PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

人気ソフトSpotifyで曲を無料で聴けますが、時々「この曲を再生できません」というエラーが発生して曲を再生できなくなることがあります。本記事はこの状況に対して、可能な原因と対処法を解説するつもりです。

1.Spotifyアプリの原因

Spotifyアプリで何らかのエラーが発生し、いきなり曲が再生できなくなる可能性があります。Spotifyアプリを一時的に閉じてから再起動すれば、大抵のエラーを解決できます。またはSpotifyアプリのホーム画面で右上の歯車マークをタップし、「設定」画面から「ログアウト」をタップすることでログアウトした後、再ログインしてみましょう。

そのほか、もしスマホ、タブレット、またはパソコンなどのデバイスは最新バージョンだけど、Spotifyアプリは最新バージョンにアップデートされていないことも「この曲を再生できません」エラーを引き起こすかもしれません。アプリストアからSpotifyの最新のバージョンをアップデートしてください。

2.デバイスのOSバージョンが古い

デバイスのOSアップデートにバグの修正や不具合の改善が含まれるので、定期にアップデートする必要があります。Spotifyで「この曲を再生できません」エラーが発生した場合、各デバイスの「設定」からデバイスのOSバージョンを調べて最新版にアップデートします。

3. インターネットの接続が悪い

もしインターネットの接続が悪いと、当然Spotifyで曲を再生できなくなります。その場合、曲名がグレーアウトしていて、再生ボタンを何度押しても再生できません。モバイルデータ通信を利用していると、利用できるデータ容量を確認してください。また、WiFiに接続している場合はWiFiのスイッチを一度オフにしてから30秒後再度オンにしてみましょう。

4. インポートした曲の形式が対応できない

インポートしたすべての曲もSpotifyで再生できるわけではなく、Spotify はmp3、.m4pと.mp4形式の曲しか対応できません。ほかの形式の場合は、専門ソフトで曲をMP3に変換してからSpotifyにインポートしてください。

5.アーティストや曲がブロックされた

Spotifyにアーティストをブロックする機能が搭載されています。もしあるアーティストの曲だけを生成できない、しかも曲の文字がグレーになって、どうタップしても「この曲を再生できません」が表示されたら、そのアーティストがブロックされている可能性が高いです。 ステップ1.再生できない曲からそのアーティストページにアクセスしてください。ステップ2.もし右上に禁止のマークが表示されていると、それはそのアーティストがブロックされている証拠です。横の「…」ボタンをタップしてメニューから「このアーティストの再生を許可する」を選択すれば、ブロックを解除できます。

設定

または、Spotifyで「My Library」の「非表示」フォルダを開いて、非表示された曲の再生を許可することも可能です。

Library

ステップ3.アーティスト画面の右上に禁止マークではなく、「フォロー中」が表示されている場合は他の原因を探しましょう。

6. 「オフラインモード」になっている

Spotifyがオフラインモードになっていると、通信を一切使わなくなり、ダウンロード済みの曲しか再生できません。オフラインモードを解除する手順はこちら:

ステップ1.Spotifyの「設定」画面に移動し、「再生」をタップします。
ステップ2.次の画面で「オフライン」のスイッチをオフにしましょう。

オフラインモードがオフのままなのに、Spotifyで曲を再生できない場合は、ほかの解決法を試してみてください。

オフライン

7. 再生可能な時間が終わた

Spotify はSpotify FreeプランとSpotify Premiumプラン2種類に分かれています。タブレットとパソコンでSpotify Freeプランを利用すると、30日間で15時間の再生制限があります。一旦15時間を過ごしたら、次のリセット日までSpotifyの曲を再生できなくなります。有料のSpotify Premiumプランに変更、または iTunesやメールアドレスで複数のSpotifyアカウントを作成して切り替えてログインすることもこの時間制限を回避できます。また、スマホではこの15時間の再生制限がないので、次のリセット日までスマホでSpotifyの曲を再生しましょう。

8. 著作権の原因

著作権、所有権及びレーベルなどの原因で日本版Spotifyで一部の曲を再生できないこともあります。海外版のSpotifyで海外アカウントを作成してみてください。しかも、海外版のSpotifyでは15時間の再生制限がありません。

原因に巡って対策を練れば、Spotifyの「この曲を再生できません」問題を解決できるはずです。二度と同じ問題に遭いたくないならば、曲をSpotifyからダウンロードしてから聴くのが一番賢いかもしれません。Spotify自身の原因で問題を起こす場合、サードパーティー製ダウンロードソフトを頼るほうがおすすめです。ここではTuneFab社のSpotify音楽ダウンロードソフトを例として、Spotifyから曲をダウンロードする方法を案内させてください。

1.まずは公式サイトからTuneFab Spotify音楽変換ソフトをダウンロード・インストールしてください。

2.起動されたアプリメイン画面へダウンロードしたい曲を追加してください。シェアリンクをコピーして、又は直接にドラッグアンドドロップで追加することが可能です。

TuneFab Spotify音楽変換

3.出力先、出力形式などの出力設定が終わったら、「すべて変換」を押したら曲のダウンロードが始まります。このTuneFab Spotify音楽変換ソフトではダウンロード・変換速度が速いし、進捗状況の確認も直観です。

すべて変換

以上はSpotifyで「この曲を再生できません」問題発生時の解決策のまとめ紹介です。TuneFab Spotify音楽変換ソフトにご興味があればどうぞダウンロードして、無料体験してください。「この曲を再生できません」問題発生を避ける以外、このソフトを利用すれば、Spotifyの無料プランに掛かられる15時間再生制限も回避でき、存分にSpotifyの曲を楽しめます。

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾