X
年始年末セール

iPhoneのバックアップと言えばiTunesとiCloudを思い出します。iTunesはiPhoneをパソコンの中にバックアップします、そして、iCloudはiPhoneのデータをAppleのネットサーバーにバックアップします。前者はPCが必要ですが、後者はPCが不要ということです。ただし、iTunesもiCloudも、iPhoneの全てのデータをバックアップすることになり、中身の一部を取り出すことはできません。そして、機種変更先がAppleのiOS端末じゃない場合は使えません。また、音楽もバックアップしないということになっていて、全てのデータをそのままバックアップする便利さを持っている反面、色々の制限が掛けられています。

そのため本記事ではiTunesとiTunes以外、機種変更する前に「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」でiPhoneのデータを一括バックアップするもしくは転送ソフト「FonePaw iOS転送」を使って一部の内容のみをパソコンにバックアップする方法も皆さんに紹介したいと思います。

1.機種変更前にiTunesでiPhoneのデータをバックアップ
2.「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」でiPhoneをバックアップする
3.「FonePaw iOS転送」でiPhoneのデータをパソコンにバックアップする

機種変更前にiTunesでiPhoneのデータをバックアップ


Apple公式バックアップソフトとしてユーザーに周知されているiTunesで、新iPhoneに乗り換える前にデータのバックアップを取ることができます。手順は下記になります。

ステップ1: iTunesを起動して、iPhoneとパソコンを繋がります。
ステップ2: iPhoneを認識したら、iTunesに小さなiPhoneアイコンが表示されます。それをクリックして、デバイス情報画面に「今すぐバックアップ」ボタンでiPhoneのデータを全てパソコンにバックアップします。

Mac バックアップ

iTunesでデータをバックアップすれば、バックアップファイルはCドライブに保存されます。空き領域が足りないならバックアップ失敗の可能性がありますのでご注意を。バックアップファイルの保存先を指定したい、或いは種類別で特定なデータをバックアップしたい方には次への方法でご覧下さい。

「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」でiPhoneをバックアップする


FonePawから開発されたFonePaw iOSデータバックアップ・復元とは、iOSデバイス向け、多様なデータ種類をバックアップできる専門ソフトです。パソコンでバックアップしたいデータ種類を選択して、指定された保存先へバックアップすることができるのでiOSデバイスのユーザーにお薦めします。

Windows Version DownloadMac Version Download

ステップ1: インストール完了後、ソフトを開ければメイン画面に入れます。「iPhoneデータ復元」、「iOSシステム修復」、「iOSデータバックアップ・復元」という三つの機能入り口が見えます。ここでは右下の「iOSデータバックアップ・復元」をクリックします。

メイン 画面

ステップ2: 機種変更前のバックアップするには、次の画面に「iOSデータバックアップ」と「iOSデータ復元」の中「iOSデータバックアップ」ボタンを選びます。 するとバックアップ機能の画面に入ります。

iOSデータバックアップ ページ

ステップ3: 旧いiPhoneをLightningケーブルでパソコンへ繋がって、ソフトからiPhoneを正確に認識されたら「スタート」ボタンを押します。表示された画面にバックアップしたいデータ類別を選択して、「次へ」を押すとソフトがそれらのデータを自動的にバックアップします。

データ種類 選択

Windows Version DownloadMac Version Download

「FonePaw iOS転送」でiPhoneのデータをパソコンにバックアップする


もし全体バックアップではなく、iPhoneの一部の写真のみバックアップしたいなどの時は、FonePaw iOS転送に任せてください。パソコンでデータを保存できだけでなく、iPhone中身のデータをプレビューしながら整理することもできますよ。こちらのダウンロードボタンで最新バーションのソフトをダウンロードしてください。
 Windows Version DownloadMac Version Download

 ステップ1:iPhoneをパソコンと接続

「FonePaw iOS転送」をPCにインストールして、iPhoneをUSBケーブルで接続します。そしたら、ソフトは自分でiPhoneを認識できます。

iPhone 接続

ステップ2:iPhoneをパソコンにバックアップ

メイン画面から、「フォルダへ」をクリックすれば、一気に対応しているデータを全てPCにバックアップできます。バックアップされたデータはそれぞれPCに保存されます。

データ 出力

ステップ3:特定のデータを見つけてバックアップ

左側のメニューをクリックすれば、iPhoneの中身を確認できます。写真なら「写真」、PDFなら「ブックス」、連絡先なら「連絡先」、音楽やビデオ、ボイスメモなどは「メディア」に収納されています。特に音楽のファイルは、iTunesやiCloudではバックアップされませんので、iTunesライブラリーにデータがない場合は、活用しましょう。

「エクスポート」をクリックすれば、PCまたはiTunesへバックアップできます。

プレイリスト 出力

ステップ4:機種変更後のiPhoneに入れる

バックアップされたものは、そのままAndroid機種にも移行できますし、一部だけ「FonePaw iOS転送」「追加」ボタンを使って機種変更後の新しいiPhoneへ移すこともできます。

プレビュー リスト

特にiTunes・iCloudでトラブルが起きて、一分のデータが消える・復元不可になっている場合は、iPhoneがまだ手元にあるなら「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」「FonePaw iOS転送」を使って、もう一度バックアップして機種変更後のiPhoneへ移すことをおすすめしますよ。
Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   753   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾