X
年始年末セール

画像化のPDFファイルの文字を編集可能の状態にする事は可能でしょうか?このような質問はよく聞こえますね。実際、それは簡単な事です。紙製の小説等の書籍をスキャンしてデジカル化する事はよくあります。もしそこで誤字や印刷ミス等のことを発見して、更改したい時は、OCRという文字認識機能が備えているソフトを使えばできます。ツールによって、変更できないPDFファイルから編集したいテキストのみを抽出するのも、ファイルを丸ごとに編集可能の形式に変換することもできます。

本記事では、二つのやり方を紹介したいと思います。その一つはOCR機能が備えている「PDF変換」というソフトを借りて、高精度の識別率で画像化PDFファイルを簡単に他の編集しやすいファイルを変換する方法です。次の二つ目は、PDF形式を作ったAdobe会社自ら開発されたソフト、「Adobe Acrobat」を使って、PDFファイル内からOCR機能で文字を認識して、抽出する方法です。では早速ですが、これから「PDF変換」の使用方法を紹介させてください。

1.「PDF変換」のOCR機能でPDFファイルを編集可能の形式に変換する方法
2.「Acrobat」を利用してOCR機能でPDFファイルから一部の内容を更改する方法

「PDF変換」のOCR機能でPDFファイルを編集可能の形式に変換する方法


「PDF変換」は一つPDF変換専門ソフトです。OCR機能が備えているお陰で、画像化PDFファイルの対応もできます。かなり高い識別精度だから変換ミスもほぼありません。ダウンロードボタンで無料体験してみましょうか。

Windows Version DownloadMac Version Download

1.ダウンロードされた「PDF変換」をパソコンへインストールしてください。そして、ソフトを起動します。「PDF逆変換」のメイン画面から見える大きく丸形の「+」ボタンを押せば、ファイルブラウザから変換したいPDFファイルを選択できます。そこで標的の画像化PDFファイルを選択したら、変換先を編集可能の形式に指定してください。保存先も指定したら「コンバート」ボタンを押して、PDFの変換が始まります。

PDF 変換 形式

2.すると、画像化PDFファイルにOCR機能を使用するかどうかの確認ウインドウが出てきます。そこで「OCR使用」をクリックしてください。すると「PDF変換」はOCR機能によって画像化PDFファイルを変換します。

OCR 機能確認

3.OCRを使用してPDFファイルを変換したらファイルの変換に掛かる時間は長くなる場合があります。変換中ソフトウインドウでのプログレスバーを利用して、変換プログレスと経過時間を確認できるから、それを利用して残り時間を推測することができます。待つ途中変換を一時停止して他のことを処理したいならばプログレスバーの右にある一時停止ボタンを押せばいいです。

OCR 変換中

4.そして変換完了後、表示されるのウインドウで「フォルダを開く」をクリックしたら変換されるファイルの保存先をアクセスできます。保存先の変更はソフトメイン画面の下側、「フォルダへ保存」欄で簡単にできます。保存先選択の矢印を押せば「同一フォルダ内」を選択して、変換前後のファイルは同じフォルダにすることが可能、見つけやすいだから便利ですよ。

PDF変換完了

Windows Version DownloadMac Version Download

「Acrobat」を利用してOCR機能でPDFファイルから一部の内容を更改する方法


次にはAdobeの製品、「Acrobat」という公式ソフトを利用して画像化PDFファイルから一部のみ文字を引き出して編集する方法を紹介します。

「Acrobat」を利用する前に、OCRをPDFに活かす為、元ファイルの解像度に要求があります。72dpi以下のスキャンファイルに適用できないという制限は予めご了承ください。また、セキュリティで制限の掛かったPDFファイルには直接編集できない恐れもあります。

1.処理したいPDFファイルを「Acrobat」で開きます。
2.右側のパネルから「PDF編集」を押したらソフトが自動的に文字や画像等の内容を処理します。
3.編集したい内容をクリックして、更改内容を入力します。
4.ファイルを編集可能な文書に新たな名前を付けて保存します。

PDF 編集

以上は「PDF変換」「Acrobat」のOCR機能を利用して、編集不能の画像化PDFファイルを編集可能にする手順の紹介でした。もし興味があれば、是非ダウンロードして試しましょう。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾