X
年始年末セール

メモ帳はiPhoneに初期搭載された記録用のアプリです。わざわざApp Storeからダウンロードする必要はありませんし、基本的な記録ができるはほか、ハイライト、画像などを挿入する機能をあり、自由に編集を加えることができますので人気を集めています。

さぞ皆さんもよくそんなに便利なiPhoneメモ帳を利用しているでしょう。会議、授業などの時、何か大事なことを忘れないように、手元にiPhoneがあれば、iPhoneを取って、メモ帳を開いてすぐ記録できて、本当に便利です。

使いやすいアプリであるこそ、知らず知らずのうちにメモ帳にとても大事なことを記録したかもしれません。

でも、もしiPhoneに不具合が起きて、記録したメモ帳を紛失したら、泣いても泣けないことです。なので大事なメモを失わないように、定期的にメモをバックアップするのが推奨です。ここで二つメモ帳をバックアップする方法を皆さんに紹介します。

一、「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」でiPhoneメモ帳をバックアップ
二、iCloudでiPhoneのメモをバックアップ

一、「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」でiPhoneメモ帳をバックアップ


FonePaw iOSデータバックアップ・復元は専用のソフトとして、メモだけでなく、画像、ビデオ、オーディオ、メール、メッセージ、連絡先などの復元も対応できます。対応できる全部のデータか一部のデータのみ復元するか、皆さんの要望次第に選択できます。

1、「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」をダウンロード・インストールします。

Windows Version DownloadMac Version Download

2、ソフトを起動して、ホーム画面の「iOSデータバックアップ・復元」のアイコンをクリックします。

iOS バックアップ 復元 ホームページ

3、「iOSデータバックアップ」をクリックします。

iOS データ バックアップ

4、iPhoneをパソコンに接続します。すると、「スタート」のアイコンをクリックします。

iOS バックアップ モード

5、メモだけバックアップする場合、「メモ」のみにチェックを入れてください。チェックされたデータがバックアップされます。選択が終わったら「次へ」アイコンをクリックします。

iOS バックアップ データ 選択

6、バックアップが始まります。メモのサイズによってはバックアップする時間は違っていますが、完成するまで少々お待ちください。最後には完成の画面が表示されます。

iOS バックアップ 完成

Windows Version DownloadMac Version Download

二、iCloudでiPhoneのメモをバックアップ


パソコンを持っていない場合、iCloudにメモをバックアップすることができます。iCloudはアップル社に提供された無料サービスです。iCloud アカウントがあれば、メモ帳のデータをiCloudアプリにバックアップできます。

1、iPhoneの設定アイコンで設定画面に入ります。

iOS バックアップ iCloud メニュー

2、設定画面(iOS 11以降はAppleIDの中)>「iCloud」の順で進み、「メモ」隣のスイッチをオンに設定します。そして、「バックアップ」をタップします。

iOS バックアップ iCloud 設定

3、「今すぐバックアップを作成」をタップします。すると、バックアップが始まります。バックアップが完了したら、前回のバックアップ時間が表示されます。

iOS バックアップ iCloud 操作

補足:

1.以上紹介したのは手動でメモをiCloudにバックアップする方法です。「バックアップ」選択しの隣にあるスイッチ「オフ」「オン」に設定せれば、デバイスがWi-Fi環境で自動にメモをiCloudにバックアップします。

2.また、iPhoneでメモに新しいデータを追加したり、元のデータを消したりすることもiCloudに同期されます。こうなると、前にバックアップしたメモは上書きされる恐れもありますでの、注意してください。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   9   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾