PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

ストリーミングアプリSpotifyは無料プランのSpotify Freeと有料プランのSpotify Premium二種類に分かれています。Spotifyの無料プランでも曲を再生できますが、有料プランに比べて様々な制限があります。広告つき、オフライン再生できない、1時間6回のスキップ制限、または30日で15時間の再生制限があります。30日で15時間の再生が足りないだろうと思っている場合は、本記事を参考にして15時間制限を回避できます。

Spotify Freeの15時間制限とは

Spotify の無料プランには15時間の再生制限がかかっています。日本でパソコンやタブレットを利用して曲を再生すると、30日間合計15時間しか再生できません。なかなか不便ですね。

リセット日の計算方式

この15時間制限は月の周期でリセットではなく、アカウント作成日から30日周期でリセットされます。例えば、アカウントが8月5日に作成された場合、次のリセット日は9月5日となります。もしアカウント作成日を忘れたら、TwitterでSpotifyサポートを検索して「アカウント作成日を教えてほしい」と打ち込んで発信すればアカウント作成日を確認できます。

15時間制限はパソコンとタブレットに対するものなので、スマホのシャッフル再生に影響がありません。

残り時間を確認するには

30日で合計15時間に曲を再生できますが、毎回の利用時間を統計するのは面倒ですね。もしどこから再生可能の残り時間を確認できれば、計画を立てSpotify 無料プランをより合理的に利用することができます。残念だけど、昔は残り時間を確認できそうですが、今は確認できなくなります。

Spotify 無料プランの15時間制限を回避する方法

方法1.有料会員になる

Spotify 無料プランの15時間制限を突破する最も直接な方法は料金を払って、または1-3ヶ月の無料体験期間を利用してSpotify Premiumサービスを利用することです。ただし、Spotify Premiumの料金を払い続けないと、Spotify無料プランに戻ります。

方法2.複数のアカウントを作成して時間制限を回避する

Spotify 無料プランの15時間制限はアカウントで計算するので、複数のアカウントを用意して切り替えてログインすれば、Spotifyの曲を長時間楽しめます。Spotifyのアカウントは公式サイトやアプリから登録できるほか、プロバイダー、 iTunes、Eメールまたは Facebook アカウントで登録することもできます。

メールアドレスでSpotifyアカウントを作成する

ステップ1.スマホやパソコンで Spotifyの公式サイトにアクセスし、元のアカウントをログアウトします。

ステップ2.登録画面の「Eメールで登録」セクションで自分のメールアドレスを対応のテキストボックスに入力して、パスワードを設定しましょう。

Eメールで登録

ステップ3. 表示名、生年月日と性別を入力・選択してから「Spotify利用規約およびプライバシーポリシーに同意します。」という項目にチェックを入れてください。

ステップ4.画面底部にある緑の「登録する」ボタンをタップすると、アカウントが作成されます。

Facebookで登録する

ステップ1.スマホやパソコンでSpotifyの登録サイトにアクセスします。

ステップ2.「Spotify利用規約とプライバシーポリシーに同意します」にチェックを入れてから「FACEBOOKで登録」ボタンをクリックします。

ステップ3.次の画面で生年月日と性別情報を設定した後、「Spotify利用規約とプライバシーポリシーに同意します。」をオンにして底部の「SPOTIFYを楽しもう」ボタンをクリックすることでSpotifyアカウントを作成します。

SPOTIFYを楽しもう

方法3. VPNを通じて海外アカウントを作成して15時間制限を回避する

Spotify無料プランの15時間制限は日本のみに適用され、海外ではそいう制限がありません。VPNを使えば、デバイスのIPアドレスが海外のIPアドレスに偽装され、Spotifyの海外アカウントを作成することが可能になります。

具体的な操作方法はこちら:

ステップ1. VPNソフトをスマホやPCにダウンロード&インストールします。

ステップ2.そのVPNソフトを起動し、デバイスのIPアドレスを海外のIPアドレスに変更します。

ステップ3. Spotifyの公式サイトやアプリから登録してアカウントを作成します。

ステップ4.作成したアカウントにログインし、「アカウント」>左側の「プロフィールを編集」の順にクリックします。

プロフィールを編集

ステップ5.右端画面にある「国」欄のプルーダウンメニューから滞在先の国を選択してから「プロフィールを保存」ボタンをクリックします。すると、Spotifyの海外アカウントを作成できます。そのアカウントをVPN環境で一度ログインしたら、たとえVPN接続を切っても、14日間内に利用できます。14日を過ごした後、VPNで海外アカウントを再ログインすればよいです。

方法4. TuneFab Spotify音楽変換ソフトで15時間制限を回避する

サードパーティー製ダウンロードソフトを使えば、Spotifyの15時間制限を無視して音楽を楽しめることが可能になります。これから紹介されたTuneFab Spotify音楽変換ソフトを利用し、一度ダウンロードされたSpotify音楽を何回でも聴けます。

1.TuneFab Spotify音楽変換ソフトを利用してSpotifyの15時間制限を回避するために、まずは公式サイトからソフトをダウンロードする必要があります。その後、インストールされたTuneFab Spotify音楽変換ソフトを起動すれば、以下の画面が表示されます。

TuneFab Spotify音楽変換ソフト

2.Spotifyからダウンロードして聴きたい曲を選んだら、ドラッグ&ドロップの方法でソフトのダウンロードリストへ追加してください。複数の曲を一括ダウンロードすることもできるので、一度に多数の曲を追加するの方が効率的だと思います。

曲を追加する

3.次には出力設定を行います。調整できる項目は出力形式と出力先だけではなく、ビットレートやサンプルレートなどの調整も可能です。音質にこだわる方には高い数値を選んでから曲をダウンロードしてください。ファイルサイズの方が気にするならば低めにしてから次のステップに進んでください。

出力設定

4.「変換」ボタンをクリックしたらSpotifyから音楽のダウンロードが始まります。進捗状況は何時でもTuneFab Spotify音楽変換ソフトの変換中リストから確認できます。プロセス完了後、ダウンロードされた音楽ファイルをチェックしてください。それからSpotifyの15時間制限と関わらずに、自由にその曲を聴けます。

変換

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾