X
年始年末セール

動画を見る、ゲームを遊ぶ、または電話をかける時、Androidスマホはだんだん熱くなります。特に、Androidを充電する時、スマホは更に熱くなります。この問題を解決したいでしたら、この記事で紹介するスマホの発熱問題を起こす可能な原因と対策を参考にしてください。


    Androidスマホ/タブレット発熱の原因


1.アプリが多すぎてAndroidのCPUとGPUの使用率が高くなります。
2.2G/3G/4G或いはWi-Fiの使用
3.バッテリー或いは充電器に不具合がある
4.ソフトウェアのアップグレード


    Android発熱問題の対策


Android発熱問題


    1.不要なアプリをアンインストール


たとえアプリを閉じたとしても、アプリはまだバックグラウンドで動作しています。 Androidスマホのアプリ数が増えば、CPUとGPUの正常な動作に影響を与えます。 だから、不要なアプリをアンインストールしてください。


    2.アプリのキャッシュとジャンクファイルを削除


大量のキャッシュとジャンクファイルはAndroidスマホの内蔵メモリを占用するので、バッテリーが熱くなります。この状況を避けたいなら、設定ページでキャッシュとジャンクファイルを削除してRAMアクセスを遮断してください。

ジャンクファイルを削除


    3. Android RAMをブーストアップ


アプリキャッシュを削除する以外、ほかのAndroidデータ管理ツールを使って内蔵ブロートウェアを削除、写真を圧縮、メモリを釈放する等のことでAndroidスマホ/タブレットを最適化できます。

 RAMをブーストアップ


    4. ネットワークとホットスポットをオフ


ネットワークとホットスポットを使っている場合、特にネット信号が弱い時、AndroidスマホのCPU負荷が増え、電量の消耗スピードも速くなります。その結果、スマホはだんだん熱くなります。Androidバッテリーの熱を下げるため、できれば4G/LTE/3G/2GとWi-Fiホットスポットをオフにしてください。


    5.ネットワークモードをGSMに設定


GSM モードでのネットワーク信号が良いので、CPU の負荷を減らすことができます。だから、Androidスマホが熱くなっている時、WCDMA或いはLTEを選択しないでGSMモードを選んでください。


    6.粗悪なバッテリーと充電器の使用を避ける


スマホを充電する時、粗悪のバッテリーと充電器が異常に熱くなりますので、とても危険です。たとえバッテリーが粗悪ではない、もし急速充電器を使って急速充電をサポートしないAndroidスマホに充電すれば、そのバッテリーは過熱で爆発する可能性があります。だから、オリジナル充電器を使ってAndroidスマホに充電することがお勧めです。充電の途中でスマホを使用しないでください。

バッテリーと充電器


    7.スマホケースを使用しない


スマホケースはAndroidスマホを個性化にさせ、損傷から保護できます。しかし、スマホケースは致命的な欠点があります。特に、ホルスターとシリコンスマホケースはスマホの放熱に影響を与えます。

スマホケースを使用しない


この記事がSamsung、HTC、 SonyなどのAndroidスマホの発熱問題に役に立てることを心から願っています。もし上記の方法が効くなら、下のをクリックしてください。


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   3   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾