X
年始年末セール

以前に、iOS 10のダークモードに関するうわさがたくさん出ていましたが、結局たとえiPhone 7 Plusにしても、ダークモードがありませんでした。 ダークモードがなければ、夜間モードシフトがあっても、光線が暗いで環境の読み上げがよくないです。しかし最新のiOS 11で、ダークモードのクローゼットである「スマート反転色」という新しいモードが追加されました。 このスマートな機能を使い始めたいですか? 以下の記事でこの機能について紹介します。


・ダークモードとは何ですか?
・どうやってiOS 11でダークモード(スマート反転色)を有効にするのか?
・スマート反転色にすばやくアクセスするの方法


ダークモードとは何ですか?


iPhoneまたはiPadが画面の明るさに応じて自動的に明るさを調整できますが、それでも明るいすぎと感じる場合があります、特に夜間の時。そのうえ、暗い場所でiPhoneを見ると、カラフルなアプリ画面で、目の疲れを引き起こす可能性があります。もし設定でこれらのカラーを調節することができればいいですね。


ディスプレイの色を反転することで、iOS 11のダークモードで目の疲れを有効に軽減できます。スマート反転は、明るいバックグラウンドを暗いに変更でき、アイコンなどの他の部分の明るさは影響しません。 したがって、スマート反転モードでは、暗い色のスタイルを使用しているとき、画像、メディア、およびアプリが別のカラーに変更されないので、見えにくいことを心配する必要がありません。


どうやってiOS 11でダークモード(スマート反転色)を有効にするのか?


ステップ1.「設定」画面に入り>「一般」>「ディスプレ表示」「アクセシビリティ」を選択します。

ステップ2.その画面で「インバートカラー」をタップして、「スマートインバート」「クラシックインバート」この2つのオプションが見えます。

ノート:夜間シフトを既に有効にしている場合、インバートカラーモードに入った後、夜間シフトが自動的に無効になります。

「インバートカラー」をタップ


・スマートインバート(新機能):画像、メディア、濃い色のスタイルを使用しているアプリを除いて、ディスプレイのカラーを反転します。

・クラシックインバート:ディスプレイのカラーのみを反転させます。 iOS 10または以前バージョンでも利用できます。


ステップ3.「スマート反転」のトグルをタップして、ダークモードを有効にします。iPadまたはiPhoneのスクリーンがすぐ変更されます。

「スマート反転」のトグルをタップ


ステップ4.他のアプリの画面に入りして、変更を確認します。 たとえば、写真アプリです。 普通モードと比較すると、明るい色が暗くなります。スマート反転をオフに設定すると、すべてのカラーが前の状態に戻ります。

変更を確認


これで暗い場所iPhoneの画面を見るのはもっと快適になり、目の保護もできます。


スマートインバートカラーにすばやくアクセスするの方法


以上の反転色を有効にする方法が面倒だと思う場合は、以下で素早くアクセスできる方法を紹介します。 それはアクセシビリティのショートカットを設定することです。

「設定」画面に入り> 「一般」>「アクセシビリティ」>「アクセシビリティのショートカット 」まで移動します。「スマート反転色」をマークします。それで、ホームボタンを3回クリックしてこのモードにアクセスすることができます。

スマートインバートカラー


ヒント:このようなクイックアクセスはほかの機能も設定できますが、同時に1つの機能だけを設定できます。


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   5   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾