PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

パソコンを使用する時、キーボードで文字をタイプするつもりですが、キーボードが突然、反応しない状態になった場合があります。タイプの頻度が高くないが、タイプした文字が画面に表示されていません。ログインや文字の入力もキーボードをを使う必要があるので、キーボードが反応しないと困るんですよね。本記事はキーボードが反応しない原因と解決法を紹介します。

目次

1.有線キーボードの接続を確認する
2.無線キーボードの電源を確認する
3.パソコンを放電する
4.周辺機器を取り外す
5.フィルターキー機能をオフにする
6.「Num Lock」キーを押す
7.マウスキー機能をオフにする
8.日本語入力システムを再起動・変更する
9.ソフトの干渉を排除する
10.ドライバを更新する
11.キーボードを掃除する


keyboard

1.有線キーボードの接続を確認する


有線キーボードの場合、パソコンに接続しているUSBケーブルがゆるい、または断線していると、キーボードが当然反応しません。USBケーブルを両側の接続口から抜いた後、改めて差し込みましょう。また、USBポートが壊れた可能性もあるので、別のUSBポートに接続してみてください。

2. 無線キーボードの電源を確認する


無線キーボードは電池や充電で動作するので、電源が切れたら、キーボードが反応しない状態になります。キーボードの電源ランプが点灯しているかを確認しましょう。電池が少ない時、電源ランプも点灯したり、点滅したりして知らせてくれるはずです。その場合は、キーボードを充電、または電池を交換してください。

3.パソコンを放電する


キーボードの一部のキーが反応しないと、パソコンが帯電している可能性も考えられます。 ディスクトップの場合は、電源を切ってから電源コードを抜き、放電完了するまで何分待ち、電源コードを差し込んで起動します。 ノートパソコンの場合は、電源コードを抜いてだけでなく、バッテリーも外して数分後に元に戻してください。

4.周辺機器を取り外す


パソコンに複数の周辺機器が接続していると、機器間の相性が悪いせいか、キーボードの動作が不安定になって、さらに反応しないこともあります。パソコンの電源を切ってから、周辺機器を一つずつ取り外して、キーボードが正常に利用できるかを確かめましょう。周辺機器が原因の場合は、その機器やキーボードを取り替えます。

5.フィルターキー機能をオフにする


普通にキーを押しすると反応しないが、キーを押し続けると、反応する場合、フィルタ機能がオンになっているかもしれません。その機能をオフにすればキーボードを正常に利用できるようになるはずです。

ステップ1.Win10のデスクトップで左下の「スタート」をクリックし、歯車の「設定」アイコン>「簡単操作」の順にクリックします。または「Windows + i 」キーで「設定」画面を開きます。
ステップ2.「キーボード」(または「キーボードを使いやすくします」)をクリックしてください。
ステップ3.次の画面で「フィルターキー機能の使用」をオフにします。

6.「Num Lock」キーを押す


もしテンキーだけが反応しないなら、「Num Lock」がオフになっている可能性が高いです。キーボードで右上コーナーの「Num Lock」ランプが点滅しているかを確かめてください。点滅している場合は「Num Lock」キーを押してオンにします。ランプが搭載されていない場合は「Num Lock」キーでオン・オフに切り替えて状況が改善されたかを確認します。

7.マウスキー機能をオフにする


テンキーなどをマウスの代わりに使う「マウス機能」がオンになっていると、キーボードも反応しないので、それを確認しましょう。以下の手順でオンになっているマウスキー機能をオフに設定できます。
ステップ1. 「Windows 」キーと「 i 」キーを同時に押し、「簡単操作」>「マウス」の順に選択します。
ステップ2.「マウスをキーパッドで操作する」をオフにします。

8.日本語入力システムを再起動・変更する


キーボードが反応しない時、キーボード自体のせいではなく、日本語入力ソフトの不具合である場合もあります。一般的に、日本語入力ソフトを再起動することで一時的な不具合を解消できます。または、デフォルトのIME入力ソフト以外にも他の入力ソフトがインストールされたら、別の入力ソフトに切り替えてみましょう。これだけで問題を解決できるケースがあります。

「スタート」>「コントロールパネル」>「カテゴリ」>「時計、言語、および地域」下の「入力方法の変更」>「詳細設定」>「既定の入力方式の上書き」の順にクリックすると、IMEやGoogleなどの入力システムが一覧で表示され、そこで入力システムを変更できます。

9.ソフトの干渉を排除する


特定のソフトでのみキーボードが反応しない場合は、そのソフトを再インストールしてみてください。もしセーフモードでキーボードを正常に利用できるなら、日本語入力ソフトと他のソフトの相性が悪いかもしれません。サードパーティソフトをアンインストールしてソフトの干渉を確認してから代替ソフトを利用することがお勧めです。

10.ドライバを更新する


キーボードのドライバに何らかの不具合が発生したかもしれないので、ドライバを更新することも一つの解決法です。 「Windows+X」キー>「デバイスマネージャー」>「キーボード」の順にクリックし、「日本語 PS/2 キーボード」で右クリックし、更新を選択して画面の指示に従ってキーボードのドライバを更新してからパソコンを再起動します。

11.キーボードを掃除する


ウエットティッシュやエアダスターを使ってキーボードに溜まったゴミやホコリを掃除します。もし水などの液体をキーボードにこぼしてしまうと、デスクトップ或いはノートパソコンのキーボードを縦にして水分を落としてから布でふき取り、冷風で乾かします。もしキーボードが壊れたら、それを切り替えましょう。ノートパソコンの場合は修理に出す、または外付けキーボードを購入します。

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾