X
年始年末セール

アンドロイドとiPhone、同じスマホですが、使い方が大違いです。アンドロイドが好きな人は、必ずiPhoneを好きになるのが限りませんし、iPhoneが慣れてる人も、自由度が高いアンドロイドがなれないかも知れません。また、使う習慣が違うため、初めてAndroidからiPhoneへ乗り換える人は、左も右も分からず、手が付けない時があります。


乗り換えと言えば、一番大事な作業はデータの移行です。AndroidからiPhoneへデータを移行するには、普通はデータを種類ごとに分けて、移行する必要があります。一括移行したい時は、アプリや、ソフトを使う必要があります。今回は、「FonePaw スマホ データ移行」という移行ソフトを使って、写真・連絡先などの必要なデータを全てAndroidから纏めてiPhoneへ移行する手順を紹介します。


Windows Version Download

AndroidからiPhoneへのデータ移行


ステップ1、ソフトを起動
「FonePaw スマホ データ移行」のソフトを起動したら、下記の図の画面が見えます。iPhoneとAndroidのスマホを同時にUSBケーブルを使ってPCと接続すれば、表示されます。

「FonePaw スマホ データ移行」をインストール

ステップ2、データの選択
真ん中にデータの種類が見えます。選択されたデータは最後に移行されます。左はコピー元のAndroidスマホで、右は移行先のiPhone。設定が完了すれば、下の「コピーを開始」をクリックすれば、自動的に移行されます!

移行したいデータを選択

ステップ3、活用:iPhoneからAndroidへデータを移行
真ん中の上の「切り替え」を押せば、左と右のAndroidとiPhoneは位置交換し、iPhoneからAndroidへデータを移行することができます。ぜひ試してみてください。

iPhoneからAndroidへデータを移行

FonePaw スマホ データ移行」を使えば、写真、連絡先、音楽、動画などのデータを全て簡単な手段で一気に移行することができます。操作の手間を省けられ、実用的なツールです。


Windows Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   570   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾