キャッシュ、一時ファイルなどのシステムファイルとゴミ箱の中のファイルを含みます。ゴミ箱のファイルが簡単に削除できます。


・Macの動作が遅い、どうやってスピードを上げるでしょうか

・Macで重複ファイルを削除し、スペースを釈放する方法


しかし、システムファイルを削除したい場合は、普通のユーザーがそれらを探す手がかりがない。むしろ、それらの役割も知らないでしょう。もし、あなたも普通のユーザーの一員なら、FonePaw MacMaster――プーローのMacクリーナーがあなたに助けを与えるかもしれません:


・Macで重くなったSafariを高速化する方法

・アプリ管理ソフトでMacのアプリを簡単にアンインストールする方法


このMacクリーナーの働きをもっと知りたいなら、下のボタンをクリックし、アプリをApp Storeから無料でダウンロードします。それから、下記の手順でMacのハードディスクのクリーンアップを実行します。

Mac Version Download


    1クリックでジャンクファイルを削除


ステップ1. Macで「FonePaw MacMaster」を起動すれば、このアプリを使って削除できる4種類のMacファイルがメイン画面で表示されます。


ステップ2.システムファイルを削除するため、左バーで一番目の「システムジャンク」を選択します。

「システムジャンク」を選択


ステップ3.「確認」をクリックすれば、安全に削除できるシステムファイルがこのアプリに検索できます。もしあなたのMacはたくさんのジャンクファイルが詰まっていますなら、検索は長い時間がかかるかもしれません。


ステップ4. スキャン後、アプリが違う種類のジャンクファイルを示します:ユーザログ、システムログ、システムキャッシュ、アプリキャッシュ、ローカル言語。

ジャンクファイルを示し


注意:ジャンクファイルを効率よく削除するため、「並び替え」をクリックし、ファイルを日付とサイズで整理します。


ステップ5.消したいファイルを選択した後、「クリーン」をクリックすればジャンクファイルの削除が始まります。

ジャンク ファイルの削除が始まり


    Macでジャンクファイルを安全に削除


削除したいジャンクファイルを選ぶ前には、これらのファイルがMacでなんの役に立てるか、または安全に削除できるかどうかを確認したいでしょう。


    アプリケーション キャッシュ

こうゆうファイルがネイティブ或いはサードパーティソフトウェアに一時なインフォメーションの貯蔵と負荷時間の短縮のために用いられます。一般的に、キャッシュはアプリの性能を上げるいいファイルですが、時間の経過に伴って、キャッシュデータが多すぎてスペースを詰めます。


    アプリケーションログ

アプリケーションログファイルはログオン失敗の監査を含め、エラー、インフォメーションイベント、警告などいろんな種類の事件を記録します。


     iTunesの一時ファイル

iTunesの一時ファイルはiTunesで作成されたバックアップ或いはキャッシュファイルです。一般的に、RAWデータは、内容を別のフォーマットに変換する過程の中間ステップとして、iTunesの一時ファイルに含まれます。このファイルがiTunesをオフする同時に自動的に削除されますが、必ずしもそうではありません。


     メールキャッシュ

これはMacでメールアプリに関するキャッシュです。


     ゴミ箱

Macで、ゴミ箱に移動したファイルがこの中に表示されます。Macのゴミ箱はいくつがあり、右コーナーのドックのメインゴミ箱以外、iPhotos、 iMovie、メールも各自のゴミ箱を持っています。


     ブラウザキャッシュ

ブラウザキャッシュはSafari、Google Chromeまたはほかのブラウザのキャッシュファイルです。例えば、訪問したウェブページのインフォメーションはその一つです。


Mac或いはMacBookのクリーニングに関する質問があれば、下でメッセージを残してください。もし、このポストが役に立てますなら、フェイスブック、インスタグラム、ツイッターなどで友達と分かち合うのはどうでしょうか。


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   1   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾