X
年始年末セール

日本の文学界で、最近一番ホットな話題は村上春樹の新作『騎士団長殺し』が2月24日に発売したことである。『ノルウェーの森』の後、村上春樹の全ての新作発表は話題になる。23日夜から読者は紀伊國屋書店で採番し並んで、翌朝Twitterで既に第五章まで読んだ人もあって、恐らく一晩眠ってないだろう。

流行する本


もし君が文学や文化のファンであって、各種新書の情報に注目し、友達と本の感想を交流したいなら、Standをおすすめする。
Standは現在の人気の本について交流できるアプリであって、かつて日本区域のApple Best of 2015にランクインしたことがある。そのトップページはピンボード風の写真のインタフェースで、簡潔で引きつけられやすい。本の画像ごとに短いコメントが付いて、便利に情報を得ることができる。本の表紙はデザインが目立つなので、Pinterestをめくっているような快感をもたらすことができる。

Stand


暇な時に気軽にめくって、コメントを読むや発表することができるし、他人のコメントに応援することもできる、更に人気のある書評達人をフォローすることで品質のいい書評情報を迅速に獲得でき、読む目標を立てることができる。
ちなみに取り上げたいことは、Standは本を購入するサービスも提供して、「購入」をクリックすると手軽に日本Amazonに遷移することができる。

購入するサービス


また、Standは読む歴史を記録する機能も搭載してる。自分の読みたい、読んでいる、読んだ本をマークでき、本は手元にある場合、書名を入力する必要なく、直接に裏表紙のバーコードをスキャンし識別することができる。
マークした本がは「本棚」に管理することができ、コメントを発表するや読書のノートを記録することもでき、一定時間ごとに自分が読んだ本をチェックすることもできるので、とても達成感のあることである。

コメント


Standをめくって、村上の『騎士団長殺し』、森見登美彦の『夜行』、東野圭吾の『雪煙チェイス』、及び『舟を编む』、『花火』、『君の名は』、『重版出来』……など国内の読者すでに聞き慣れている話題作品が見える。
日本文学のシニアファンは、Standを利用し直接ネットの読者と交流ことができ、図書界の最新動きを了解し、このサプライズいっぱいの文芸の宝庫を十分に掘り起こすこともできる。


注意:iOSユーザーは日本地域のAppStoreアカウントしかダウンロードすることができる。Androidユーザーが直接apkをダウンロードすることができる。


Standは iOS 8.0 +のiPhoneとiPad、Android 4.0.3 +のデバイスに適用し、iOSは25.1MB、Androidは20.9MBで、完全無料である。


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾