X
年始年末セール

2016年から、LineとTwitterはGIFアニメーションの対応が始まりましたので、GIFアニメはその面白さでユーザーたちに愛用されています。また、iPhoneをiOS 11にアップロードすれば、他のアプリを使わなくでも「写真」アプリで直接にGIFを見えます。これで、今にはiPhoneでもスマホでもGIFの面白さを楽しめます。

では、iPhone、スマホでGIFアニメーションを作成することが可能でしょうか?

見た目が複雑だが、実は対応のGIF作成アプリを使えば手軽に作成することができます。だから今回はiPhoneとスマホを分けて、GIFアニメーションを作成できるツールをシェアしたいのです。スマートフォンでGIFアニメを作成したい方はぜひご参考ください。

    パート1、iPhoneでGIFアニメーションを作成する


iPhoneでGIFアニメを作成しようとする場合、「GIFトースター」というアプリがオススメです。これは完全無料なアプリで、操作が難しいイメージがあったけど、最速3秒で作成できます。フレーム入れ替え、再生速度調整など細かい編集機能も搭載しています。では、「GIFトースター」でGIFアニメーションを作成する方法を紹介します。

GIFトースター アイコン

1、AppleStoreで「GIFトースター」をダウンロードする
2、アプリを起動、「写真>GIF」を選択する(動画、連写も選択可能)
3、素材用の写真、画像をアルバムから選んで、「エンコード」をタップする
4、その後、「基本オプション」と「方向オプション」を需要によって設定する
5、「エンコードスタート」をタップすると作成は始まり、アルバムに出力する

GIFトースター 紹介

実に便利・使いやすいアプリですね。作成したGIFアニメーションは元の画像より悪くなるけど、チャット、シェアなどの場合には十分と思います。iPhoneを利用している方にオススメします。

    パート2、AndroidスマホでGIFアニメーションを作成する


ImgPlay アイコン

Androidスマホのユーザーに「ImgPlay」がオススメです。これは写真、バースト、ビデオを利用して、最も簡単にGIF画像が作れるアプリです。これを使えば、簡単かつ迅速にGIF画像を作って友達と共有できます。また再生速度、再生方向も変え、高画質なものから軽いものまで、4段階のファイルサイズも選択することができます。

 1、GoogleStoreで「ImgPlay」をスマホにダウンロード・インストールする
2、アプリを実行、素材用の写真を再生の順で選択する
3、フレームの区間、順序、再生速度などを調整する
4、需要によって、文字やフィルターなどを追加する
5、出力サイズを選択した後「保存」をクリックすると、GIFアニメはアルバムに保存される

ImgPlay 紹介

「GIFトースター」より、「ImgPlay」のほうは調整できの細部が多いけど、操作ももちろん「GIFトースター」よりちょっと難しいと思います。GIFを好きのように編集したい方にお勧めします。

    パート3、パソコンでGIFアニメーションを作成する


スマホの他、パソコンを使えばGIFアニメーションを作成することもできます。ここで使い勝手がいいソフトを広めたいのです。「VideoSolo 動画 GIF 変換」という完全無料なソフトが一番オススメです。Photoshopなどの使いにくいソフトと違い、これは初心者向けのGIFアニメ作成専用のソフトで、4ステップだけで作れます。更にカット、ウォーターマーク追加などの実用機能もあります。

PC GIF作成

1、「VideoSolo 動画 GIF 変換」をダウンロード・インストールする
2、ソフトを起動、「ファイルを追加」ボタンで動画をソフトに追加する
3、動画をカットする
4、GIFのサイズ、解像度などを調整する
5、GIFを出力する

以上です。「VideoSolo 動画 GIF 変換」でGIFアニメーションを作成する方法に詳しく知りたいなら、リンク先をぜひご参考ください。もし以上の内容は役に立てば、シェアボタンでお知り合いに広めてください~

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾