x
X

App Store、Google Playでだくさんのアプリがあります。無料アプリなら直接ダウンロードすれば使えますが、有料のアプリならまず購入する必要があります。しかし、もし間違ってほしくないアプリを買った、或いはアプリが予想と違って効かなったらどうしよう?実はこんな時、返金をしてもらうことができます。もちろん、この方法は無料試用にも短期使用にも合いません。返金したいなら、合理的な理由が必要です。

iTunes App Store


    1.iTunesで返金を申請


ステップ1.iTunesを開き、「Account(アカウント)」をクリックします。そして、Apple IDとパスワードを入力して、サインインします。

Apple ID サインイン


ステップ2.「購入履歴」の部分を見つけて、右側にある「全て見る」をクリックします。

購入履歴


ステップ3.購入の記録を確認して、返金したい記録の左側にある灰色の丸をクリックします。

購入の記録を確認


ステップ4.「問題を報告する」をクリックして、次の画面にもう一度「問題を報告する」をクリックします。

問題を報告する


ステップ5.そして、Apple 公式サイドに入ります。そこで、もう一度Apple IDとパスワードを入力してください。


ステップ6.提供された問題の中にに自分と合ってるのを選らんで、コメントを書いた後、「送信」ボタンをクリックします。

送信


ステップ7.選択によって、アプリの公式サイトで返金を求めることもあります。もしそれが嫌なら、「それ以外の問題」を選らんでください。


    2.Apple 公式サイドで返金してもらう


ステップ1.reportaproblem.apple.com」 にアクセスします。そして、Apple IDとパスワードを入力してください。


ステップ2.「問題を報告する」の中でAppの部分を選択して、返金したいアプリの右側にある「問題を報告する」をクリックします。

問題を報告する


ステップ3.iTunesで申請すると同じ、自分の状況によって問題を選択して、コメントを書きます。送信したあとは返信を待つだけです。


返金申請は100%承認されるではないが、必ず返信されます。しかし返信は人工で一つずつするので、時間がかかる場合があります。もしApp store或いはiTunesで返金したい注文があれば、上記の方法で試してみるのはどうでしょう?


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   1   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ