X

Xperiaなどのスマホを使うには、タッチパネルは不可欠です。そのタッチパネルが効かなかったら、焦ることになるでしょう。ではここで、スマホの画面が反応しないことの解決案、および日常でスマホの画面を保護する方法を解説します。


どうしてタッチパネルが反応しないんですか?

タッチパネルが反応しない


タッチパネルが効かないのは、画面の一部が帯電し、つまり静電気がついて、タッチパネルが指やタッチペンなどの導体を認識できないからです。ポケットの中に摩擦され、大きな力で画面が押され、埃や汗に汚され、乾燥な冬で人体の静電気帯電など、このようなことがすべて画面の帯電を引き起こします。乾燥な冬で人体が帯電する以外、温度もひとつの要因です。静電容量方式のタッチパネルには、最適条件が比較的に厳しいです。例えば温度、湿度など。理論的には、静電容量方式のタッチパネルの周囲温度要件は0〜35℃です。冬になると、温度が0℃以下の地域ではタッチパネルが反応しないことも多いです。


タッチパネルが反応しないことを解決する方法


タッチパネルが反応しない原因は何であろうと、まずスマホの故障と判断しないでください。以下の方法を試してからです。

タッチパネルが反応しないことを解決する方法


1、スマホをオフにします。そして何分間待って、もう一度起動します。バッテリーを取り除けるモデルなら、オフした後でバッテリーも取り除けてください。


2、USBケーブルでスマホをコンピュータに接続して、その後タッチパネルを試します。


3、手を洗い、湿気がついた後でタッチパネルをタッチします。


4、濡れた手の一つの指でスマホのUSBインタフェースの金属部分に触れて、そしてもう一つの指で地面を二秒間触った後、タッチパネルを試します。


5、タッチパネルがドリフトの場合、もしヘアドライヤーがあれば、通常髪を吹く熱風で画面を吹きます。スマホがオフした状態で、ヘアドライヤーの中温モードで画面を均一に吹きます。画面が熱くなったら止めて、スマホをオンにします。


6、透明接着剤で画面の効かない部分に貼って、外して、貼って、外して、正常になるまでです。


7、上記の方法がすべて失敗した場合、より過激的な電撃法を試すことができます。方法は簡単です。水で湿らせた紙タオルで、画面の効かない部分をカバーし、そしてライター圧電素子で画面を電撃し、電界を変えます。しかし、この方法は最後の手段です。どうしても解決できなければ絶対に試さないでください。


すべて手段をやり尽くした場合、サービスステーションに行くしかありません。でも通常、スマホが故障していなければ、どれかひとつの手段が効くはずです。


スマホのタッチパネルに注意すべき点および保護する方法


注意すべき点および保護する方法

日常の中で、スマホをよく保護すれば、タッチパネルが効かないことも減るはずです。ここでスマホのタッチパネルについて注意すべきことをまとめて、保護する方法を紹介します。


1、静電容量式のタッチパネルには、静電気が天敵です。スマホ画面上のグラスは通常、帯電防止処理されましたが、冬では、タッチパネルが身体の静電気を耐られないです。品質の悪い画面ステッカーも静電を起こしやすいので、スマホをよくズボンのポケットに入る方は特に注意してください。スマホのために、スマートフォンポーチを買うのもいいでしょう。


2、油や汗が画面につくと導電層が形成するため、画面のドリフトが引き起こされます。ですから、スマホを使う前に、できるだけ手を洗い、そして乾燥まで拭いてください。日常で定期的に画面をきれいにし、乾燥を保ってください。冬で入浴するとき、スマホが防水仕様でも、できるだけスマホをシャワールームに持って行かないでください。


3、高温を避けてください。この高温というのは、火で焼くではなく、40度ぐらいの温度です。この温度でもう容量性タッチパネルのドリフトが引き起こされます。長年間でこの温度で使われると、容量性タッチパネルが壊されます。ですから、スマホで長時間で大規模なゲームをプレイすることもおすすめしません。ちなみに、スマホを持って日光浴する、高温の太陽の下で長時間スマホをつかうこともできるだけ避けてください。


4、磁場がタッチパネルを影響する、特に電磁界です。小さな磁石がタッチパネルでちょっとだけ置いても、タッチパネルがしばらく効かなくなります。永久的な損傷が起こす可能性もありますので、スマホをスピーカーや磁気ドライバーの近くに置かないよう注意してください。例えば、家に帰れば適当にスマホをスピーカーの上に置くことなど。


5、不安定な電圧を避けてください。通常、指が容量式のタッチパネルに触ると、少しだけの電流を「吸いこみ」ます。そして、画面の四隅から電力が指のところに送られて、これで指の位置が確認されます。ここで、スマホの電圧が不安定な場合、タッチパネルがドリフトし、無効になる場合もあります。ですから、バッテリーが20%以下の場合できるだけ充電してくだざい。


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   3   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ