x
X

スマホをROOT化するのは、アップルのデバイスを脱獄することに相当します。ルート化はOSのロックを解除して、もっと多くの権限を得ることを意味しています。例えば、「FonePaw Androidデータ復元」でスマホから消えたデータを復元を復元する時、スマホをパソコンと接続できない可能性がありますので、スマホをROOT化すれば、この問題を解決できます。それだけでなく、ルート化のメリットはたくさんあります。では、スマホを開き、一緒にROOT化しましょう~


注意:
VerizonとAT&TにロックされたアンドロイドをROOT化することが難しく、文鎮化(起動せずどうしようもなくなる)してしまう可能性もまあります。今回紹介したい方法はVerizonとAT&Tにロックされたアンドロイドに対応できません。


目次:
一、ROOT化する前のヒント
二、Pingpong RootでアンドロイドスマホをROOT化


一、ROOT化する前のヒント


1.スマホの保証期限を確認してください!もし、保証期限がまだ長い場合、スマホをROOT化することは十分に考慮してください!


2.ステップを従えば、スマホは文鎮化になりませんので、ご安心ください!


3.成功率が高いとしても、100%成功率は保証できません。間違う操作・バッテリー残量が不足などの原因で失敗の可能性もあります。だから、ROOT化する前に、ぜひデータをバックアップしてください!


4.「FonePaw Androidデータ復元」でスマホから消えたデータを復元することができます。その他、キャリアに予めにインストールされたアプリを削除して、スマホのストレージを解放することがおすすめです。


二、Pingpong RootでアンドロイドスマホをROOT化


PingPong RootとはS6/S6 EdgeをROOT化する専用のソフトです。PingPong Rootを使えば、簡単な操作でGalaxy S6/S6 EdgeをROOT化することができます。


ステップ1.対応のS6/S6 Edge機種番号を確認
次のリストは、Pingpong Rootが対応できるS6/S6 Edgeの機種番号です。「設定」の中にある「デバイス情報」に、お持ちデバイスの機種番号が確認できます。もし対応しない場合、他のROOT化ツールを使うことがおすすめです。

対応のS6/S6 Edge機種番号を確認


ステップ2.PingPong RootとSuperSUをGalaxy S6/S6 Edgeにインストール
PingPong Rootをダウンロードして、Galaxy S6/S6 Edgeにインストールします。その後、アプリ管理専用のSuperSUもダウンロード・インストールします。


ステップ3.PingPong RootでGalaxy S6/S6 Edgeをルート化
インストールされたPingPong Rootを起動して、「Get root」ボタンをタップすれば、ROOT化が開始します。ROOT化が成功したら、「Root done」の提示が現れます。「OK」をタップして、すぐにGalaxy S6/S6 Edgeを再起動します。

PingPong RootでGalaxy S6/S6 Edgeをルート化


ステップ4.SuperSUをアップデート
再起動した後、SuperSUを実行します。そして「CONTINUE」をタップしてSuperSUをアップデートします。完成した後、  SU binaryファイルのインストール提示が現れ、「NORMAL」をタップします。インストール完了した後、「REBOOT」を押して再度スマホを再起動します。これで、PingPong RootでGalaxy S6/S6 EdgeをROOT化するのは成功です。

SuperSUをアップデート


ステップ5.Root化されているかどうかをチェック
「Root Checker」というアプリで、スマホをRoot化されているかどうかを確認することができます。

Root化をチェック


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   1   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ