X
年始年末セール

学生であろうと、サラリーマンであろうと、エクセル、ワード等で作成したファイルをPDFに変換しなければならないときがありますね。例えば、印刷屋で資料を印刷しようとするとき、ファイルが文字化けになることを避けるため、予めPDFへの変換作業をします。ビジネスシーンで資料を送るとき、ファイルをPDF化してから送ります。

一つのファイルをPDFに変換するなら、色んな方法があります。処理できるOfficeアプリケーションもあります。しかし、複数のファイルの一括変換なら、手数がかかります。これからは、複数のファイルを一括してPDFに変換する場合に用いる二つのソフトを紹介します。

一、Adobe Acrobatでファイルを一括でPDFに変換する方法
二、「PDF変換」でファイルをPDFに一括変換する方法

一、Adobe Acrobatでファイルを一括でPDFに変換する方法


Adobe AcrobatはPDFを作成する機能を持ち、複数のファイルを一括してPDFに変換することもできます。ファイルをPDFに一括変換する時は、三つの使い方があります。

1.起動したAdobe Acrobatの作成メニューから「ファイルからPDF」をクリックします。

作成 メニュー

フォルダから一つ以上のファイルを同時に選択し、「開く」ボタンを押します。

ファイル 選択



選択したすべてのファイルが一括でPDFに変換された後、作成した個々のPDFファイルをチェックし、、保存してから閉じます。

PDFファイル 確認

2.選択された複数のファイルを右クリックしてから、「Adobe PDFに変換」を押して、あるいは直接Adobe Acrobatにドラッグ&ドロップし、PDF変換を始めます。

PDF 変換

PDF変換が完成したら、確認された個々のPDFファイルの保存先と名前を決めて、「保存」ボタンをお押してください。

PDF 保存

二、「PDF変換」でファイルをPDFに一括変換する方法


Adobe Acrobatが使い慣れない、または値段が低くないため、このソフトを使用したくない人もいるだろう。それならば、PDF変換というソフトを使ってみてください。ほんの数クリックで複数のファイルをPDFに一括変換できます。

次はその使い方について説明します。

Windows Version DownloadMac Version Download

1、まずは「PDF変換」を起動し、メイン画面に「PDF変換」ボタンをタップします。

メイン画面 PDF変換

2、そして、PDF化したいファイルを「ファイルの追加」のブランクにドラッグ&ドロップします。

ファイル 追加

3、「フォルダへ保存」でPDFファイルの保存先を決めて、緑色の「コンバート」ボタンをクリックしたら、追加したファイルが一括変換されます。

変換リスト

4、変換が完了したら、次のような画面に「ファルダを開く」をクリックすれば、作成したPDFを確認できます。

変換 完了

「PDF変換」はファイルをPDFへそしてPDFから双方向に変換する機能を持っています。ファイル数の制限がないため、「PDF変換」で複数のファイルだけでなく、一つのファイルを変換することもできます。それに、EPUBやHTMLなど複数のファイル形式に適用するというメリットがあります。

以上はAdobe Acrobatと「PDF変換」の使い方の紹介です。「PDF変換」の操作はシンプルですから、ファイルの変換をしたい時には、ぜひおすすめしたいと思います。

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾