日々LINEを使ってやり取りしていますと、トーク履歴がどんどん積んで膨大の量になり、携帯の容量を費やします。履歴を削除するというのもありですが、削除してはいけない大事な資料や大事な人との履歴は残しておきたいですよね。本文では、LINEのトーク履歴をバックアップする方法をご紹介します。これでLINEのトーク履歴を削除せずに保管できます。

おすすめ記事はこちら:
iPhoneでLINEのトーク履歴を復元する方法
知らないとユーザ失格?LINEのトークとメールの転送の仕方【iPhone向け】
LINEの写真をダウンロード・保存する方法
LINEで受信した動画を保存・ダウンロードする手順

また、機種を変更する際、トーク履歴をバックアップしないと、新しい機種に移行できません。スマホのトラブルで、前準備もできないままデータを消去しなければいけない時も、バックアップがあったほうが安心です。

それでは、早速ご紹介します。

目次
一、専用ソフトでLINEのトーク履歴などをパソコンにバックアップする
二、LINEのトーク履歴をスマホだけでバックアップする方法
1.iPhoneでLINEのトーク履歴をバックアップする方法
2.Android でLINEのトーク履歴をバックアップする方法

一、専用ソフトでLINEのトーク履歴などをパソコンにバックアップする


FonePaw iOSデータバックアップ・復元」を利用すれば、iPhoneのLINEのデータをパソコンに簡単にバックアップすることが可能です。トーク履歴・添付ファイル・画像などの情報をまとめてバックアップすることができ、PCでいつでも閲覧できるようになります。iPhoneユーザで、情報保存のためのバックアップなら特におすすめです。PCを使いますので、USBケーブルも一緒に準備してください。

1.ソフトのダウンロード・インストール


まずは、「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」をダウンロードして、利用しているパソコンにインストールします。ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。

Windows Version DownloadMac Version Download

2.バックアップ機能を選択


ソフトを起動出来たあと、最初の画面に「iOSデータバックアップ・復元」を選択します。

メイン画面

続いても「iOSデータバックアップ」をクリックします。

データバックアップ

3.iPhoneをPCと接続


USBケーブルでiPhoneをPCと接続します。ソフトはiPhoneを自動的に検出します。暗号化バックアップの場合、バックアップにパスワードなしで復元できませんので、自分のセキュリティニーズを考えて選択してください。パスワード要らない時は標準バックアップにしましょう。最後は「スタート」をクリックします。

スタート

4.LINEの情報にチェックを入れる


iPhoneの中のデータ一覧が表示されますので、LINEのバックアップには「LINEと添付ファイル」を選択しましょう。トーク履歴、添付ファイルなどを選択できます。「App写真」「Appビデオ」「Appオーディオ」の中にもLINEのデータがある時がありますのでチェックを入れてもいいでしょう。

カテゴリ選択

5.バックアップ完了


「次へ」を押して、バックアップが開始されます。完了の際にはメッセージが出ます。

バックアップ完了

6.バックアップを閲覧


「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」を使って、いつでもバックアップしたLINEデータを確認・復元できます。ソフト内で「iOSデータ復元」機能でバックアップを選択して確認しましょう。PCに書き出すことも可能です。

LINE バックアップ 確認

Windows Version DownloadMac Version Download

二、LINEのトーク履歴をスマホだけでバックアップする方法


パソコンがなくても、スマホとクラウドサービスを利用してバックアップできます。この場合、バックアップされた情報は閲覧できませんが、機種移行の時、直接データをスマホに復元したい時にはおすすめです。

1.iPhoneでLINEのトーク履歴をバックアップする方法


LINEアプリのバックアップ機能を利用すには、iPhoneの場合、iCloudドライブにトーク履歴などが保存されます。よって、まずはiCloudドライブを設定する必要があります。

1-1.iCloudドライブの準備:
まず、「設定」ボタンをタップし、ユーザー名をタップします。

設定 個人情報

次に、「iCloud」をタップします。

設定 iCloud

最後に、「iCloud Drive」をタップし、オンにします。
※下記図では、iCloud Driveがオフになっています。

iCloudドライブ

1-2.iPhoneでLINEトーク履歴のバックアップ
まず、「設定(歯車マーク)」から「トーク」画面まで辿ります。

トーク設定

次に、「トークのバックアップ」>「今すぐバックアップ」の順でタップします。
※iCloudの無料データ容量は5GBで、データサイズが容量オーバーする場合、バックアップに失敗することもありますので、この画面にてiCloud Driveの使用容量が確認し、空き容量を計算します。空き容量が十分ある状態でバックアップを行うよう注意しましょう。

トークバックアップ

最後に、「バックアップ完了」メッセージが出たら、トーク履歴がアップロードされたことになります。

トークバックアップ

1-3.バックアップした履歴を新しいiPhone端末で復元する方法
まず、新しいiPhoneでiCloudの設定をオンにします。
※詳細方法について1-1.をご参照ください。
次に、LINEにログインします。
※確認画面や認証画面が出たら、キャンセルせずに確認や認証を行ってください。
最後に、「トーク履歴をバックアップから復元」を押して復元します。

トーク復元

2.Android でLINEのトーク履歴をバックアップする方法


Androidの場合、データのバックアップはGoogleドライブを利用しますので、Googleドライブを事前にオンにする必要があります。

2-1.Googleドライブの準備:
※メーカーやOSのバージョンにより、場所が異なる場合があります。
Googleアカウントが必要になりますので、まず、「設定」→「ユーザとアカウント」→「アカウントの追加」→「Google」を押します。Googleの単独メニューがある機種は、Google項目で直接追加するのもいいです。

アカウント追加

次に、メッセージに沿って、Googleアカウントを追加します。
※アカウントがない場合、Googleアカウントを新規申請が必要です。

Googleアカウント

2-2.AndroidでLINEトーク履歴のバックアップ
 まず、「設定」>「トーク」>「トーク履歴のバックアップ・復元」の順に従って押します。

Android トーク

次に、「Googleドライブにバックアップする」を押します。Googleドライブにトーク履歴をバックアップするには、Googleアカウントを登録する必要があります。

Googleドライブにバックアップ

次の画面でしばらく待ちます。

バックアップ中

最後に、ポップアップが消えて、「トーク履歴をバックアップ&復元」画面に日付と容量合計が表示されます。これでバックアップは完了です。

前回のバックアップ

2-3.バックアップした履歴を新しいAndroid端末で復元する方法
まず、「設定」>「アカウント」画面まで開き、メールアドレスを登録します。
※すでにアドレスの登録が完了している場合、再登録不要です。
次に、「設定」>「アカウント引継ぎ設定」にて「アカウントを引き継ぐ」をオンにします。
続いて、LINEにログインします。

※ログイン時、確認画面や認証画面が出ますが、キャンセルせずに続きます。
最後に、「設定」>「トーク」>「トーク履歴のバックアップ・復元」を押して復元します。
※復元中に、「復元中」のポップアップがあり、完了後に、「復元が完了しました」が出ます。

 以上で、LINEのトーク履歴や添付データをバックアップする方法でした。ぜひお役に立ててください。思い出いっぱいの大事な資料を大事に取っておきましょう。


評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾