PDFは環境に左右されることなく印刷が可能できるほか、相手に編集されないというメリットがあるので、広く一般に使われている電子ファイルになっています。しかし、資料を作る時、ワードやパワーポイントにPDFデータを使用する前にJPG形式に変換するなどの作業をしなければなりませんね。またPDFデータをJPEG画像に変換してWeb表示をする場合もあると思います。

そんな時のために、ここでは簡単なツールを利用して、PDFファイルを素早くJPEG化する方法を説明します。

一、「EasePDF」ツールを利用して変換する
二、Adobe AcrobatでPDFをJPEGに書き出す
三、スクリーンショット機能を使ってPDFをJPGに変換する

一、「EasePDF」ツールを利用して変換する


まず紹介したいのはEasePDFというオンラインPDF変換ツールです。

「EasePDF」はインストールさえ必要もない、手軽にPDFからまたはPDFへの変換ができて一番おすすめの方法です。こらからはPDFをJPGに変換する操作を説明します。

1.まずは「EasePDF」のHPをアクセスして、そこからPDFをjpgに変換できる機能のボタンを選んでクリックしてください。

EasePDF

2.そしてはjpg画像ファイルに変換したいPDFを「EasePDF」に追加しましょう。ドラッグアンドドロップで追加するのもいいし、追加エリアにクリックしてから参照ウインドウからPDFファイルを選ぶのもいいです。

PDFファイル追加

3.次のページで、右下のボタンを押したらPDFファイルのアップロードと変換を始めることができます。自動変換完了後、最後のページでPDFから変換できたjpgファイルをダウンロードすることが可能です。

PDFをjpgに変換する

二、Adobe AcrobatでPDFをJPEGに書き出す


そのほか、Adobe Acrobatという専用のアプリケーションを使えば、PDFファイルを画像形式として書き出すことも可能です。

この方法は、まず、JPEGに書き出したいPDFファイルをAdobe Acrobatで開き、メニューバーの一番目である「ファイル」を押し、「名前を付けて保存」「画像」「JPEG」をタップします。

jpg 保存

そして、JPEGファイルの保存画面が現れます。この画面で保存先とファイル名を決められます。

jpg 名を付け

また、左下の「設定」ボタンをクリックすれば、「ファイル設定」「カラーマネジメント」「変換」という三つの面で設定を変更できます。設定したら、「OK」を押し、ウインドウを閉じます。最後は「保存」ボタンを押したら、PDFファイルをJPEGに書き出せます。

三、スクリーンショット機能を使ってPDFをJPGに変換する


スクリーンショットとは、簡単にパソコンの画面の写真をとることができ、Windowsに標準装備されている機能です。それゆえ、変換したいPDFファイルのページが少ない場合、ソフトを借りずに、直接PDFファイルの画面をキャプチャすればいいのです。

ソフトを必要せず、Windowsが元々付いてる方法を利用する場合は、パソコンのショートカットキーを利用します。キャプチャする前にPDFファイルを開きます。PDFファイルがパソコンの全体画面に表示されている時は、キーボートの「PrtSc」を押し、一部画面しか表示されていない時は、「PrtSc」「Alt」を同時に押すれば、PDFファイルの画面をキャプチャできます。キャプチャした写真はパソコンに自動で保存されます。デフォルトの保存先は「C:\Users\〇〇\Pictures\Screenshots」で、○○はユーザー名です。 それ以外にも、もし普段使い慣れているキャプチャツールがあれば、それらのツールを使用してもいいです。

スクショ 保存先

ここまではPDFファイルをJPGやJPEGなどの形式に変換する方法です。パソコンのスクリーンショット機能以外に、二つのツールを紹介しました。その中、EasePDFがもっと簡単で、用途も広いだと思います。ご興味があればぜひお試しください。

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾