最新でリリースされたiPhoneとiPadのOSは「iOS 12」です。新バージョンで追加された新機能は多数ありますが、この記事では新機能の一つ「スクリーンタイム」について紹介しましょう。

一、iPhoneの「スクリーンタイム」とは?


毎日でよく使われているスマートフォンで、生活が昔よりだいぶ便利になりますが、スマホ依存症の恐れもあります。もし自分のスマホ利用時間を把握したいか、親が子供のスマホ利用時間をチェックしたい場合、または子供のゲームアプリで遊ぶ時間を制限したい場合、この機能を利用することはおすすめします。

二、自分のiPhoneの「スクリーンタイム」をオンにする方法


1.「設定」「スクリーンタイム」の順に選択します。

2.「スクリーンタイムをオンにする」を選択します。


スクリーンタイムをオンにする

3.「続ける」を選択します。

4. 「これは自分用の [デバイス] です」「これは子供用の [デバイス] です」から選択します。


続ける

「スクリーンタイム」機能をオンにすると、iPhone、アプリ、ウェブサイト(Safari)の利用状況が自動的にまとめられて、レポートを確認することができます。

三、子供のiPhoneの「スクリーンタイム」を設定する方法


1、子供のiPhoneはファミリーメンバーに登録された場合

子供にiPhoneを持たせる場合、子供と親のAppleアカウントで「ファミリー共有」に参加し、アカウントを連携させます。連携した後、「スクリーンタイム」の画面で子供の名前が表示されます。


スクリーンタイム

子供の名前を選択し、「続ける」を押すと「休止時間を設定」など様々な管理対象のものに対する制限を設定できます。

2、子供のiPhoneはファミリーメンバーに登録されていない場合

ファミリーメンバーに登録していない子供のiPhoneを設定するには、「設定」「スクリーンタイム」「スクリーンタイムをオンにする」「続ける」「これは子供用のiPhoneです」を選択します。パート二の操作とほとんど同じです。

四、子供のiPhoneのアプリを制限・管理する方法


スクリーンタイムをオンにした後、スクリーンタイム画面で設定項目リストを確認できます。自分や子供のiPhoneを制限・管理しようとする場合、直接項目を設定して制限を追加できます。


制限・管理

これからはiPhoneのスクリーンタイムの制限機能について一々説明します。

1、iPhoneの使用を時間制限する「休止時間」

まず、子供の画面を見ない時間帯は「休止時間」で設定できます。設定した開始時間から終了時間までに子供の携帯利用は管理・制限されます。設定したあと、設定によって一部のアプリが灰色になり使用不可能になります。


休止時間

制限時間を延長するには、親の許可が必要です。

2、種類ごとにiPhoneアプリを制限する「APP使用時間の制限」

続いては、特定アプリおよびカテゴリの利用時間も「App使用時間の制限」で設定できます。「制限を追加」をタップしてから、制限を設定したいAppを選択して、アプリの使用時間制限を追加できます。


制限を追加

3、使用可能なiPhoneアプリを選択する「常に許可」

「常に許可」には休止時間中にも使用可能なアプリを設定できます。


常に許可

4、「コンテンツとプライバシーの制限」

「コンテンツとプライバシーの制限」ではiTunes・App Storeでの購入、一部の初期搭載アプリの使用許可、テレビ番組・映画などのコンテンツ制限、プライバシー関連機能の制限などを設定できます。


コンテンツとプライバシーの制限

5、スクリーンタイム・パスコードの設定

以上の制限を設定した後、親のパスコードを設定する必要があります。そのパスコードを入力しないと、上記の様々な制限設定の変更、そして制限時間の延長・調整などはできません。スクリーンタイム画面で設定項目の下部の「スクリーンタイム・パスコードを使用」をタップすることでもパスコードの設定・変更・解除(オフ)ができます。


設定・変更・解除

6.使用時間の延長

こどものiPhoneで、使用時間が達しているとそのアプリのアイコンは暗くなり、「時間制限」の画面が表示されます。使用時間を延長したい場合、そのアプリのアイコンをタップし、「時間延長の許可を求める」「リクエストを送信」`を選択することで、時間延長のリクエストは親のiPhoneに送信されます。親のiPhoneで時間を延長するには、上記で設定したパスコードを入力します。もちろん、直接スクリーンタイム・パスコードを子供のiPhoneで入力して使用時間を延長することもできます。


リクエストを送信

五、スクリーンタイムのレポートを確認する方法


「設定」で、「スクリーンタイム」をタップすると、iPhoneの利用状況が表示されます。

一番上の横棒グラフでは、今日一日中でiPhoneを操作していた時間が表示されます。それをタップすると、iPhoneのアプリなどが使われている詳細が表示されます。


詳細表示

「過去7日」をタップすると、過去7日間の利用状況が表示されます。アプリが分類されて、「エンターテインメント」

「SNS」「仕事効率化」などのカテゴリーがグラフで表示されます。「平均よりも○分上」は、iPhoneを使い始めてから統計されています。

子供の利用レポートを確認するには、子供の名前をタップし、そのiPhoneの詳細レポートを表示させます。その中にも、アプリの個別設定、課金や成人コンテンツの制限などを設定できます。

以上で、iPhoneのスクリーンタイム機能で子供のiPhone利用時間を制限する方法を紹介しました。

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾