X
年始年末セール

スマートフォンの寿命って何年ですか?1年でイライラしてきた人もいますし、三年まで頑張って使い切る人もいます。機械自体壊れないと何年でも使えますが、実際、OSの進化や、アプリの進化で、2年ぐらいが平均寿命になってきます。2年ぐらいでOSが更新され、アプリのサイズもどんどん大きくなり、容量不足、動作不良などの問題が顕著になります。Androidの早変わりに飽きてきて、iPhoneに変更する人もいます。iPhoneに機種変更する時、アドレス帳はどうやって移行していますか?


iPhoneはSDカードが入れられません。そのために、SDカードでAndroidスマホのアドレス帳を移行するのは無理です。iPhoneの場合、iTunesやiCloudでアドレス帳だけ移行するのも面倒です。しかし、専用の転送ソフト「FonePaw スマホ データ移行」を使用すれば、パソコンを使ってアドレス帳のデータを一気に移行することができます。複数のOSに対応し、iPhoneにアドレス帳を完全移行します。


Windows Version Download

iPhoneを機種変更する時にアドレス帳を移行する手順


ステップ1、ソフトのインストール
「FonePaw スマホ データ移行」をパソコンにインストールします。ソフトを起動させ、移行前のiPhoneまたは別のスマホと移行先のiPhoneを同時パソコンと接続します。接続には、USBケーブルが必要になります。

「FonePaw スマホ データ移行」をインストール

ステップ2、アドレス帳を選択
iTunes・iCloudの移行方法だと、データは全て移行され、アドレス帳のみの移行が不可能になります。ここで、「FonePaw スマホ データ移行」でアドレス帳だけにチェックを入れ、アドレス帳だけ移行するように設定します。

アドレス帳を選択

ステップ3、アドレス帳を移行
移行先のiPhoneを右に表示させ、「コピーを開始」をクリックすれば、左の機種からiPhoneにアドレス帳を移行できます。

アドレス帳を移行

暫く待てば、アドレス帳はすべて移行されます。とても簡単なので、アドレス帳の移行に困っているなら、ぜひ無料の試用版で試してみてください。


アドレス帳だけではない
アドレス帳以外にも、写真や音楽などの様々なデータを機種変更の時にiPhoneに移行できます。設定を変えれば活用可能なので、オススメな一品です!


Windows Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   697   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾